≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -
 食事の記事一覧 

 舌が肥えると 

夏休みです。
母はすでに「早く学校始まってくれ」と思ってます。

今年は昼間の電力消費量削減のため、子供の夏期講習は朝7時半からのスタートです。
気温ピークの午後2時になると、照明・エアコンが「ぶちっ」と切られるそうです。
お勉強は午前中にしっかりね、ってことですね。

わたしも塾弁当と部活弁当作りで、いつもより早起きしないと間に合いませんが、
強制的に早寝早起きの習慣がつけられるはず、と有難く思うことにしました。


そんなわけで、自動的にメロンの朝ごはん時間も繰り上げとなりました。
よかったね、メロン。

暑さのせいで公園のクローバーも乾燥気味で、みずみずしさが足りません。
なにか美味しいものでも食べさせてあげたくなり、
高級野菜を差し上げてみました。

今日のごはん

昨年は見向きもしなかったパプリカですが、今年は美味しさに気付きました。
一番にかぶりつきます。

DSC_1569_edited_convert_20110725134107.jpg

そして、人(亀)生初のトレビス。
見たことのないあざやかな紫色の葉に吸い寄せられ、しばらく嗅いだ後、
一口かぷり。

2秒後には抱え込んでがっついていました。

DSC_1575_edited_convert_20110725134151.jpg

新しい食材を喜んで食べてもらえたときは、とても嬉しく思うのですが、
今回は「高級野菜」なだけに、
あまりに興奮して高速食いする姿を見るうち、だんだん心臓に負担がかかってきました。

メロン・・・これ、高いんだよね・・・・。

「こどもだろ ウニ・トロ言うな たまご食え」

たしか、こんなサラリーマン川柳があったような。

一度美味しいものを知ってしまうと、それまでごちそうだと思っていたものが
しょぼく感じられるのは、人もカメも同じなのですね。

ない


もういいや

↑ああああ こんな事態に。
なんでもよく食べる、ってのがあんたの唯一の取り柄なんだから。
これがなくなったら、ただ寝てるだけの「置物亀」になってしまいます。

トレビス、一玉買ってしまいましたのでしばらく続きます。
これで野草のハンストとか起こされたらたまらないわ、と思いつつ
いいや、なくなったら次はトマトくらいでお茶を濁そう、と企んでいます。


ところで夏休み前になると、どっさり持ち帰られるのが
「学校でこんなの書きました&作りました」という作品の数々。

決して学校で処分されることなく、もれなく持って帰ってきます。
絵画や手芸作品くらいならたいして場所もとらないのですが、
木材系やこのような粘土系は「これ・・・どうすんの??」と思ってしまいます。

↓図工で縄文土器を作ってきました。
DSC_1583_edited_convert_20110725134439.jpg

さあメロン、頭だけ入れられるシェルターですよ。
どうぞお使い下さい。

いらないそうです。


では、ママの作品はどうですか?

DSC_1548_edited_convert_20110725133845.jpg

ハーネス第2版です。

マジックテープを腹甲の下で留めていたのを改定し、
甲羅の上で留めるようにしました。
一番盛り上がっている第3椎甲板を避けてダブル留めにしてあります。

これで凸凹の上を歩いても、テープが引っかかって外れてしまうということが
なくなりました。

どうかなメロン?

え、こんなの着けずに裸で歩きたい??

だよねー

でもね、迷子になるから着けて下さい。
保護色だからね、探すの大変なのよ。


今週は暑さが厳しそうです。
濡れタオルを吊るして涼風を得ましょうね。

DSC_1539-1_convert_20110725134538.jpg




スポンサーサイト

 その野草、priceless 

拙ブログにリンクを貼らせていただいている「リクガメジャパン」のサイトが
「カメエサ採集地の放射線量」という情報を提供して下さっています。
(カメ友フォーラムの「談話室」)

5月22日には横浜(戸塚)での計測もして下さっていて、とても有難かったです。
(こんなところでなんですが、管理人さん、ありがとうございます)

戸塚の測定値に問題なく ほっとした半面、江戸川周辺の事情を読むと、
「土」に対しては意識を高めないといけないな、と考えさせられました。

わたしの住んでいる地域は、海を挟んで千葉県に面しており、
メロンの餌になる野草は、まさに海沿いの公園(デートスポットともいう)なのです。

このサイトで得られる情報、「カメが口にする野草の安全性」の観点から発信されて
いるところに感涙です。測定位置が一般的な空中ではなく、土に近い位置で亀飼い仕様です。

葉野菜から検出された放射性物質について、よくテレビで耳にしたフレーズは、
「野菜を洗わずに生でどっさり食べる人はいない」でした。
だから、健康に影響はない、洗えばある程度流せるのだし、たとえ残留していても
ごくわずかな量なのだから、と。

ところが、リクガメは「洗わない葉を」「自分の体と同体積ぶん」「毎日」
食べるわけです。(うちには庭がないので、買ってきた野菜や摘んできた野草を
かるく洗って与えていましたが)庭で放し飼いあるいは散歩途中で食べ歩きの場合は
洗ってあげることができません。

人間でいうと、風呂釜一杯の生野菜を毎日食べることと同じなのよね・・・・

そう思うと、神経質になり過ぎる必要はないけれども、無神経でもいられないわ、と
メロンに与える葉は、今までより念入りに水洗いするようにしました。


この日は、クローバーを中心に6ℓバケツに半分くらい採りました。
これをしつこく水洗い。

バケツ

茎を短めにカット、
色の悪い葉、汚れの付着した葉を取り除きます。

選別

さらに水洗いして、ザルにあけました。
中央にメロンを乗せます。

試食
↑うれしすぎるメロン



本来、自分で歩きまわって好きなものを好きなように食べる生き物なのに、
こんなに手を加えていいのだろうか、と心配にもなります。
植物に付着した土を食べてミネラルを補給するとも聞きますから、
つるつるに洗いまくった葉しか食させていないことも不安です。

何が正しいのか、よくわからないし自信もないけれど
いまは 水洗葉>土付き葉 という選択で、じゃぶじゃぶ洗って選別してます。

野草はタダだけど、飼い主の気合いが凝縮されてます。priceless。


さて、この下は大変お見苦しい物体が映っていますので、

「カメの運コ=草のカス」と認識なさっている方のみ、お進みください(笑)






運コ
↑あまりに芸術的なツイストに、思わずシャッターをきりました。
 しかも調子に乗って掲載しました^^;

 開花したエンダイブ 

先月恥をしのんで掲載した、我が家の妖怪化植物たち。

ひゅるりと越冬つばめ化したエンダイブはその後も成長を続け、
高さは75cmになりました。

エンダイブ②エンダイブ
左は2月21日掲載の写真、右は最近の写真です。

自立困難になったので、ガラス窓に寄りかかってなんとか
直立姿勢を維持しています。

カメ餌として購入したものでしたが、メロンはちっとも食べてくれず、
観賞用植物としてお世話してきました。

お世話の内訳は、水やり1割、アブラムシ退治9割でした。
昨夏ポーチュラカを襲撃した、しぶといアブラムシ。

その繁殖力のすさまじさを学習したので、今回は1匹でも見つけ次第
指先で取り除くという地味な作業を毎日続けてきました。

そうしたら、やっと

エンダイブの花

小さな花を咲かせてくれました。

さあメロン、エンダイブの花ですよ。
食べる?
どうぞ

たっ、食べています(ヒデキ感激)!!

いままでいくつか植物を育ててみましたが、まともに開花したり
実をつけたのを見た記憶がありません。

こんなわたしが、何だかよくわからないけど花を咲かせられて、
単純にとても嬉しかったのです。
しかもメロンが食べてくれました(ちなみにタンポポの花は食べません)。

まだいくつか蕾ができています。引き続き綺麗に咲いてくれるでしょう。
春になったら、ほかの植物も育ててみたいな、とつい調子に乗っております。



さて、ある朝のこと。
ケージの覆い布を外してみると、メロンがはさまっていました。

はさまる

驚いたのは、はさまっていた状態よりも、メロンの足の長さです。
ハイレグからすらりと伸びた足は、杉本彩と見紛うほどではありませんか。

この長さを瞬時に蛇腹状に収納するのかー、と妙に感心してしまいました。

長い脚

「・・ぼけっと見てないで助けてッ」と無言の抗議を受けましたので、
しめる君を移動してあげました。



そして
なんの脈絡もありませんが
わたしくしの、やや高級マフラーで居眠りするメロンです。

すやすや

このまま眠らせてあげたい VS いやいやここでしっこされたら大惨事

しばらく葛藤していました(-_-;)

 大丈夫?エンダイブ 

高級野菜に目覚めたメロンのために、エンダイブの鉢植えを買いました。
ところが、これはお味が口に合わないらしくちっとも食べてくれません。

エンダイブ①

仕方がないので、水やりを続けながらちんたら育ててきたのですが、
想像していたのと違い、♪ひゅ~るり~ と

          エンイブ②越冬つばめ化。

現在60cmです。大丈夫?エンダイブ??
そうか、「菊」と思えばこんなものかしら。
こうなったらとことん大きくして、花が咲くのを待ってみようと思います。

もうひとつ迷走中の植物が、カランコエです。
買ったとき「あたまの良くなる花」と書かれた札がついていました。

最初の花が終わってから、わさわさと葉ばかりで、蕾ができる気配もありません。
「あたまの良くなる花」が咲いてくれないと、少なからず精神的ダメージを受けます。

   カランコエ

そして、もはや原形がわからなくなっているウチワサボテン。

ウチワサボテン
妖怪盆踊り。

どうもわたしは、植物をまともに育てることができないようで、
ポーチュラカはアブラムシ大量発生でご臨終。
ハイビスカスは冬越しに失敗し、ご臨終。

園芸サイトを参考に、マニュアル通りにやっているつもりなのですが。
カメ餌を上手に栽培している方を心から尊敬します。


昨日のメロンです。
だらりとくつろいでいましたが、わたしに気付くと

のびるメロン

なにかを言いたそうに、じいーっ視線を投げかけてきました。

なにかいいたそうなメロン

見れば、水入れに捨てられた、小松菜の茎ときらいなダイコン葉。
(ただし高級ダイコンの葉は好物)

残飯の浮く水入れ

そうか、おやつがほしいのか。しょうがない子ね。レタス食べる?

ぐあ~

おいしいねえ。

ん

・・・きたないよ、顔。

きたない顔


 難しい、エサの量 

リクガメを買った際、「与える餌の量は甲羅と同じくらいの体積」
と聞いていました。

ところが、家族の中で誰よりも待遇の良いメロンは、
必要以上と思われる量のごはんを毎日もらっています。

甲羅一つ分どころか、倍ありそうな容器に、
エサ①
5種類くらいの葉をかなりみっちり入れて
餌場に出しておくと、
エサ②
おおむね、
レタス→高級野菜→クローバー→一般野菜→その他野草
の順番に、探し出しながら口に入れて行きます。
エサ③
手足頭で蹴散らしながらターンテーブル状態で回転しながらの食事です。
エサ④
あとに残るのは、
エサ⑤
お気に召さなかった葉と、
自分の腹甲と同面積の軌跡。
エサ⑥
朝これくらい食べた後、残飯をお昼に食べています。
それも食べ尽くすと追加でおやつです。

まだ子ガメなんだから・・・と思って
食べるだけ与えてしまっていますが、
適正な給餌量って?? いまだによくわかりません。

定期的に健康診断に通っていれば、
ダメなときはきっと教えていただけるはず!!
と気楽に考えることにして、
「好きなだけどうぞ~」と結局今日もメガ盛りでした。


ところで、

おいしいものを食べたいのは、もちろん人間も。


明治屋にあった英国のビスケット、箱が「うさぎとカメ」です。
イソップ童話のこのカメ、ヘルマンだという話を聞いたことが
ありますが、そういわれれば、甲羅模様はヘルマンっぽいような。
ビスケット①

ビスケットもちゃんとウサギとカメ形。
ビスケット②
バターの風味濃厚な、でも甘過ぎず、さくっと食感良く、
とてもおいしいビスケットでした。

わたしもビスケットの真ん中に入って、
回転しながら食べたいわぁと思いました。

 初! 牡蠣・パプリカ・チコリ 

昼夜逆転してしまっていたメロンですが、
夜間ケージを布で覆うようにしてから数日後に、
ようやく生活時間が改善されました。

相変わらずお昼寝大好きではありますが、
夜中は起きだすことなく眠っているようです。

ところで、最近くちばしの伸びが気になってきました。
とはいっても、適正な長さというものを理解しているわけでは
ありません。カメ本に出ている写真や、
他のカメ飼いさんのブログを拝見して比べて見ると、
なんとなく、長いかな??と素人目に見て思うのです。

牡蠣の殻をかじらせる手があると知り、
試してみることにしました。

初めて目にする牡蠣、鑑賞したり、登ったり、と
趣旨を完全に履き違えていましたが、

ある日、ようやくかじってくれました。

牡蠣殻をかじる

おおっ~ これで口元プチ整形か!?
と期待しましたが、かじったのはこの日この一口だけで、
その後は知らんぷりです。

次の初食材はパプリカ。

色鮮やかで、苦味のある高級食材です。
カメには人気と聞いていました。

さあメロン、パプリカですよ。

パプリカ

・・・なんで無視?

口元に持って行ってあげましたが、
さんざんクンクンした挙げ句、
ぷいっとそっぽを向きました。

自称セレブ亀のメロンがなんということでしょう。

危険なことに、
「高級食材を食べさせてみたい願望」に火がついてしまいました。

うう
それでは・・・これはどうです。

チコリ①

さすがはチコリ。
目の色が変わりました。

チコリ②

舌かみそうです。かんでます。
ついでに右手が裏返ってます。

チコリ③

高速食いの後、放心状態。

トレビス\598の近所のスーパーで見たチコリは、
よく見る黄緑色のほか、紫色!?のものもあり、
思わず飛びつきそうになりましたが、
¥398の値札に腰が引けました。

そこで、少々足を延ばして別のスーパーへ。
納得の\198円を見つけたのでした。
喜んでもらえてよかったです。

チコリは、普段まったく買うことがないので
よく知らない野菜でした。
こんなに美しい花が咲くことも。

チコリの花

メロンがやって来てから、いろんなドアが開きます。


 ラフランスの香り 

少し前まで、メロンは尿路結石を患っている、と
思い込んでいたので、クエン酸を含む果物を
食べさせるようにしていました。

それですっかりとりこになった「ラフランス」。

メロンは服も着てホテルに滞在もする、
セレブ亀ですが、さすがにメロンのためだけに
ラフランスは買えません。

人間用に購入した際についでにあげる程度です。
芯のまわりの果肉を薄くそぎ取って、
おすそわけするのです。

最近特に、食っちゃ寝生活が度を超してきたメロンです。
日中寝すぎて、夜間に起き出してケージをうろうろ歩いている
こともあり、わたしは「怠惰性国内時差ボケ」と診断しました。

そんなメロンも、ラフランスの香りに対しては、
目を見張るような機敏な反応を見せてくれます。

すやすや

はっ

もしやもしや

じゃまですわっ

ラフランスですね

餌皿は、後方に置いてありました。

香りに気付いて飛び出したメロンは
Uターンして餌皿に向かおうとして、
進路の邪魔になっていたシェルターを凶暴に押しのけ、
突進していきました。

おっとりと大人しいと思っていたので、驚きました。


黒木メイサ演じる森雪を観たときと同種の衝撃でした。







 厳戒態勢下の野草摘み 

APEC効果で、ウチの周辺は歴史的に治安が良い状態です。
会場からはすこし離れているにもかかわらず、
全国から動員された警官の姿が、どちらを向いても視界に入ります。
長女が学校に行くのに家を出て、
最初に挨拶を交わしたのが富山県警の方という、不思議な事態。

いつも野草を摘みに行く公園は、人気のデートスポット
なのですが、めっきり冷え込んできた気候のせいか、
警官が巡回するものものしい雰囲気がよろしくないのか、
カップルの姿が見あたりません。

夜の公園 
さみしい夜景


朝の公園も、お犬様>警官>ジョギングマダム くらいな割合で
これ以上ない、安全な環境で野草を摘ませていただいています。

むしろ、ビニール袋を手に公園のすみっこでしゃがみ込む自分が
不審者に見えるのではないかと、ドキドキしてしまいます。
も~~っと若ければ、シンナー容疑でつかまるか?
と心配になるような姿です。

それでも問題なく、しっかり収穫できました。

タンポポ、クローバー、カラスノエンドウ、オオバコ、ハコベ、ヤブガラシ
野草

猛暑の間は元気がなかったクローバーが、見違えるほどみずみずしく
きらきらと朝露に輝いているのを見ると、
すっかりカメ目線で「おいしいそう」とか思ってしまう自分がこわいです。

さあメロン、たくさん召し上がれ。

ごちそうさま





 残念顔 

メロンがやってきた当初は、朝・昼・午後と
エサを取り替えていたのですが

“水分が抜けた葉を好むコもいるので
朝あげたら、そのまま置いておいて
いいですよ” と獣医さんにうかがったので

それからは 一日分の食事を朝お皿に入れておき、
メロンが自分で3回に分けて食べるようになってきて
いました。

AM7:00 待機
ごはんを待つ

AM7:55 ごはんだごはんだ
ごはんごはん

PM3:24  ・・・・・
哀愁

いつもは 多少ひからびた葉でも 
むしゃむしゃ食べるのですが
この日は なぜだか ものすごく残念そうに
お皿を見つめるばかりで 口をつけません。

ついつい 気の毒になって
あたらしいレタスをあげました。

いいものあげる
がっつくメロン

「おいしいです おかあさん、ありがとう」
レタスはおいしい
またも幻聴が・・・・。

のどが渇いていたのかな。
また結石ができるといけないし
明日からは、みずみずしい葉っぱを追加しましょうね。




 おやつ 

メロンのおやつです。

ハイビスカス
ハイビスカス
花、とくに蜜せんの部分が大好きですが、葉はあまり食べません。

グレープフルーツ
グレープフルーツを加えて歩く
ものすごく好きです。ちょっとしかあげません。

ゴーヤ
ゴーヤ食べたい
丸ごと置いたら走ってきました。小さく切ってあげたら夢中で食べましたが、
二日で飽きました。

ポーチュラカ
ポーチュラカ
嫌いではありませんが、 気が向いたときにつまむ程度です。

しまじろうのレジャーシート
しまじろう
温浴のときにいつも使うシートです。毎度、赤い部分にかぶりつきますが
もちろん食べられません。覚えてほしいです。

イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910