≪ 2017 10                                                2017 12 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -
 健康・病院の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ユキオ、褒められる 

今年の2月にユキオをお迎えしてから10ヶ月。
はじめの5ヶ月は病院通いばかりでしたけれど、
夏がすぎるころからは、問題だった下痢をしなくなりました。

お腹が弱かったユキオは、排便回数も多くて、
食べている最中にもゆるい運コがでてきてしまうので、
一日に何度も餌皿を洗い、ケージ内の掃除も頻繁にしなければ
ならなかったのが、
いまでは、1~2日に一度、まとまった形のある運コを出せるようになって、
お世話が格段に楽ちんになりました。

年末年始の慌ただしい時期に突入する前に、
久しぶりに獣医さんに状態を診ていただこうと思い、
動物病院に連れて行きました。

はじめてユキオを触診したときには
「あああ、痩せているなあ」と心配し、
下痢がなかなか止まらずにいたころには
「もしかしたら、ずっと薬を飲みつづけないとならない子かもしれないね」
「でも、人間がちゃんと管理してあげることで、こういう体質の子でも
生きられますよ。」と励ましてくださり、
薬が効きだして運コが固まってくると、一緒に喜んでくれた先生です。

わたしの目には、体調も体格もずいぶん良くなったように映るユキオを、
先生に見せたい気持ちがありました。

具合が悪いわけではないので、もしも混んでいたら帰ろうと思っていましたが、
幸運なことに、待合室はめずらしいくらいにすいていました。

すぐに診察室に呼ばれて入り、ユキオを取り出している段階で、
「あれ、大きくなったなあ。ここから見ても大きくなったのがわかりますよ。」
と言ってくれました。
「体重は・・・・、おおっ、700g超えてますね。増えてますね~」

そしていつもするように、ユキオの顔を覗きこみ、手足を触り、甲羅を何ヵ所か押し、
足の付け根から指を入れて甲羅内部を触診し、ひっくり返して腹甲を診ました。

「きみ、いいねえ、すごくいいですよ。前足も太くなって、後ろ足も筋肉ついてます。
よく動く子なのかな。甲羅もいいですね^^ もう標準以上の大きさですよ。」
「いいうんちが続いてるんですね?よかったなあ。」


ユキオ~~~
あんた健康だって。
もうやせっぽちでもないし、心配ないって。
わたしも数か月前から、そうかな,とは思っていたよ。
でも、やっぱり獣医さんから「大丈夫」って言ってもらえて
本当にほっとしたんだよ。

20151204_102343.jpg
そりゃ、どうも。

おまけにね、
この季節に行ったものだから、いいものもらえちゃったのよ。

20151204_103119.jpg
病院のカレンダー

犬バージョンか猫バージョンか選択だったのですが、
迷わず猫をいただきました。
犬派だったんだけどな、いつのまにか猫好きになっちゃって。
受付の方が「すみません、カメのはないんですけど」って(笑)。
もちろん大丈夫ですとも。お気になさらずに。


突然ですが、
こんなところで、かめスリング使用マニュアルです。

内布はビニールコーティング素材なので、汚れてもお手入れしやすいのですが、
やっぱり、できれば、汚してほしくないなあという場合、
ペットシートをガムテープで貼ってしまっても大丈夫です。
(ただしテープを剥がして食べてしまう子にはNG)

20151204_102119.jpg
普通の布と違って、テープを剥がしても毛羽立ちがありません。

かめおむつを穿かせてからスリングに入れる場合でも、
摩擦でどうしても脱げやすくなっていますので、
こうしておくと保険になります。


20151204_102059.jpg
いま裸なのは飼い主に脱がされたからだよぅ


「ごくまれに」
スリングのファスナーを内側からこじ開けてしれっと乗り出すカメもいます。
ユキオはかつて、東急東横線車内でしやがりました。
わたしがぼけっと座っていたのが悪いんですが、
気付いた時、ユキオは普通に膝の上でくつろいでいました。

20151204_102601.jpg
再現イメージ

このありさまを踏まえて、
大型種用のキャリーバックにはロックをつけていますが、
(あんなのが顔を出したら大惨事になる)
スリングは、飼い主様それぞれで対策をお願いいたします~(無責任)

ちなみに、わたくしはこんな感じ
IMG_20151204_124803.jpg








スポンサーサイト

 じわじわ行こうね 

6月末に、定例の受診に行きました。
いったん減らした下痢止めの量を再びもとの量に戻したので、
うんちはだいぶ固まってきましたが、一日に1~2度は少量の下痢をします。

先生はユキオを手に取ると
「こうして見ているだけだと、どこも問題ない元気なカメなんだけどなあ」
といいながら、
「一応、注射で補助しておきましょう」
と、点滴的な注射を入れてくれました。

2月にお迎えしてから、1週→2週→3週→1週と、通院間隔が伸び縮みして
きましたが、次回からまた2週に伸ばすことになりました。
病院通いの生活から卒業する日は近いかもと期待して逆戻りした経験を踏まえ、
もういちいち喜んだり落ち込んだりしまいと決めました。

じわじわ行こうね、ユッキー
1435830941762.jpg

わかったよぅ
IMG_20150630_164938.jpg




さて、夏休み前は娘×2の保護者会とか個人面談とか懇親会とか、
学校関係の行事が多いので、必然的に子供の現況を客観的に分析せざるを
得ない場面が出てきます。

ちなみに娘たち(JK=けっこうなお年頃)はスマホもゲーム機も持ってませんが、
名探偵コナンと妖怪ウオッチを録画して毎週欠かさず観ています。
とりわけ「ジバニャン」と「つちのこパンダ」がご贔屓キャラです。
ジバニャンは小学生の間では爆発的人気を誇り、昨年の紅白歌合戦にも出演した
国民的スターですから、これを好んで鑑賞することは何も恥じることはないんですけど、
なんとなく、このありさまを表沙汰にすることなくあらゆる学校行事を乗り切っています。

わたくしとて、「うたがめ」ファンですから、
いい歳をして妖怪ウオッチとは何事か、などと娘の趣味を否定することはできません。
というか、
むしろ協力的だと思います。

全面的にバックアップした結果がこちら

IMG_20150707_160131.jpg
お手製ですの


IMG_20150707_160216.jpg
キッズ用ユニクロTシャツ(150cm)を買い与えておりますの


おーほっほっほっほ


今週末は鎌倉芸術館で出店です。
妖怪ウオッチ柄の出品はございませんが^^;
今回はプラハの生地(現地買い付け)のバッグを出します。
(メロンついてます。)
お時間がありましたら遊びにいらして下さいね!














 もういちど、はじめから。 

1週間あけの通院日です。

夜7時まで診てくれる病院なので、
日中の都合がつかないときでもなんとか連れて行くことが
できています。

「さあて、今週はどうだったですか?」

「薬を(減らす前の)もとの量に戻していただいてから、
わりとまとまったうんちが2度でました。
でも、ゆるい便も出ますし、尿に下痢便が混ざるなど、
良くなる前の状態に戻ってしまっている部分もあります。
食欲、元気は大丈夫だと思います。」

「わかりました。じゃあお腹を診ましょうか。」
snap_melontortoise_201562193217.jpg

診察中は先生の言葉を聞き逃さないようにわたしも必死で、
写真を撮る余裕がないため、久しぶりに再現画で記録。
相変わらず上手すぎて絶賛の嵐になりそうな←黙れ

こうやって後ろからユキオを抱き上げて、
足の付け根から甲羅の中に指を潜り込ませて触診します。

ユキオはジタバタしますけど、
触られるのがまんざらでもなさそうに見えるのが可笑しいです。

「ああ、やっぱり前回より薬が効いてる感じがします。
体重も増えたもんね。(前回560g→580g)」

「そうなんです。いま、電車に揺られて排泄したばかりなので
減りましたけど、今朝は600gありました。いままでで最大値です。」

「薬が切れてくれるとよかったんだけどなあ。
うん、では今日も注射しておきましょう。
薬は同量でまた1週間ぶん出します。」

snap_melontortoise_201562195126.jpg


いつも先生はこんな風に、カメにとても優しく接してくれます。
知能や感情の程度もわからない爬虫類を相手に、
ぼそぼそと囁くように話しかけています。

注射をうけるときのユキオは、四肢をふんばって、頭を上げて、
とても立派な姿です。
甲羅に引っ込んでしまったり、しゅーしゅー威嚇することもありません。
もう5か月も病院通いを続けていますが、
続けられるのは、ユキオが診察でストレスを感じているように
見受けられないからです(もちろん皆無とは思っていませんが)。
もしも、ユキオが獣医さんに対してもっと恐怖心や警戒心を表していたら、
わたしは別の選択をしたことでしょう。

「先生、もしも、ユキオがこのまま下痢止めと整腸剤を何年も飲みつづける
ことになったとして、問題が起きるでしょうか。」

「この薬は大丈夫ですよ。
人間でも、ずっと薬を手放せない人もいますからね。」

そしてユキオにぱんつを穿かせるときに手を貸して下さいました^^;


お腹の飲み薬だけなら、仮にこのままずっと服薬が続いたとしても、
経済的な負担もさほどではありません。
ユキオがよく食べて元気に動いてくれたら、いきいきした表情で
いてくれるなら、それならそれでいいかもしれないと思えてきました。

メロンとはあまりに対照的な体質のユキオ。
メロンと過ごした4年半の経験がほとんど役に立たないけれど(笑)、
またはじめから、リクガメと向き合えることを有難いなと思っています。

ねえメロン、あんたの弟分は手がかかるけど、
彼なりに頑張って生きてるからね。







 3歩進んで2歩下がる 

整腸剤と下痢止めの薬を当初の半分くらいの量に減らし、
栄養剤の注射をやめ、
1週間ごとに通っていた診察も3週間に間隔をあけ、

病院通いからの卒業に向けて順調に進んできたユキオでしたが、
薬の量を減らしてからは、また便の状態が緩くなっていました。

ようやく味噌程度の固さにまとまってきたうんちが、
ふたたびケチャップくらいの緩さにもどっています。
体重も、着実に増やしてましたがここにきて横ばいです。

獣医さんに報告すると、
「季節変動の影響を受ける環境ではないですよね?
最近、昼間は暑いけど夜間は冷え込むので、体調を崩す子が
でてきているんです。」

「昼間、暖かいときに外で日光浴させることがありますが、
ケージ内は、昼夜とも以前と変わらない温度設定で管理しています。」

「そうなると、本人の問題ですねえ。
今日は一応注射で補助しておきましょう。薬も少し増やしましょう。
また1週間後に来られますか?」

そういうわけで、
久しぶりに注射されたユキオですが、
「はーい、注射するからね~
おーよしよし、よく頑張った!」と
とても優しくしていただけるので^^;
メンタルダメージもない様子で大変ありがたいです。


おなか、治そうね。
IMG_20150617_114615.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・おしらせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月11日(土)12:30~17:30
7月12日(日)10:00~16:00

手作り・雑貨クラフトフェアin鎌倉芸術館
にメロングッズ(バックやポーチなど)出品いたします。

今回はかめおむつ・かめハーネス・かめスリングは販売いたしませんが、
ご相談承りますので、お声掛けなさってくださいね。





 間隔をあけよう 


シャッターを切る直前に移動されてしまい、ユキオ半顔。

2週間ぶりに病院に行ったら、体重も順調に増えていることだし、
通院の間隔を3週間に延ばしてみましょうということになりました。

よかったねユキオ、次回は3週間後でいいんだって。

足の付け根からお腹を触診した感じでも、以前よりも身が詰まって
いい感じだし元気も良いです、と。
あとは
「手足にもう少し筋肉がつくといいですね」

わたしが
「筋肉をつけるには運動でしょうか。ベランダに出してもあまり
歩かないんです。公園に連れて行けばとてもよく動くんですけど。」
とぼやいたところ、

先生は「柵に囲まれた場所じゃあ、動いてもしょうがないなあ、とでも
思ってるんでしょうねえ(笑)」。

せ、先生・・・・・・なかなかの妄想力っす。
まさか同じレベルで会話していただけるとは。


そういうわけだから、さあユキオ、たくさん動いて下さい。

週末には人気のエリアも
20150525_153656.jpg
平日の昼間はがら~ん

ヨーロッパ風な背景がお洒落です。
20150525_153716.jpg

芝生ゾーンも独り占め。
20150525_155552.jpg
20150525_155906.jpg
20150525_155033.jpgタワーと記念撮影


高い位置のクローバーをロックオン
IMG_20150601_183642.jpg

うがあ
IMG_20150601_183538.jpg

この芝ゾーンは途中から坂になっているのですが、
降りられないことに納得がいかないユキオは、

?
IMG_20150601_183413.jpg
??
20150525_161154.jpg
???
20150525_160521.jpg
????
20150525_160730.jpg
何度もしつこく確認して諦めていました。

ここから飛び降りるほどおバカではないことがわかって
安心しました。


降りることには慎重なユキオも、登るとなると果敢に挑みます。
IMG_20150525_154639.jpgえいやっ
IMG_20150525_154627.jpgお見事


でも調子に乗って無茶を繰りかえすと
IMG_20150525_154734.jpg
すっぽ抜けることもありますので、ハーネス使用中はカメから目を離さないで
下さいね。(注意喚起)

ついでといってはなんですが、
かめスリングの使用方法についてワンポイントアドバイスです。

胴回りが概ね45㎝までのカメが入るスリングなので、
まだカメのサイズが小さくて広さに余裕がある場合は、
このような長方形の底板を入れると安定感が良くなります。
クッションやタオルを敷いていたこともありましたが、現在わたしは
この板を愛用しております。

ちなみに、体重500~600gのユキオに使っているのは
13×24㎝の板(プランターの受け皿)です。
カメに対して板が大きすぎないことが肝心です。
IMG_20150601_183310.jpg
20150525_161800.jpg
縦方向の長さは、調整リングで合わせられますので、
スリングの中で板がぶらぶらすることはありません。

ユッキー、散歩は楽しかったかな。
ときどき連れて来てあげるからしっかり運動して筋肉つけてね。
IMG_20150601_183227.jpg

さあ、おうちに帰りましょう。


 薬を減らそう 

ものすごく気温が上がった昨日、いつもの公園にユキオを連れ出してみたのですが、
とんでもない人出だったので、カメが落ち着いて歩けそうなスペースを見つけられず、
ちょっと遠くの広場まで行ってきました。


向かいに見える赤レンガ倉庫は、メロンがときどき働いていた場所です。


この広場のクローバーはいつもの公園のものよりも大きく育っていて、
人間から見ても「こっちのほうが美味しそう」でした。
外では動いてばかりで草をたべないはずのユキオも思わず試食。
IMG_20150510_141002.jpg
気のせいか微笑み食い


4月後半から5月初旬は、天候にも恵まれたので、
ユキオは外で日光を浴び、よく歩きました。
そのおかげもあってか、
2週間ぶりの診察で先生から「ものすごく元気です。目もいいし力も強いです。
お腹の肉付きもしっかりしてきて、初めのころよりもずっといいです。
あとは、薬を切れればいいですね。」
そうして
「今回から薬の配合と量を調整していきます。袋に番号をふりますので、
順番に飲ませてみてください」

20150511_184554.jpg
順番を細かく指示されたお薬


便は相変わらず柔らかめですが、消化はされています。
ときどき泥水状の便を少量出すのも同じです。
それでも、体重が増え、肉付きがよくなり、元気なのであれば、
軟便とうまく付き合っていけばいいのかなと、気持ちに余裕がでてきます。
自分ひとりでユキオと向き合っていたら、不安で仕方なかったと思いますが、
診察で触診するたびに、ユキオの身体が丈夫になってきていることについて
獣医さんが一緒に喜んで下さることが本当にありがたいです。



GW中に、カメ友さんに連れて行っていただいたオシャレな雑貨屋さんで
アルダのフィギュアを買いました。

「とても人気で、入荷するとすぐに売り切れてしまうんですよ」と店員さん。

カメってそんなに人気だったんだあ。

とびっくりしましたが、
店内の3頭をすべて買い占めたわたしが驚くのは筋違いですね。

IMG_20150510_224638.jpg

ユキオのおむつとハーネスがちょうどぴったりの大きさです。
モデル亀としてデビューします。

 ユキオ、はじめて公園に出る 

4月というのに夏日を記録し、カメ飼い達の小躍りが目に浮かぶような
GWの立ち上がり、

わたくしも例に漏れず、小躍りどころか狂喜乱舞しながら
初めてユキオを公園に連れ出しました。



最近はあたらしい暮らしにも慣れた様子で、
床材に潜ってこっそり周囲を伺い見ることがなくなり
(あれはあれで可愛らしかったが)、
わたしがケージに手を伸ばしても甲羅に引っ込むことがなくなり、
それどころか、ご飯をもらえると理解して寄ってくるようにさえなってきたユキオ。

少しずつ信頼関係が築かれるにつれ、困ったことに、わたしはしばしば
ユキオを「メロン」と呼び間違えるようになってしまいました。
無意識に「メロン」と呼んでしまっているようで、
娘に指摘されるまで自分では気付かないことも。

おなじヒガシヘルマン、顔つきも似ていて、行動パターンまで似てくるとなれば
仕方ないと言えば仕方ないのですが、
ユキオはユキオ。別の人格、じゃない亀格の生き物ですから、
きちんと区別しなければ。


さあユッキー、好きなだけ遊んでください
20150427_132505.jpg


はじめて広い空間に置かれたユキオは、目の前の野草には目もくれず、
ひたすら南の方角に歩き出しました。


興奮して口も開いちゃう
IMG_20150427_132818.jpg


不思議なことに、広場のどの位置からスタートしても、
歩く方角は決まって南でした。
思えばメロンもそうだったっけ。
なんでかな??


好奇心いっぱいの、やるきに満ちた表情
20150427_133323.jpg

速い速い
20150427_133327.jpg
飛ぶように歩きました。


メロンも高速移動することはありましたけど、
基本的にはいちいち草を食べながら歩いたので、わたしは公園のど真ん中で
じーーーーっと立ち止まっている時間が長かったのですが、
ユキオはとにかくよく動きまわりました。
お蔭でわたしも「ものすごく腰が悪いおばあさん程度に」ゆっくりと
歩くことができました。


散歩感、はんぱない。


このくらい歩ければ、以前のように宗教の勧誘に取り囲まれることもないだろうし、
いつまでも動かない不審な人間、といぶかしがられることもないでしょう。


ただ唯一、ユキオが引っ掛かったポイントが木で、
20150427_133540.jpg


どうしても登りたかったらしいのですが、
20150427_133549.jpg
これ以上は無理でしたので、
諦めていました。


ちなみに、この直後、
ユキオは木の根元にあったアリの巣をうっかり破壊してしまい、
怒ったアリの団体に猛烈に抗議されていました。


よく似てきたメロンとユキオ。
でも散歩に連れ出してみると、ユキオはやはり男の子でした。
メスのメロンとはあきらかに動きが違っていました。


そして昨日は、2週間ぶりに病院へ。
20150429_111208.jpg
今日はだれもいないなあ。



身体ごと出たいわけではなく、顔を出したいだけらしいユキオは、
病院の待合室でこの恰好をしていることが多いです。



便の状態は前回から変わらず、
よいうんちと泥水を交互に出していますので、
また2週間ぶんのお薬が処方されました。

先生は
「ずいぶん身体がしっかりしてきましたね」

そしてやっぱり
「今日も注射は要らないですよ。ぱんつ穿いちゃってください。」
とおっしゃいました。


家では、洗濯されたユキオの小さなぱんつがひらひらと干されています。


今年の夏は、並んで一緒にたくさん歩こうね、ユッキー。



 詰まってきたかも 

2月3日にお迎えしてから、毎日の飲み薬のほか、
週に1度の注射を続けてきたユキオ。

栄養剤とか整腸剤とか抗炎症剤とかブレンドされていたものらしいですが、
前回の診察から「注射の間隔を開けてみましょう」ということになっていました。

この間、ユキオは晴れた日にはベランダで食事し、
20150406_140523.jpg

日光を浴びながらうろうろしました。
20150406_140418.jpg


囲われているのが不満そうでしたが、
IMG_20150406_141211.jpg
挟まるユキオ

わたしは30分にセットしたタイマーを握りしめながら
ユキオにつき添いました。


ケージ床材の牧草を交換するときなどは
娘たちの膝の上で待ちました。

20150411_142627_1.jpg
メロンが好きだったピンクのクッション

20150411_142826_1.jpg
あったかいでしょ


寒暖差が激しかった先週、外に出せないことも多かったのですが、
食欲は十分で、
20150411_115405_1.jpg
食べながらおしっこ中

レンガを枕に 手足を四方八方に放り出してリラックスする姿を
見せてくれました。
20150413_112015.jpg



さて、2週間ぶりの病院です。
新しいおむつを穿いて行きましょうね。
20150414_084803.jpg
20150414_084820.jpg


待合室で恒例となったユキオの顔出し
20150414_093932.jpg
20150414_094141.jpg
20150414_093746.jpg

本日一緒だったのは、ミニチュアダックスブンド。
黒くてまん丸な瞳で飼い主さんを見上げていました。
かわいいなあ、哺乳類。




呼ばれて診察室に入りました。


「調子はどうですか? うんちはどんなかな?」

口頭で答えるよりも見てもらった方が早いので、いつも通りに写真を提示。

「お? これはだいぶいいんじゃないですか?!」と手ごたえを感じた様子の先生。


「これは5日前のうんちなんですが、このあと、10円玉くらいの面積の泥水みたいな
黒い汁をときどき出すんです。」

「うーん、総排泄孔近くの便がおしっこと混ざって出るのかなあ。」

そういいながらユキオのおむつを外すと、少量のうんちとおしっこが
出ていました。
うんちは粘土状で、
おしっこは透明な水分としてパッドに浸みていました。

「うんちとおしっこはちゃんと分かれてでてるんだよなあ。」

体重を量りましょうか、と計量機のスイッチを入れると、
これまで0.44~0.46程度の数字しか出たことがなかった液晶に
「0.50 (kg)」と表示されました。

「おっ、増えましたね! お腹はどうかな」とユキオを持ち上げ、
足の付け根から内臓を触診し、目と鼻も観察します。

「だいぶしっかりしてきたんじゃないですか、目もいいですね」
ユキオを降ろそうとしたそのとき、

お腹をぐりぐりされて
もよおしたユキオはうんちを出し始めました。

わたしがとっさに診察台の上にペーパーを広げると、
よほど溜めこんでいたのか、どどどーんとお出しになりました。


※以下、うんこ画像ありますのでご注意ください


先生に持ち上げられながら、空中うんこのユキオは、
最後の最後に「ちゃんとした形のうんこ」を出しました。

IMG_20150414_093350 - コピー

「おおおおおっ~~ キミはいいうんちを作れるようになってるじゃないか!
いままでは汁だったけど!」

テンション上がる先生。

この雰囲気にわたしも思わず
「あのっ、記念に撮ってもいいでしょうか?」

こうして先ほどの うんこ画像を撮影したわけですが、
じつはこのとき、先生がユキオをうんこ付近に寄せて下さったので、
全体像はこんなでした。

※うんこ画像ありますのでご注意ください(再)



IMG_20150414_093350.jpg
ユキオ、うんこと記念撮影

「飲み薬は2週間ぶん出しますが、今日は注射はしません。
もうぱんつ穿いてもいいですよ。」


ぱんつ穿いてもいいですよ


亀診察なのに出てくる言葉がヘンすぎるけど、
慣れるって恐ろしいです。もはや普通の会話です。


中身がスカスカと言われていたユキオだけど、
少しずつ詰まってきているみたいです。
今年の秋までには、通院を卒業できるかな。
できるといいな。


受付でお会計していると、猫を抱いた年配のご婦人が
スリングを指さし「何が入っているの?」と話しかけてくれました。

「あら、あらら~、かめちゃん! 子猫かとおもったら!
おーほっほっほ、まあごめんなさいね、笑っちゃって。」

うんちを褒められ、注射も免除されて
明るい気持ちになっていたわたしも一緒に笑いました。


あせらず、ゆっくり、逞しく育ってねユッキー。
(身内にはユッキーと呼ばれているユキオです^^;)

20150411_142725_1.jpg
自宅のスケールで初500g台


******おまけ******


4月24日(金)午後2時~7時
横浜赤レンガ倉庫1号館2F ブースN0.114
MELON MELON 出店いたします

一部ご紹介です
20150414_200128.jpg
20150414_201503.jpg
20150414_201206.jpg
20150414_200735.jpg
リバティプリントの美しい花模様にメロンを配置。
帆布の本体にマグネットボタン付きの外ポケットが2つ、
内ポケットが2つ、
ファスナー開閉、
肩紐を接続できるDカン付き






 頑張っていたらしい 

週1の通院日。
鼻炎はすっかり大丈夫になりました。
そして
前日排泄したうんちの画像を見てもらいました。

「この便とその前の便との間隔は何日くらいでしたか?」

「このうんちは4日ぶりだったと記憶しています」

「ああああああ、そ、そうですかあ。
4日溜めてもこれかあ・・・・・・・」
めずらしく崩れ落ちる先生。

便の状態を口頭で説明するのは難しいし、百聞は一見にしかずなので、
わたしは受診の都度、便の画像をみてもらっていたのですが、
このうんちは、田楽味噌っぽい感じ。
水分量が多くて、べたっとした状態でした。

「薬の効果は出ているんです。
腸内細菌が整ってきて発酵臭がなくなり、便を溜められるように
なってきました。それでも、4日溜めてもこの固さということは、
腸が水分を吸収する力がもともと弱いんでしょうね。」


ユキオを手に取り触診すると、
「内臓はかなり充実してきてますし、以前より筋肉もついてきています。
前足のこの厚みを触って、感覚をよく覚えていて下さいね。
試しに、今回は薬を2週間ぶん出してみます。
もし、途中でやつれてきたり、痩せてきたらすぐに連れて来てください。
これから暖かくなりますから、日光浴して、自然の力を借りて改善できれば
いいですね。そうしたら薬の量も徐々に減らしていきましょう。」

そしていつものように
「はい、ちょっとチクッとするからね~」と話しかけながら
ユキオに注射してくれました。

「この子もよく頑張ってますよ。」


え、そうなんだ。
ユキオ頑張ってたのか~~


確かに少なくとも、通院には慣れたようです。
診察台の上でも堂々とふるまっています。
かつてメロンは、通院した翌日にはなんとなくしょんぼりして、
いかにもメンタルやられました、という感じになったりもしましたが、
ユキオにはそんな様子は見られません。
岡山の飼い主さんから「物怖じしない子」と聞いていたのが、このところやっと
「そうかもしれない」と思えるようになりました。


バリバリと音をたてて豪快に食べるユキオは


ついでに尿酸を出しています。
20150331_083734.jpg
同時に2つのことをなせるのは優秀なビジネスマン素質あり。

便がもっとゆるかったころには、尿酸と一緒に軟便が混入していましたが、
最近は、尿・尿酸・便、それぞれ独立して排泄されています。


今日病院の待合室にいたのは、ヨークシャテリアちゃん。
20150401_173237.jpg
キミはどこが悪いの?

ユキオに気づかないお犬様。
20150401_173343.jpg
いいんだけどね。


日光浴の許可がでたから、気温を見ながらお外に出ましょうね。
先生に「この子を日光浴させるうえで注意することはありますか?」
とたずねたら、

「気温が十分にある日にしてください。人間が半袖で気持ちよく過ごせるくらい。
でも暑くなりすぎないように。」

「外に出すときは、日陰ゾーンを作りましょう、と飼育書に書いてあったりしますが・・・?」

「30分くらいなら、日に当てていて大丈夫ですよ。人間がそばについていて下さいね。」


ユキオと迎える初めての夏、メロンとよく遊びに行った公園に連れて行ってあげよう。


そこって桃太郎いる?
20150331_084914_1.jpg
いないのよー

 ユキオ、鼻炎になる 

昼間から床材に潜り、甲羅から顔だけのぞかせて
ガラス越しにこちらの様子をうかがうスタイルが定着した
高等遊民ユキオ。

世間のカメさまが3月のぽかぽか陽気を利用して
各地で日光浴を満喫しているというのに、
「ここで瞑想するのがすきなんだもん」といわんばかりに
ひきこもる亀。

うんちも緩いことだし無理は禁物と、わたしもこのメリハリのない
生活を容認していたのです。

なのに、なぜでしょう。

ユキオは鼻炎になりました。


3月14日に通院して、また1週間後に受診する予定でいたのですが、
18日になって「ケージの中からかすかに口笛のような音がする」。

家の中がシーンと静まり返ったときにだけ、ほんのわずかに漏れ聞こえる
ひゅーっ、ひゅーっ、みたいな高い空気音。

あわてて床材からユキオを掘り出し、耳を寄せて確認すると、
やっぱりユキオが発信源でした。
鼻水は出てない、目つきもいい、でもふつう亀はこんな息の音を立てません。


まずい明日は休診日だ・・・。
ユキオをむんずと引っ掴み、スリングに突っ込み、
病院にダッシュしました。


先生はちょっとだけ怪訝そうに
「どうしましたか?」
そりゃそうだ。つい先日きたばかりなんだもの。


「かすかに、笛みたいな息の音がするんです。」


ところが、病院では外野の物音を消すことができないので、
聞き取ることができません。
先生はルーペでユキオの鼻を診ると、
「ああ、左の鼻の穴の奥が少し腫れてますね。鼻炎の症状ですね。
お薬を討っておきましょう」
この段階で連れてくるケースは珍しい、よく気がづきましたね、と
言っていただけたのはよかったんですけど、

徹底した温度管理のケージで暮らしてて、なぜ鼻炎????


「床材が粉っぽいと鼻炎になることがありますけど、どうですか?」
「たしかに、最近ヤシガラから牧草に替えましたが、むしろヤシガラの方が
粉っぽかったので・・・・。牧草のせいとも思えないのですが。」


結局、原因はわからないままでしたが、
鼻炎治療薬の注射を受けて帰りました。


ところが帰り道、はたと思い出したことが。
床材を交換するとき、10分くらいでしたけど、
ケージから出してリビングで待たせていました。室温22度くらいだったかしら。
他には思い当たることが何一つ浮かばず、
結果、「ちょっと外に置いただけで風邪をひくユキオ」のイメージがついてしまい、
その後しばらく続いた温暖な晴天日でも、「だめだめ、ユキオに日光浴はまだ早い」
と箱入り息子は箱の中だけで暮らしておりました。


それから約1週間。
ひゅーひゅー音は聞こえなくなりました。
本気で寝るときを除いて、床材に隠れることがなくなってきました。
無駄に珍珍を出すこともなくなってきました。


牧草の上でくつろぐユキオ
20150325_140220.jpg
ウサギになった気分だよ


ガラスに寄ってまわりを観察
20150323_155539.jpg
潜らずに見てるよ


ケージの窓を開けて手を伸ばすと、まだちょこっと引っ込みます^^;
20150325_140422.jpg
こわくないってわかってるんだけど


本日(25日)受診してきました。

「鼻の穴は通ってますよ」
20150325_140332.jpg

「まだ右目がちょっとだけ、しょぼしょぼしてるかな」
20150325_140249.jpg


うんちは、まだ固まりません。
こしあん状態から泥水状態までバラバラですが、
指でつまめるような「いいうんち」はまだ見られません。

先生は、ユキオの足の付け根から甲羅のなかに指を潜らせ、
「こうやってお腹を触ると、はじめて診たときに比べると中身が充実して
きています。以前はスカスカで内臓に触れなかったんです。
体重に反映されるのにはまだ時間がかかるかな」
と印象を話してくれました。


通院も8度目となると、ユキオもわたしも手慣れたものです。
ちゃっちゃと準備して出かけられます。
スリングで大暴れされることも少なくなってきました。

病院の待合室で首を伸ばすユキオ
IMG_20150325_105413.jpg
向かいの犬が気になるよ

方向転換してまわりをチェック
IMG_20150325_105136.jpg
あ、あの子呼ばれて行った


また1週間、お腹のお薬頑張りましょう。


ところで
消化器官に負担をかけないために、
就寝前の食事は摂らせないようにしてるのですが、


昨夜はどうしてもお腹がすいたらしいユキオ(←昼寝しすぎてあまり食べてなかった)
が、いまだかつてないほどの大暴れで空腹を訴えていました。

ねえねえ、おなかすいたよお
IMG_20150324_203219.jpg
夜食は消化にわるいのよ


ここにご飯がないんだよお
IMG_20150324_210514.jpg
あきらめて寝てください


そっち行って催促するもん
IMG_20150324_205522.jpg
無駄に動くからお腹がすくんです


くれるまで動かないもん
IMG_20150324_205016.jpg
そんなとこに突っ立ってるんじゃありません






ユキオの勝ち
IMG_20150324_212758.jpg


だめな飼い主










イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。