≪ 2010 04                                                2010 05 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -
 環境の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 うっとり 

あいかわらず、ベランダに出すと寝てばかりで
ちっとも活動しないメロンですが、

「ですが、」というより、「なので、」

体重だけは順調に増え、先月はまだ300g台(397g)だったのが、
昨日測定したら450gを超えていました。

身体が大きくなると「通れない・入れない」など
カメ的に不都合なことも多くなるのですが、
一方では、「届く・超えられる」ようにもなるわけで、
これまで安全と思っていた場所が危険地帯になったりします。

これは半年前、体重200gのときの写真です。
シェルターによじ登ってケージの引き戸に顔をつけています。
深夜のメロン②

これがいまでは踏み台なしで、「世界の車窓から」状態。



うちのケージはレプロ2009年モデルで、
スライドガラス下部に「前面ベンチレーション」という、
メッシュ素材を使用した通気部分があるのですが

メロンはこのメッシュ(金網)に爪をかけてぐいっと立ち上がり、
窓枠から上体を出せるようになってしまいました。

これ
いつか脱出するよ・・・ね??

ガラス戸にロックしなければならない日がくるのでしょうね。

ねんね→はいはい→つかまり立ち→二足歩行
と子供が成長するにつれ、家の中にごちゃごちゃとベビーゲート設置するやら、
ビデオデッキにロックするやら、面倒なことになった展開を思い出しました。

面倒だけど、
ちょっと嬉しい悩みです(と自らに言い聞かせる)。


このように、外で遊ぶよりケージ内で電気にあたっていたいメロン、
つい愚痴愚痴とこれまでブログに書いてきたところ、

chiharuさんから「人工光が好きなメロンちゃんのために」と
カミハタのネオビームという商品の情報をいただきました。


バスキングしながら効率的にUV照射できるうえ、
定格電力24wでケージ内の温度が上昇し過ぎることがなさそうな点が
魅力でした。「13600円」の価格に若干びびりながらも、
思い切ってぽちっと購入してみました。

kamihata.jpg

使用してみたところ、
メロンはうっとり気持ち良さそうに温まっています。

そして、さすが高級ランプ、照らし出されるリクガメの姿の美しいこと。
飼い主もうっとりです。

もともとカメ好きだったわけでもなく、
成り行きでおっかなびっくり飼い始めたのです。
丈夫そうなカメならなんでもよかったわたしは、
甲羅の形や模様などには興味がありませんでした。

そんな自分がいまや、この鈍くさいカメさんの美しさに圧倒されています。
ヘルマンでもくらくらするのだから、インドホシとか間近で見たら過呼吸に
なりそうです。

阿呆なので理屈はよくわからないのですが、
ランプを替えたら、ケージのあちこちにメロンの分身がくっきりと
浮かび上がるようになりました。

bunnsinn2.jpg
bunnsinn.jpg

この商品の素晴らしさ、とどめは
パッケージにありました。

アップにしてみると、

bisyou.jpg

薄く笑ってます。

パッケージ用にきっと何枚も撮ったのでしょうが、
採用されたのは、この表情。

このセンスに、販売元カミハタそして製造元ウシオライティングの未来を感じます。


これで、気温が低い日も、台風の日も、秋口からも、
外に出せない日はこのランプの下で好きなだけ温まってもらいます。


でもちゃんと、日光浴も好きになってよね、メロン。



スポンサーサイト

 別邸は1690円 

メロンをベランダに出すようになって十日以上経ちましたが、
相変わらず花台の陰にうずくまってちっとも動かず、
元気よく歩き回る姿を見ることができません。

それでも公園に連れて行けば嬉しそうに動くので、
やはり足元は土か芝にしてあげた方がいいらしいと考え、
ベランダ用別邸を作ることにしました。

コンセプトは「可動・可処分・低価格」。

ウチに変なサイズの段ボール箱がありました。
半年前に物干し竿を通販で購入したとき梱包されていた箱でしたが、
なんとなく捨てずにおいてあったのです。

ダンボール箱

26cm×155cm、ひょろりと細長い箱です。
この底一面にガムテープを貼り付けました。

底にガムテープ

これは「ココナツファイバーシート」。50×50cmのものを2枚買いました。
軽量で屋上緑化の下地材に適しているうえ、燃えるごみとして廃棄が可能な天然素材です。

ココナッツファイバーシート

それぞれ半分に切ります。

ファイバーシートを半分に切る

これを箱底に敷きました。

ファイバーシートを敷く

転落防止柵として、伸縮性トレリスを2つ購入。
高さは30cm、幅は180cmまで伸びます。

トレリス

うーん、伸ばすと隙間が大きいです。メロンがくぐり抜けてしまいそうです。

トレリスを開く

ええい、半分に切ってしまえ。
糸ノコを使うのは、中学校の技術の授業以来です。
(※変な靴下の色は忘れて下さい)

のこぎりで切る

ここから先はベランダで作業します。
レジャーシートの上に箱を乗せ、トレリスと芝をセットします。
芝は25cm×36cmが10枚セットで498円。2枚重ねて敷きました。
横幅はどんぴしゃですが縦の長さが余ってしまいます。
でもカッターで簡単にサイズ調整ができました。

レジャーシートを引っ張ると箱ごとズルズル移動します。
今日はとりあえず邪魔にならない一番はじっこに。

芝とトレリスをセットする

日陰大好き、インドア派のメロンなので、気持ちが落ち着くように
シェルターを置き、あまったココナツファイバーシートで庇をつけました。
水入れとエサ入れも用意します。

さあメロン、ベランダ別邸ですよ。
ちょっと貧乏臭いけど、気にせず楽しく遊んでください。

シェルター・水入れを置く
↑さっそく引きこもるメロン


ああああああ・・・・・・

せっかく芝を入れたのに、まだお気に召さないのかと
わたしは ものすごくブルーになりました。





ところが 約1時間後。



はじめの一歩

はじめの一歩を踏み出してくれました。
(5分後には再び引きこもりましたが)

そうだね、あせらずゆっくり慣れてもらえばいいね。


要するに段ボール箱に芝を詰めただけの手抜き邸、
芝は生存してくれるのでしょうか。
そして雨・風・酷暑に耐えられるのでしょうか??


まっいいか、総額1690円の格安物件。
崩壊せずに何日もつのか、他人事のように見守ろうと思います。





 箱入り娘の公園デビュー 

飼育を始めてからいままで、体調維持のため、基本的に一定温度の
ケージ内でずっと過ごしてきたメロンですが、

甲羅の強度に問題が生じてしまっていることが判明したので、
今後は積極的に太陽光に当てて飼育しなければなりません。

ウチのベランダは、たいして広くもないのですが、
一部を仕切ってメロンために開放することにしました。

ベランダはまっ平らではなく、排水溝側にゆるく傾斜しており、
100円ショップなどでよく見かけるネットや板では下側が浮き上がってしまう
と予想され、仕切りには他の方法を考えなければなりませんでした。

レンガを並べようかと思ったのですが、ベランダは災害時の避難経路にも
なるため、あまり重量のあるものは置けない気がしたし、
10年ごとの大規模修繕工事ではベランダをまっさらに戻さなければならず、
処分しにくい素材、移動しにくい素材は使えないなあ と諦めました。

そこで、とりあえず100円ショップで直方体のタッパーを大量購入、
水を入れてレンガの代わりに並べてみました。

おお・・・なんとなくいい感じです。

メロンは乗り越えることも、下から潜り出ることもできません。



さあ、メロン、お外で遊んでね。





DSC_1404_convert_20110605115342.jpg

DSC_1405_edited_convert_20110605115427.jpg

↑3枚とも違う日にちに撮影しています

おわかりでしょうか、
いつ出しても、いつも同じ場所に居座り、動きません。

ここは常に日陰です。

ついついメロンを日向に置き直しますが、
数分後にはまた戻ってしまいます。

一番ひどいときで、4時間ものあいだ1cmも動きませんでした。

メロンのために提供したスペースは 200cm×120cm=24000c㎡、
なのに使用しているのは 20cm×15cm=300c㎡。 有効活用率1.25% 。

なんという無駄遣い・・・・来期は事業仕分されちゃいますよ。


100歩譲って無駄は仕方なしとしても、
なぜこんなに動かないんでしょう。
充分温度があるときに限って出しているので寒いとは思えないのですが。
大好きな餌を出しても、食べずに戻ってしまいます。


・・・なんだか、ちっとも嬉しくなさそうです。


ケージ内ではよくバスキングしているので、暑さが苦手には思えません。
まるで、日光浴は嫌いだけど日焼けサロンは大好きな一昔前のギャルのようです。

DSC_1410_edited_convert_20110605115629.jpg



去年工事したばかりのベランダ、人間にはわからない、
何か人工的な臭いでもしているのでしょうか。


試しに公園に連れて行き、土の上を歩かせてみることにしました。

↓ありあわせの材料で急ごしらえの迷子防止ハーネス&リード
DSC_1408_edited_convert_20110605115550.jpg

おしゃれなキャリーバックの用意もなく、生ゴミ状態で運ばれるメロン。
DSC_1412_edited_convert_20110605115715.jpg

さあメロン、公園ですよ。
好きなように歩いてごらん。
DSC_1415_edited_convert_20110605115755.jpg

すると、超小型犬のようにトコトコ歩き出すメロン。

たっ、楽しそうではありませんか。


しばらくするとダンサー集団があらわれ、元気にソーラン節の練習を始めました。
DSC_1426_edited_convert_20110605120000.jpg

木の枝にリードを引っかけ、わたしもちょっと休憩しながら踊りを鑑賞。
DSC_1421_edited_convert_20110605115915.jpg

DSC_1419_edited_convert_20110605115829.jpg

ダンスには興味なさそうなメロンでしたが、
クローバーをつまみ食いしながらとても嬉しそうに過ごしてくれました。


やっぱり、床材かなあ。


ベランダ環境はもう少し工夫しないといけないようです^^;


 亀ケージ 

いまさらながら、
リクガメ飼育にあたってそろえたものをまとめてみました。

当時甲長6cmの子ガメ(現在10cm)をお迎えしたので
60cmケージですが、もっと大きくなったらサイズアップする
必要がありそうです。

ケージ

①水槽:トリオ「ビバリア レプロ645」参考価格¥9999
②保温球:ZOOMED「インフラレッドヒートランプ75w」〃¥1280
③ソケット:トリオ「太陽」〃¥2680
④蛍光灯本体:GEX「クリアライト632」〃¥5280
 紫外線灯UVB:ZOOMED「レプティサン5.0 20w」〃¥2980
 紫外線灯UVA:GEX「レプティグロー2.0 20w」〃¥1330
⑤パネルヒーター:緑商会「ピタリ適温プラス2号」〃¥2980 
⑥床材:ZOOMED「レプティバーク 4.4ℓ」〃¥1080

①~⑥は、爬虫類飼育セット(¥24000)に含まれていたものです


Ⓐサーモスタット:GEX「爬虫類サーモ」〃¥5100
Ⓑソケット:トリオ「太陽」〃¥2680
Ⓒ保温球:GEX「サングローバスキングスポット75w」〃¥1190

Ⓐ~Ⓒは、追加で購入したものです。

<その他>
・温湿度計 ¥700←セットには温度計が入っていましたが湿度計つきの
          ものに買い直しました。
・水入れ、餌皿←セットに入っていたものは小さかったので買い直しました。 
・加湿器←写真には載せていませんが、ミニ加湿器をケージ内に置いています。

初心者向けの飼育セットに、サーモスタットなどいくつか
買い足してきました。ネット通販で見ると、単品でもお安く買える
ところがあったみたいなので、結局、飼育セットがお得だったのかは
よくわかりません^^;

ただ、リクガメに詳しい店員さんがいるペットショップでそろえると、
使用方法や飼育方法などをアドバイスしていただけるので、
付加価値高し、と思っています。

それから、心配性のわたしは、保温球は25~100wまで各種ストックして
います。最近は床材に赤玉土(←お安い!)を混ぜて出費を抑えています。

水槽のかわりに、プラケースや手作り木製ケージを使っている方も
いらっしゃいますね。

拙ブログを見て下さった方からご質問をいただきました。
飼育開始直後にまとめておけばよかったのに放置していました。
ちょうどいい機会となり、整理することができました。
ありがとうございます。

これはきっと超初心者バージョンです。
他の飼い主さんの設備とも比較しながら、参考にしていただけたら
嬉しいです。

お迎えしたカメさんが穏やかに暮らせるような、
おうちができるといいですね!

 

 赤玉土 

娘の通う小学校では毎月2回、保護者による「朝の読み聞かせ」があります。
昨日はわたしが当番だったので、宮沢賢治の絵本、
「注文の多い料理店」を読んできました。

帰宅してみると、メロンの口元に何やら見慣れぬゴミが付着しています。

「・・・何これ?」


吸水材です。

ケージの一番下に敷いていたペットシートが破れて、中の吸水性ポリマーが
露出していました。

これまでも、爪でシートをひっかけて破ってしまうことはありましたが、
口にすることはなかったので油断していました。

「もしかして、食べちゃったの!?」

真っ青になったわたしは、すぐさまペットシートを引っ張り出し廃棄、
床材をガラスケージにじかに敷くことにしました。

もともとは、もみの木チップをじか敷きしていたのですが、
メロンの成長とともにおしっこの量が増え、いまでは、
一回に大さじ1杯くらいの量をじょじょーっと放出するので、

バークチップの隙間をぬっておしっこがガラス底面に到達してしまいます。
びちゃっと濡れるのを防ぐため、ペットシートを敷くようにしたのです。

立体ドライメッシュシートで瞬間吸収、しかも天然国産ヒノキ(消臭成分)入り、
さすがはお犬様グッズです。優秀な働きぶりで重宝していました。

しかし、メロンが誤飲していいものではありません。

吸水スピードが速く、安全で経済的に負担が少ないもの。
とりあえず家にあった赤玉土をバークチップに混ぜて使ってみることにしました。

赤玉土

見慣れぬ赤玉土に異様に関心を示すメロン。うろうろして
臭いをかぎまくり、咥え、ちょっとかじってみていました。

以前、小石を飲んでいたメロンです。土も丸飲みとか、やめてよね。

ひととおりチェックが済んだら興味を無くしたようで、
まもなく落ち着きました。しばらくこれで過ごしてもらいます。

床材も、飼い主によって様々なようです。どれが使い勝手がいいのか、
メロンのストレスにならない程度にいろいろ試してみようと思います。

そんな飼い主の胸中をよそに、緊張感のかけらもないメロンの
「何かに似てる」シリーズ。

宙に浮くメロン宙に浮くメロンは
ビル壁清掃ビル外壁清掃員。


面会中金網寄りのメロンは
面会室わけありの人。


おべんとうひらひらの弁当顔は
アルフィー高見沢THE ALFEE高見沢氏
・・・なんとなく。(-_-;)









 しめる君 

ケージの湿度を上げるため、加湿器を買いに行きました。

でも向かったのはヨドバシカメラの美容コーナー。

スチーム式美顔器を導入し、
メロンの健康とイチコの美肌を同時に手に入れようという、
素晴らしい計画です。

ところが・・・思ったより・・・高い。

旧式モデルなら安く買えるはずと、もくろんでいましたが、
そんなに甘くはありませんでした。

それに。

そもそも、カメに『プラチナナノ粒子』とか
必要ないです。

正気を取り戻し、加湿器売場へ。

そして買ったのがこれです。
しめる君 KOIZUMIのパーソナル加湿器 ¥4980
サイズは幅10cm×奥行12cm×高さ18cm、
電気代は月額およそ80円(一日8時間稼働)。

同じくらいのサイズで、もう少し安いものもあったのですが、
電気代が3~10倍くらいかかるようで、
ランニングコストを勘案すると、これが落としどころでした。

デザインもかわいくて、カメに見えなくもありません。
メロンのルームメイトとなるお方なので、
「しめる君」と呼ぶことにしました。

メロンが運コ付いた手でうっかり触ってしまうことも考えられるので、
しめる君にはカバーを着用していただきます。

しめる君カバー   うしろ姿

それではケージに入っていただきましょう。
さあメロン、「しめる君」ですよ。

うわっ  おどろくメロン

ケージの手前側に置いたのがいけなかったらしいので、
どいてください

反対側に移動していただきました。
しめる君移動  地味に働く「しめる君」

小型ながら、ちゃんと加湿調節ダイヤルがついているので、
加湿量を加減することができます。

いまのところ、一番低い出力で運転していますが、
ケージ内の湿度は、10~15%上昇します。

運転音はほんの少し、「ん″~~」くらいで
ほとんど気になりません。

 しめる君  GOOD JOB !!

メロンも、この見慣れぬ物体を静かに受け入れた様子で、
戦いを挑んだり、ちょっかい出したりはしません。

 メロン   よ~し よ~し

これで結石の形成が治まってくれるとよいのですが。
期待して見守ります。 














 清掃日 

今日は定例のケージ清掃日。
ガラスみがきは次女の仕事です。

きれいになったら ペットシートを敷いてから
レプティバークを敷き詰めます。
潜ったときに甲羅がのぞく程度の厚さにしています。
ケージ①

ホットスポットにレンガを置き、
水入れ・エサ入れ受けのトレーを
セットします。
ケージ②

メロンは「食べながらおしっこ」
の確率が高いので、

こうしておくと トレーだけ取り出して掃除すればよく、
床材が濡れずにすむのです。

水入れは 以前はもっと小さいものを置いていましたが
マンション内が乾燥気味でなので

湿度を上げるために 大きいものに変えました。
たまに メロンはここにすっぽり入って
勝手に水浴びしています。
  
リビング窓際にある「つみきの家」
つみきの家
ホットスポットで温まるメロン

サーモスタットの設定温度以上の気温がある日に限り
少しここで遊ばせています。

来客などで リビングを片づけたいときは
積み木くずし で なかったことにしてしまいます。

わたしもそうでしたが ハ虫類が苦手な人も
いますので・・・



イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875
2016年11月 163  874   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。