≪ 2011 04                                                2011 06 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 2011年05月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 プロ意識 

世の中がGW行楽自粛ムードの中、
申し訳ないことながら、わたしは次女と二人で伊豆に出かけました。

行き先は「伊豆アンディランド」。
亀のテーマパーク、一度行ってみたかったところです。

来春の受験まで、もうお盆もお正月もありませんので、
この連休が今年度最後の息抜きです。
なので、思い切って楽しんでくることにしました。

地震の影響で鉄道は通常の7割程度の運転、急行の本数も少ないので、
熱海からちんたら伊豆急各駅停車の旅です。

海岸線ぎりぎりを走る電車、海辺の景色は間違いなく美しいのに、
頭の中では三陸海岸に押し寄せた津波の映像がフラッシュバック。

「ああ、だからこんなに乗客が少ないのね」と納得せざるをえませんでした。

アンディランドまで乗ったタクシーの運転手さんも、
「今年のGWはどうしようもなくヒマ」と困惑した様子。

現地に到着すると、「え・・??今日は平日だっけ??」と勘違いしそうな
ほど閑散としていて、一瞬うら寂しい気持ちになりました。

が、

入園してみたら、まあ素敵!

水陸合わせて約100種類、1000頭もの亀カメかめ。

空いていたのが幸いし、思う存分カメを眺め、触れることができました。
娘と一緒に4時間も居座って、カメレースも2度見て、
本当にのんびり楽しい時間を過ごすことができました。

さて、

いくらカメのテーマパークだからといって、日光の猿じゃあるまいし、
ここのカメは訓練されているとも思えないのですが、
もしやと疑いたくなるほどの役者ぶりだったのでした。

これはカメレースの様子ですが、
観客の心をわしづかみのカメ隊、もう「笑点」かと思いました。

円楽(仮名)の名司会で
かめレース

レースがスタート
スタート

上位3選手は、歌丸(仮名)・楽太郎(仮名)・好楽(仮名)
上位3選手

芸歴の長さで抜群の安定感の歌丸(仮名)
優勝候補

ぶっちぎりで優勝
ゴール

ボケ担当の小遊座(仮名)・こん平(仮名)・木九蔵(仮名)はまだこんなところに
まだこんなところに

迷走する木九蔵(仮名)
なにしてますか

山田君(仮名)が登場、座布団選手を撤収
撤収

みんな、お疲れ様~
お疲れ様でした


レース出場のカメ達は自分の役割をきっちり判っているかのようです。
全員まじめに走っても味気ないし、全員ボケでも試合になりません。
絶妙のさじ加減。これぞプロ。



そしてこちらは体重170kg、堂々たるガラパゴスゾウガメ。
カメラを手に近づくと、

ガラパゴス

ちゃんとポーズを決めてくれました。こちらもプロ。

卍寝姿もかわいいでしょうが、やはりぐいっと頭をあげて
力強さを見せてほしいですから、充分期待にこたえてくれました。

はいポーズ
宇宙人ゾウガメのお顔、かっぱ寿司の宇宙人に似てます。

後ろ髪引かれる思いで伊豆をあとにし、横浜の自宅へ。
メロンただいま。たとえ食っちゃ寝でも、わたしたちにはやっぱりアナタが一番よ。

そんな飼い主の熱い思いが通じたか、
伊豆のカメに負けじと、メロンも頑張ってくれました。

屋根より高い鯉と亀。
こいのぼり1

人魚姫気分のメロン、走ります。
2こいのぼり

ウチのなごみ担当大臣、行事ごとに見事な働きぶりです。
衣装合わせも難なくこなせるようになってきました。

こちらもプロ。


スポンサーサイト

 B級写真集 

メロンの写真を整理していたら、
なんじゃこりゃ的写真がごちゃごちゃありました。

なかには、デジカメからPCに取り込んでさえいない
ボケボケ写真も。

それでも、なんとなく廃棄しがたいものをセレクトして
「B級写真集」にしてみました。

食べて寝るだけの女子なので、これといって
目を見張るような動きのある写真はありません。

かるーく流してご覧くださいませ^^;

2010年5月~

ハイビスカスは美味いハイビスカスはうまい

テキストを踏むテキストを踏む

はさまるはさまる

ひっかかるひっかかる

暑さにだれる暑さにだれる

水浴水浴

かめon文房具かめon文房具

2010年9月~

ななめろん④ななめろん①

組体操①組体操①

ななめろん⑤ななめろん②

組体操組体操②

カメinぽっけかめinポッケ

シャネラーが行くシャネラーが行く

2011年1月~

しまらない正月しまらない正月

掃除の邪魔をする掃除の邪魔をする

綿Tシャツは気持ちいい綿Tシャツは気持ちいい

家政婦は見た家政婦は見た

2011年3月~

脱ぎっぱなしの姫脱ぎっぱなしの姫

ななめろん③ななめろん③

ななめろん②ななめろん④

からまるからまる

ななめろん①ななめろん⑤

鯉に食われるカメ鯉に食われる


最初の写真と最後の写真では、体重が6倍になっているのですが、
顔つきはあまり変わらないように見えます。
これから大人顔になるのかな。

しかしこうしてみると、やはりお犬様と違って市民権を得ていない、
地味なペットなのね、と思います。

でもそんなB級ぶりも含めて、魅力的なリクガメです♪






















 春闘 

朝、メロンのケージをのぞくと、
トレー上に薄焼レンガを敷き詰めた場所で、
運コとともにお出迎え、というのがいつものお約束です。

朝の運コ

一見枯山水風の(どこがだ)この空間も
レンガをどけると、そこには隠れしっこの池。

朝のしっこ

ここは食堂兼トイレ状態になってしまっていて、
なんだか独房みたいでいやなのですが、
赤ん坊だったメロンは、やたら食べながらしっこを出していたので、
葉っぱがしっこ漬物にならないようにあれこれ試した結果、
このスタイルに落ち着いてしまったのです。

ところで今日は、メロンは朝の運コをしていませんでした。
するとあろうことか、朝ごはんの途中で退席です。

もういいの?

そしてホットスポットで体を温め始めました。

あたたまる

もしかしてメロン、運コしたいんでしょ。


さっき入ったばかりなのに今日2度めのお風呂です。


さあ、メロン、こころおきなく出してください。

やっとでた

おおおお
いい運コ出ましたね。

出したから食う

出ないと食わない、出ます食います、出る。食う。出るとき食う、出れば食う、出せ食え。
・・・・・これ何活用かしら?

スッキリしたらしく、すぐに餌場に戻って食事を続けたメロンです。





これは数日前のこと、

いつものように、野菜+野草のごちゃごちゃを食べていました。
好物の葉を器用に探し出して、原則好きなもの順に食べていきます。

時間の経過とともに好物はなくなり、「ま、いいか」レベルの葉が残るのが
常ですが、それでもほぼ完食するメロンなのに、

この日は

クローバーが
ないっ

好きなクローバーがなくなってしまったことに納得できずに、
ケージ内をうろうろ行進、

おかわりください

ガラスに顔面を押し付け、どアップでおかわりを要求しています。

これこれ

勢いに押されて、おめおめとクローバーを差し出してしまいました。
満額回答を勝ち取ったメロンです。


春闘か。











 気になる物、ならない物。 

5年ほど前、娘二人がお年玉を出し合って買ったものがあります。
それは、小型お犬様用の室内ハウス。

きのこ形の布製品で、赤い屋根と白い壁がかわいらしく、
犬など飼ってもいないのにどうしても欲しくなってしまったようです。

しばらくは、いかにも女子らしくぬいぐるみ遊びなどして、
きのこハウスはドールハウスとしての役割をきっちり果たしてくれていましたが、

子供が大きくなってからは、部屋のすみっこでいつ戦力外通告を言い渡されるかと
びくびく待っているような、そんな影の薄い存在になってしまっていました。

「捨てなくて良かった」と心から思ったのは、メロンがやってきてからです。
後ろに穴があいているので、そこからパネルヒーターのコードを出して
使うことができ、寒い時期も一時待機場所として見事な現役復帰です。

布製なので、つぶすと小さくなり、例えばビジネスホテルとか、ビジネスホテルとか、ビジネ・・・
(⇒2010.12.1ビジネスホテルの亀)にも簡単に持ち込むことができました。

この日は、ケージでちょっとした作業をするあいだ、
メロンには、このハウスで待っててもらうことにしました。

↓入室風景。アニメちっく。



このところ、メロンが加湿器のしめる君にアタックして横転させる事態が続きました。
いままでメロンに寄り添って快適な湿度を提供し続けてくれたしめる君ですが、
やはり倒れては危ないので、泣く泣く室外退去をお願いしました。


それから、シッコ池。
前回の記事でご紹介(されたくもないでしょう)したのですが、

餌場のレンガをどけると現れるシッコ池、メロンの排水量も増えたし、
餌の下にシッコが溜まっていては、なんとなく気持ちが悪いだろうと
親切心から底に新聞紙を敷いてあげました。


さあメロン、もうお部屋に戻っていいですよ。

ルームメイトがいなくなって、なんだかガランとしてるかな?
餌場もちょこっと変わったのわかる?


↓悲しく外から呼びかけるしめる君。
しめる君




しめる君不在には無関心ながら、餌場の異変に気付いたおりこうなメロン?
は、前足をぶんぶん動かし自力でレンガをはがし、
せっかく敷いた新聞紙を掘り始めてしまいました。

新聞

そしてこのあと齧ってみることも、もちろん忘れませんでした。


しめる君の退去はまったく問題なく完了しましたが
シッコ池の攻防はまだ続きそうです。


 その野草、priceless 

拙ブログにリンクを貼らせていただいている「リクガメジャパン」のサイトが
「カメエサ採集地の放射線量」という情報を提供して下さっています。
(カメ友フォーラムの「談話室」)

5月22日には横浜(戸塚)での計測もして下さっていて、とても有難かったです。
(こんなところでなんですが、管理人さん、ありがとうございます)

戸塚の測定値に問題なく ほっとした半面、江戸川周辺の事情を読むと、
「土」に対しては意識を高めないといけないな、と考えさせられました。

わたしの住んでいる地域は、海を挟んで千葉県に面しており、
メロンの餌になる野草は、まさに海沿いの公園(デートスポットともいう)なのです。

このサイトで得られる情報、「カメが口にする野草の安全性」の観点から発信されて
いるところに感涙です。測定位置が一般的な空中ではなく、土に近い位置で亀飼い仕様です。

葉野菜から検出された放射性物質について、よくテレビで耳にしたフレーズは、
「野菜を洗わずに生でどっさり食べる人はいない」でした。
だから、健康に影響はない、洗えばある程度流せるのだし、たとえ残留していても
ごくわずかな量なのだから、と。

ところが、リクガメは「洗わない葉を」「自分の体と同体積ぶん」「毎日」
食べるわけです。(うちには庭がないので、買ってきた野菜や摘んできた野草を
かるく洗って与えていましたが)庭で放し飼いあるいは散歩途中で食べ歩きの場合は
洗ってあげることができません。

人間でいうと、風呂釜一杯の生野菜を毎日食べることと同じなのよね・・・・

そう思うと、神経質になり過ぎる必要はないけれども、無神経でもいられないわ、と
メロンに与える葉は、今までより念入りに水洗いするようにしました。


この日は、クローバーを中心に6ℓバケツに半分くらい採りました。
これをしつこく水洗い。

バケツ

茎を短めにカット、
色の悪い葉、汚れの付着した葉を取り除きます。

選別

さらに水洗いして、ザルにあけました。
中央にメロンを乗せます。

試食
↑うれしすぎるメロン



本来、自分で歩きまわって好きなものを好きなように食べる生き物なのに、
こんなに手を加えていいのだろうか、と心配にもなります。
植物に付着した土を食べてミネラルを補給するとも聞きますから、
つるつるに洗いまくった葉しか食させていないことも不安です。

何が正しいのか、よくわからないし自信もないけれど
いまは 水洗葉>土付き葉 という選択で、じゃぶじゃぶ洗って選別してます。

野草はタダだけど、飼い主の気合いが凝縮されてます。priceless。


さて、この下は大変お見苦しい物体が映っていますので、

「カメの運コ=草のカス」と認識なさっている方のみ、お進みください(笑)






運コ
↑あまりに芸術的なツイストに、思わずシャッターをきりました。
 しかも調子に乗って掲載しました^^;

 定期健診でわかった甲羅の薄さ 

メロンを半年に一度の健康診断に連れて行きました。
田園調布動物病院で診ていただいています。

前回まで余裕で入っていた運搬用プラケースですが、
なんだかキツキツになりました。

P1010554_convert_20110530202508.jpg


健診7つ道具は、
水に流せるおしりふき・ビニール袋・新聞紙・タオル・温度計・カイロ・保冷材。
このほか検便用の運コとご機嫌取り用のおやつも持参します。

プラケースごと保温バックに入れて電車に乗り込みました。

で、なぜいきんでますか?

今朝、りっぱな運コしたばかりですよね?

なんですか、その大きな黒い塊は。
隠し武器ですね。こんなところで出しますか。


狭いケースの中です。
メロンがあと1cm後退したら、腹甲で運コをプレスしてしまいます。

わたしは、周囲を見回しました。
電車は比較的すいています。誰も見ていません。


カメをむんずと掴み出し、膝に乗せタオルで隠し、
汚れたペットシートをたたんで取り出しビニール袋に詰め、
かわりに新聞紙を敷いてメロンを戻し入れました。

膝に乗せたメロンが逃走しませんように、とそれだけを祈りながら
大急ぎで、でも目立たぬように、作業しました。

所要時間90秒。

我ながら ものすごい手際の良さでした。
(この能力を家事に活かせないのが謎)

乗っていたのは女性専用車両でした。
もし、「爬虫類とか絶対ムリ」な世田谷マダムが近くに同乗していたら
ギャーと叫ばれていたかもしれないです。



病院に到着してメロンを見ると、
取り換えたばかりの新聞紙に尿酸とシッコを振りまいてくれていました。
後ろ足とお腹が真っ白になっています。

(なんてこった。)

ここで「トイレに流せるあかちゃんのおしりふき」の出番です。
待合室でお犬様にチラ見されながら、メロンの体に付いた尿酸を
一心不乱に拭き取りました。

と、

隣にいた男性に声をかけられました。

(げげっ。爬虫類むき出しにしないでくれとか、クレームか?)

某TV番組で田向先生を取材中とのこと。
亀の診察風景を撮っても構わないか、とたずねられたのでした。(ほっ)

「あのう、病気じゃなくて健診なんですが?」

それでもいいらしいので、カメラも一緒に診察室に入りました。



「ずいぶん大きくなりましたね!」体重を量った先生はおっしゃいました。

「何か気になることはありますか?」と、わたしに問診しながらも
メロンを上下左右裏表くまなくチェックしています。
口を開けさせ、中をのぞきます。


メロンも照れるが、わたしも照れます。


「元気でよく食べます。ただ餌の量がわかりません。
欲しがるだけ与えてしまっていいのかどうか・・・・。」

餌は、食べるだけ食べさせていいですよ、とのことでした。


「それと、甲羅の真ん中がボコッと高くなってしまっているんですが・・・」

室内飼育で急激に大きくなると、肋甲板の成長より早く椎甲板の高さが
出てきてしまうんだそうですが、問題はないと言っていただけました。


このあとメロンはレントゲン室へ、わたしは待合室で待機です。


再び呼ばれて診察室に入ると
レントゲン画像をみながら先生が説明して下さいます。

↓メロンのレントゲン
P1010561_edited_convert_20110530202545.jpg

「うーん、ヘルマンにわりとよくあるんですが、ちょっと甲羅が薄いんですね。
スカスカというか。もっとはっきり、白く太く、甲羅が映らなきゃいけないんですが。
室内飼育で急成長すると、こういう甲羅になりがちなんです。」


そう言いながら、別の亀さんの写真を参考に見せてくれました。

「これはビルマだけど、うん、これもあんまり厚くはないけど、でも
こう白くくっきり出るんですよね。」


多分人間でいうと骨粗しょう症みたいな感じかしら。
病気というのではないけれども、注意が必要との診断でした。

「この夏はなるべく外に出しましょう、いままでは小さかったから
ケージ内で過ごすように言いましたけど、もう大きくなったから大丈夫ですよ。
ベランダで飼う、くらいな気持ちで。」


カルシウムパウダーの量が少ないですか?とたずねたのですが、
「そうは思わないけど、やっぱり太陽光かな」とおっしゃっていました。


ということなので、ベランダ飼育の準備をしなければ。


「また秋に診ますから来てください。」と
今回も爽やかなイケメン先生でした♪

お会計は、
診察料    800円
レントゲン 5000円
検便    1000円
消費税    340円      合計 7140円


メロンはよく食べるし、排泄物にも異常はないし、元気に見えていましたが、
甲羅の密度までは、外観からはわかりませんでした。

今後、気をつけるべき点がはっきりわかったので
診てもらってよかったな、と思いました。


それに

病院では緊張の面持ち(本当にそういう顔する)で、
せっかく持ってきたおやつも食べないとか、

メロンは、ちゃんと状況がわかっているんだな、と思うと
いっそうかわいくて、抱きしめてあげたくなりました。
(硬いし冷たいのでやめておきましたが。)

自宅に戻ったとたん、食べるわあくびするわ寝るわで
いつものメロンに戻ってくれました。


うちがわかるのね、メロン。

アホじゃないのね、お母さんは嬉しいわ。



この夏はしっかり太陽光を浴びさせて、
丈夫な甲羅に育つように頑張らなくては!!



・・・・・余談ですが
もともと、このブログタイトルは「めろめろメロン」にしようと思っていたのですが、
本当にそういう品種のメロンがあることがわかって
あわてて現在のタイトルに変更した経緯がありました。

先日、近所のスーパーでその「めろめろメロン」を発見。
20110518165842.jpg
宮崎の高級ブランドです。
















イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875
2016年11月 163  874   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。