≪ 2011 08                                                2011 10 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -
 2011年09月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 節目の500 

毎月5日に体重と甲長を測定しているのですが、
今日はなんとも小気味良い数字が出ましたのでアップです。

大きくなって1kgを超えてくれたらなあと思っているので、
勝手に5合目な感じの「500g」です。

FAUCHONの光り輝く缶の演出もあって、めでたさ倍増です。


sokutei.jpg

2010年4月にお迎えした当時の写真と並べてみると、
大きさも模様もずいぶん変化しました。
こうして見ると、小さいカメって甲羅もぺたんこで華美な昆虫っぽいです。


4月のメロン9gatu.jpg

他のカメ飼いさんのブログでよく見かける折れ線グラフ、
やってみようと思い立ったもののエクセルからグラフをアップロードするのに大難儀。
PCスキル低いわたしにはハードルが高かったのですが、
メロンの5合目到達祝いのために頑張ってみました。

測定9-5

これだけみると、肥満体形まっしぐら?に思えますが、甲幅と甲高を測定していないのが
いけないのですね。
(が、いまさらデータ追加するのも面倒なので、まあいいや^^;)

測定のあと、メロンはケージ内をつまらなそうにウロウロしていましたので、
リビングの一角を囲って放ち、わたしは同じ部屋で針仕事をしていました。

と、あらぬ方向から妙な物音が。

dassou1.jpg

振り向けば奴がいた。


一瞬、わけがわからず思考停止しましたが、
いそいでパチリ。

脱出口はここかぁ。

deguti.jpg

今まで①からしか出てきたことがありませんでしたが、
今日は新ルート②を開拓でした。

児島~坂出ルートに次いで尾道~今治ルートが開通した流れですね。
(祝・瀬戸内しまなみ海道)

広い空間に飛び出したメロン、小さいころは隅っこめがけてまっしぐら、
隙間にちんまり収まっていたものですが、
身体も大きくなって、神経も太くなったようで
見慣れぬ物体に興味を示して接近です。

dassou2.jpg
dassou4.jpg
dassou3.jpg

カメが室内をうろちょろする光景、面白いので撤収するよりカメラを
向けてしまいました。
お座敷カメになると、きっと毎日こんな状態なんですね。
赤ん坊がハイハイしているみたいで、かわいいです。

でも

シャッターきりながらずっと
「しっこするな~、運コするな~」と祈っておりました。


祈りが通じて、惨事なくリビングを自由に歩き回ったメロン。
これが世間のカメ様がなさっているという「パトロール」なんでしょうか?
500gの節目の日に、元気に動く姿を見ることができて、
喜びもひとしおの飼い主です。



スポンサーサイト

 座敷亀への道 

リビングに設けているカメスペース、囲いの角材を押しのけ脱出されてしまう
ようになったので、やむなく囲いを強化しました。

rennga.jpg

角材2段重ね+レンガで高さと重量をアップ。
上から乗り越えることも、下から押し出ることもできないように
なりました(とりあえず、いまのところは)。

こうなるとつまらないメロンは、布団をかぶって「なによ、ふん」と
小さく毒づいている様子です。

suima1.jpg

とはいえ、しょせんはメロン。
あっという間に睡魔に襲われました。

suima2.jpg

うそでしょ、もう寝るの? ふて寝にしても早いでしょ。

suima3.jpg

さすがは金魚以下のペット、設備投資に見合わぬ存在感のなさで
朝食後ほとんど動くことなく昼寝を開始しました。

この日は、午後からベランダに出したのですが、
もちろん、当然、予想を裏切ることなく、カメの巣に引きこもって寝てばかりでしたので、
夕方部屋に取り込んだあと、ケージに戻す前にリビングを歩かせました。

白いコード、緑のビニール、赤いランドセル・・・・
これまでメロンが味見しようとして引き離された品々です。
今日は桃色のタオルがターゲットでした。

taoru1.jpg

まず、やや遠目からじいっと観察しています。

taoru2.jpg

おもむろに接近、さんざん嗅いだ挙げ句に「かぷっ」と味見。
(亀の嗅覚に疑問を抱く瞬間です。なぜ嗅いだ時点で食べられないと判断
できないのでしょうか)

わたしに速攻で後退させられたメロン、食べることは諦めて潜ることにしました。

taoru3.jpg

せっかく乾いた洗濯物のタオルなので、かわいそうですがメロンの布団に
提供するわけにはいきません。

「眠たいならママの胸でおねんねするザマス。」

またしてもスネ夫ママ化したわたしは、メロンを抱っこして
よしよし、と親切に寝かしつけしてあげました。

が。

「お母さん、メロンがしっこしたんじゃない?」と娘の声。
「いま、首をひっこめてたよ。」

慌ててメロンをつかみ上げましたが
??? いいえ、どこも冷たくないけれど。

冷たくはないけれど、わたしの服にちびったのは運コ。

fuku.jpg

そして床に下ろされたと同時にすっきりとお出しになったのは運コ。

100enn.jpg

メロンの体格からすれば、お見事なサイズですね。

無駄に3食たいらげてないです。本日3度目もしっかり出して健康をアピールです。
他の方法でアピールしてほしいと願うわたしが身勝手なのでしょうか。
一日一食にすれば、出すのも日に一度になるのかしら?

しっこは正確な回数がわからないけれど、たぶん日に1~2回のような。
溜めこんで出すから、かなりの水量に驚きます。


・・・・お座敷亀への道、険しそうな予感です。


ところで、

前回メロンが興味を示していた、わたしの針仕事ですが、
出来上がりました。

bag1.jpg  bag2.jpg

tooto.jpg  bane.jpg

リバーシブルのでかバックができました(写真は長女、149cm)。
メロンが狙っていたのは、このマカロン柄の生地でした。
もちろんちょっと齧ってみていました(あーあー)。

余った生地で、バネ口ポーチとトートバックもできました(満足)。


次の作品は、メロンのおむつかなあ^^;













 カメ連れてレストランに行ってしまいました 

メロンを連れて「バークファーム」に行きました。
このお店は、自宅から車で数分のところにある、愛犬と一緒に入店できる
レストランカフェです。
カメ飼いのわたしにはご縁がないはずだった場所、
結び付けてくれたのは敷地に広がるクローバーでした。

昨年の冬、公園のクローバーもそろそろ採集できなくなったころ、
たまたま自転車で通りかかったこのお店に、大ぶりのクローバーが
りっぱに茂っているのを発見したのでした。

さすがに、いきなり「草取らせて下さい」と押し入る勇気はなく、
そのときは、敷地の外にはみ出しているクローバーだけを
こそっと摘ませていただき、持ち帰りました。

そして日を改めて、
今度は一般客を装い(?)、でもなぜかビニール袋持参で(笑)、
正面から入店してランチをいただきました。
お会計のときに、お店の方に思い切って
「あのう、敷地に生えている草を摘ませていただいてよろしいでしょうか」
とたずねてみましたら、
「はい、かまいませんけど・・・?」と不思議顔。(←当然です)

なので、
自分はカメを飼っていて、そのカメがクローバーを食べるのだが、
この季節には公園では採れず、こちらのものを分けていただけると助かる云々・・
説明しましたら、カメがクローバーを食べることに驚きながらも趣旨を理解して下さり、
「どうぞ、どうぞ」と快くお許しいただきました。

それから数回、ランチの帰りにクローバーを袋詰め(ときにバケツ詰め^^;)
という怪しい客を笑顔で迎えていただいたのみならず、
「どんなカメだか見てみたいです」などと極上の社交辞令をおっしゃるものですから、
つい真に受けて「カメ連れて来てもいいんですか?」とうっかり質問してしまい、
「どうぞどうぞ、特に犬専用の店ではありませんので^^」
ととんでもない言質を取ってしまったのでした。

そして数カ月後、
まだ充分気温の高い9月、晴天、条件は整っています。

メロン姫をお輿(プラカゴともいう)に乗せ、
ばあや(わたし)と侍女(むすめ)がお伴して
お昼ご飯を召し上がっていただくためレストランに向かいました。

南国風のエントランス。

エントランス

ウッドチップのドッグラン。

dog run 1

一面クローバーのドッグラン。

dog run 2

店内は、ペット同伴のお部屋と一般のお部屋に分かれています。
こちらはペット可のお部屋。どちらも解放感があってとても明るいです。

店内

犬用のおやつや食品を購入できます。クロバーの種もありました。
正面の階段から2階に上がると、愛犬の納骨堂。
左手に見えるのはわんちゃんのプール入口です。

プールはこんな感じ。

プール

この日オーダーしたハンバーガーは、ボリュームたっぷり。
サラダとスープ付で1000円。(+100円でドリンク)

バーガー

さあて、メロンは何を食べる?

dog foods

いけない、これはわんちゃん用のメニューだわ。

食べる

そうそう、あなたはこれでしたね。


メロンのかごを陽のあたる位置に置かせてもらって、
クローバーを食べさせました。

その隣でわたしと娘はハンバーガーをいただきました。


まさかのお犬様待遇。


カメ連れてレストランで食事することができるなんて、
飼育当初には想像だにしませんでした。
スタッフの方のお話では、犬だけでなく、
猫、うさぎ、馬(!!仔馬だそうです)の来店はあるそうですが
カメは初めてとのことでした。
メロンの甲羅をなでて、綺麗な模様だとほめてくださいました。


見知らぬ場所に連れてこられて、初めての人間に触れられても、
「まったく」物おじすることなく、

食後には

卍寝のメロンでした。

寝る


人にもペットにもやさしいお店「バークファーム」のHPはこちら

バークファームのブログでメロンを紹介して下さっています。


ごちそうさまでした。
カメ(連れ)なのに歓迎していただいてありがとうございました。
また是非うかがわせていただきます。

(by メロン  &イチコ)



 珍獣の集い 

昨年、近所で散歩中のミニブタちゃんに遭遇しました。
黒イノシシに間違われる毛並みのぶたちゃんです。

飼い主さんとは、それからもブログを通じて交流させていただいて
おりましたが、主役のぶたとカメはまだ対面したことがありませんでした。

お互いの出没エリアはかなりかぶっているので、
一緒にお散歩してみましょうか、ということになり、

ついに「珍獣の集い」実現です。

待ち合わせた公園はこの日、イベントでテントが並び立ち、ものすごい人出。
メロンはともかく、ぶたのうーちゃん(本名は「うまそう」)は
取り囲まれて身動きとれなくなりそうです。

で、同じ公園ながら、はじっこの高台側に集合することにしました。

公園
公園のテントを見下ろす↑


・・・・あれ? うーちゃん来ないね。
メロンより足は速いはずだけど??
(※カメはバケツで運搬しました)

待つこと20分。

あっ、あれは!

きた~

おおおおおお
ミニブタのうーちゃんと、飼い主の「うまそうのアニキ」さんです。
9月とは思えぬ気温のなか、歩くのを渋った(笑)ぶたちゃんを抱えたり
しながら、ぜいぜい汗だくで到着です。うわあ、連れてくるのも大変でしたね。
しかしさすがです。愛豚と衣装合わせも完璧、黒で統一です。


さあメロン、うーちゃんにご挨拶しましょうか。
うーちゃんはテレビ「ぽちたま」他に出演経験もある、すごいぶたさんなのですよ。

くんくん
↑いまひとつ互いに関心がないご両人。

ひさしぶりの公園に興奮し、野草をがっつり食べまくるメロンを放牧しながら、
わたしは「うーちゃん生芸」を堪能させていただきました。

お手、おまわり、ふせ、バイバイ・・・・
豊富なレパートリーを次々披露してくれるうーちゃん。

そして、これはおしりをぴったり地面につける、美しいおすわりです。

おすわり

ごほうびにもらっているのは、ウサギの餌だそうです。

ごほうび

あまりの芸達者ぶりに、犬と同じように簡単に躾られるんじゃないの?と
錯覚を起こしそうになりますが、じっくり観察してみると、
口からは上向きの牙、四肢には蹄、犬にはない武器をお持ちです。

アニキさんは、うーちゃんの牙をご自分で削っているとのこと。
だいたい、牙のお手入れをしてくれる病院もそうそうあるはずもなく、
かといって放置しておけば自分の口周りの皮膚を傷つけてしまいます。

おとなしく削らせるようにするには、相当の努力を要するそうで、
躾に失敗して、飼いきれずにショップに返品・・・というケースも多々ある
のだそうです。

愛らしい外見に似合わず、力も強くて、
飛びつかれると、その蹄でみみず腫れ(驚)になるとおっしゃってました。

桃色のまあるいお鼻を鳴らしてアニキさんに甘えるうーちゃんは、
ミニブタのなかでも小ぶり(10kg)で本当にかわいらしく、
テレビ出演依頼が来るのもよおくわかりました。

ペットとして普及していないぶたちゃんとの信頼関係を築きあげられたのは、
たくさん勉強して、辛抱強く、時間をかけて、向きあってこられたから
なんだなあ、としみじみ思いました。

めずらしいぶたワールドのお話にすっかり感心して聞き入っている側で、
メロンの爆食は止まらず、草むらの奥へと入り込んでしまいます。

ちょっとここらで、せっかくですから記念写真でも撮りましょう。
ほら、並んでごらん。

逃走
↑マイペースすぎるご両人。


この間抜けな2ショットに、通りがかりのお犬様も野次馬化。

お犬様


しょうがないなあ、メロンはここに乗ってごらん。
うーちゃんは抱っこしてもらって、はいチーズ。

ならんで

カメラマン(わたし)がへたくそで、ばんやりした映りです、ごめんなさい~


珍獣の集い、とっても楽しかったです。
何人かの通行人が足を止めて、うーちゃんを見たり
アニキさんに質問したりしていました。

でもいちばんウケたのは、一年生くらいの男の子。

「ああっ、ぶたがいる! もーもー 」

「ぶーぶー でしょっ!!」(←母の厳しい突っ込み)

アップ

あはは~~

こんどはうーちゃん、サービスで「もーもー」って鳴いてみる?(笑)
また遊ぼうね。


うまそうのアニキさんのブログはこちら

 かめおむつ 

秋風も涼しく感じられるようになり、メロンのお座敷亀化を
いよいよ真剣に検討することにしました。

問題は排泄と迷子。

しっこ、尿酸、運コ、お卵、なんでも出すあの「尻尾穴」を
出しっぱなしで部屋に放すとなると、その間じゅうずっと
メロンを見張っていなくてはならず、大変です。

なので、メロンのおむつを作ることにしました。

まずはメロンの尻形をコピー。
甲高7cm、甲羅幅10.5cmに紙粘土を成型しました。

紙粘土

それから、腹甲の形をとるために
水彩絵の具でカメはんこ。(メロンごめんね~~)

なにしろカメですから、足を甲羅にひっこめられてしまうので、
足を出し入れするときにおむつが少しでも爪にひっかかると、
すぐに脱げてしまいます。ここが最大の難点です。

腹甲染めだし

足が動く範囲に布が当たらないように型紙を作ります。

へんてこな形になりました。左端の直線を生地の「わ」にして裁断すると、

型紙

こうなります。
丸い甲羅にフィットするようにダーツを入れます。

裁断

中表にあわせて2枚を縫い合わせ、表に返してマジックテープを付けて
出来上がりです。

メロン、ちょっと試着してみてね。

横向き
横向き

おなか
おなか

大丈夫みたいなので、しっこを吸水するためのシートを貼ります。
わたしが使ったのは、薄型の生理用ナプキン。

メロンはまだ小さいので、股ぐりが余ってしまいます。
おむつのラインに合わせてカットし、切り取った部分に漏れ防止の
テープを貼ります。カーブに添うように切り込みを入れて貼ります。

吸水シート装着

これは紙テープなのですが、きれいにはがせて撥水します。

紙テープ

ちゃんと吸水するかしら???
感覚ですが、メロンのしっこは一回に5~10ccくらいなような。

計量スプーンで2杯、10ccたらしてみたところ、
しっかり吸水しました。まだ余裕もありそうです。

te-pu.jpg


それじゃあ、ちょとおむつで過ごしてみてください。


歩行問題なし

後ろ向き

食事問題なし

ごはん

おむつ装着の約3時間のあいだに、しっこ2回、尿酸1回していました。
尿酸はちょうど真ん中でキャッチしましたが、
しっこ2回目は、勢いよく出したので横から少し飛び出してしまいました。

尿酸


運コ実績はまだありません。
たぶん、「装着しないよりはマシ」な程度かと・・・^^;
様子を見ながら改良できる部分はやってみようと思います。


座敷カメ

ピンクの鈴をぶら下げました。
歩くと「ちりんちりん」とかわいい音がします。

自分が台所に立っていても、メロンの位置がわかります。
音が消えたら、その付近をさがすと寝ています(笑)。


気持ちがほんわかする、極上の鈴の音です。

イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875
2016年11月 163  874   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。