≪ 2011 09                                                2011 11 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -
 2011年10月の記事一覧 

 メロン2歳、食欲の秋。 

今月でメロンは推定2歳になりました。

季節はすっかり秋、カメはだんだん食が細くなる(はず?)らしいのですが、
いまのところ、メロンにはまったくその気配がありません。

ときにかわいく、ときに恨みがましく、ときに元気いっぱいに、
「ごはんください」と訴えます。


gohann2.jpg
gohann3.jpg

gohann4.jpg
gohann5.jpg

はいはい、わかりました、
さあどうぞ。

gohann6.jpg

よく食べる割に、体重が爆発的に増えるわけではありません。
よく「出す」からです。

たくさん食べて
たくさん出して
よく寝て
目を覚ましても動かない


根本的な疑問

なんのための餌代か


あはははは

深く考えないことにしています。


さて、たまには動きなさい、とおむつで部屋を歩かせますが、
はじっこでぼけ~っとするのが好きです。

2歳になったし、自分の名前くらい覚えたかしら。

「めーろーん」
と呼んでみます。


hirune.jpg


おおお
振り返りました。


furikaeru.jpg


わたしに向かって歩いてきます。
かわいいのお、かわいいのお。


yottekuru.jpg


・・・・と喜んだわたしが馬鹿でした。

メロンはわたしの「スカート」に突進してきたのでした。
緑色の葉っぱが描かれているスカートでした。

もちろん、かじってみていました。


いいよいいよ、カメだもの。

ゆっくり覚えてね、自分の名前も、
わたしの顔も。



スポンサーサイト

 かめおむつ2 

メロンの座敷亀化のためにこしらえた「かめおむつ」。
ところが、かなりの確率でしっこが横漏れすることがわかり、
改良することにしました。

吸水シートを平面的に貼ってはいけませんでした。

吸水シート装着

しっこの勢いがすごいので、しっぽを包むように三次元的に貼りつけないと
飛び出してしまいます。

2012.11.16画像追加
パッドは尻尾の部分の左右を内側に折り込んでテープでとめます。
すると、尻尾が収まる空間ができるので、この状態でおむつに貼り付けます。
パッドがおむつの幅より大きくはみ出す場合でも、このように加工すると細くなるので
歩行を邪魔しなくなります。

DSC_2592_edited_convert_20121116204746.jpg

DSC_2594_edited_convert_20121116204914.jpg

omutu1.jpg

こんな感じでどうかしら。

これなら運コも落ちないかしら?

こちらが思う通りに運コもしっこも出してくれないので、
実験が進まないものの、「たぶんいけるでしょ」と見切り発車。


尻尾部分を拡張したぶん、縦方向にサイズ変更が必要です。

で、改訂版がこちら。

omutu2.jpg

いきさつは後述しますが、今回は茶系の花柄、大人の雰囲気になってます。
少し甘さをプラスするためレースをあしらってみました。




ところで


   大きいおむつも作ってみた~い


かめおむつがツボにはまったわたしは、メロン飼育当初からブログでお世話になっている
えちんけ様宅の「らるさん」(ヒガシヘルマン♀、約1300g、6歳)
にお願いして、モデル亀になっていただくことにしました。

(むちゃ振りなのに快諾いただいて、ありがとうございます!)


甲幅、第2椎甲板から臀甲羅板までの長さ、胸甲板から尾先までの長さ、
など6か所のデータをいただき(らるさん受難)、メロンの型紙を拡大
コピーしたものに、ちょいと修正を加えて使いましょう、と思っていたのですが、


・・・・ん??


甲羅の長さは34mmしか変わらないのに、横方向半周(最大値)が
ずいぶん違います。

うかがったところ、やはりかなりの甲高で丸っこく、ヒョウモンっぽい
体型とのことでした。カメにも個性があるんだなあ~と
どんな感じなのやら実感してみたくなって
らるさん人形(頭四肢なし^^;)を作ることにしました。

しかしさすがに、このサイズを紙粘土で作るのは、大変だし、重たいし、
何かよい方法はないかなあ、とぼーーっと考えていると、
たまたまトイレットぺーパーが視界に入りました。

手にとって少し押しつぶし、定規をあててみると

「これ・・・・いいんじゃね?」


というわけで、

トイレットペーパー芯+トイレットペーパー+ガムテープ
=らるさん人形


rarusann1.jpg


やっぱり、「でかっ」
いや、というより、「高っ」。


そうか。

万一ものすごく順調に成長すると、あと3年くらいでこんなになる可能性が
あるのかあ・・・・・。


ケージに入れてみました。(60cmケージ)

rarusann2.jpg


「狭っ」


バスキングランプと甲羅の距離も近すぎだし、
水入れにいたっては、たぶん片足しか入れません。


もちろん、メロンをお迎えする前から、ヘルマンが甲長20cm程度になるとか
そういう知識はあったし、いまさら驚くことではないはずなのに
メロンといっしょにケージに入っていただいた らるさん人形を見て
しばし茫然としてしまいました。


ヘルマンでもこうなら、

やっぱりビルマとかヒョウモンは、もはや「犬」に近いんだなあと
思わずにいられませんでした。


そんなこんなで、かめおむつ(大)、製作中です。



らるさんには、あまり派手でない柄の生地が良いようなので、
ヘルマンカラーに馴染む、素敵な綿ニットを探しに、
わたしが大好きな「鎌倉スワニー」というお店に行ってきました。
普段は山下町店を利用しますが、たまたま鎌倉に用事があったので
本店に立ち寄ることができました。


ウキウキで生地の巻物を物色し、「これだ!」と決めたものを
裁断してもらうためにカウンターに持って行ったところ、
見知らぬご婦人が「あら、それいいわね、わたくしもいただこうかしら」
と着分お買い上げなさっていました。
おそらくご自分のお洋服を縫うのであろうと思われました。

「あの、えっと、かめのおむつとお揃いになってしまいますが・・・・?」
と申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


異様に楽しいです。
周囲の誰にも言えませんが。


でも、ごくごく一部のカメオタの方なら、
きっとこのワクワク感を理解して下さると信じています^^



次回へ続く

 かめおむつ3 

「大きいおむつも作ってみたい」
と、将来メロンが大人サイズになったときのことを想定して、
1300gのヒガシヘルマン♀(らるさん、飼い主はえちんけ様)にモデルに
なっていただき、採寸した数値をもとに縫製してみました。

小さいのがメロン人形、大きいのがらるさん人形です。
並べて見ると、大きさの違いがよくわかります。



配送してすぐに、えちんけ様が試着の様子を詳しくレポートして下さいました。
しかも写真の掲載までお許し下さいました。(ありがとうございます!)

これが、らるさんです♪
身体は大きいんですが、
まあるくて、かわいい~~

lal2.jpg

自画自賛ぶりに石投げられそうですが、覚悟の上で申し上げますと、
「小花柄がよくお似合いです」

このような、難しいアングルの画像もいただきました。
気になっていた肢付け根まわりです。
歩行の邪魔にはならない様子です。

lal3.jpg


なんとらるさん、メロンがいまだにしない運コも披露してくれました。
おむつモニターとして完璧な仕事ぶりです。

固形物はかろうじてキャッチしていますが、しっこは漏れてしまっています。
生理用品(薄型・普通量用)→×、50cc尿ケア用品→×



lal11.jpg


わたしが考えていたより排尿量が多いのでした。
リクガメのしっこをなめていました(反省)。
腹甲側に漏れたり、横から漏れたりしています。
そして、尿を吸った吸水パットがずっしりと重くなるので、
床面と摩擦がおこる模様。

課題は、
腹と脇のカバー力強化と、パットを支えるホールド力UPだな、と
思いました。


このような、中途半端な粗悪品にもかかわらず、
いやがる(であろう)らるさんにおむつを装着し、
まさに痒いところに手が届く式のレポートを続けて下さるえちんけ様、
そして糞闘、いえ、奮闘してくれる「らるさん」、本当にありがとうございます。


かめしっことの戦闘意欲満々のわたしはリベンジを決意、
ない知恵を振り絞って形を練り直した結果、
出来上がったのはあまりに不気味な物体。

巨大毒蜘蛛のようです。


new.jpg


腹部分の面積を拡張、歩行に支障がでないぎりぎりの大きさを目指してみましたが、
使用するパットの厚みにも左右されるので、装着してみないと具合がわかりません。

hara.jpg

重たいパットを支えるために、バンドをダブルにしました。
勝負色の赤ラインを装飾して、「打倒しっこ」の気合いを表現。


ribennji.jpg

というわけで(笑)、
第二弾、発送しました(大迷惑)。
らるさん、いつでもよいので、どうぞゆっくり、気が向いたら、
しっこ出してみて下さいね。

えちんけ様、ご迷惑おかけいたします、
よろしくお願い申し上げます(こんなところで^^;)。




大きならるさんの画像のあとは
こちら、小さなメロンです。

娘が脱ぎ散らかした上着によじ登り

asobu.jpg

降りがてら、壁紙をかじっていました(あああああ)。

kajiru.jpg


そして、お気に入りだったスペースにもはや入れなくなってしまったことに
しばらく悩んでいましたが、

hairenai.jpg

あきらめて、最近見つけた新たな落ち付き場所(PCラック下)に潜り込みました。


pcnosita.jpg

せっかくおむつを着けて部屋を歩かせても、さほど歩き回らずにこうして
隅っこで寝てしまうので、しっこも運コもでないんですね。

メロンもちょっとは糞闘してくれたらいいのに・・・・。




 凸凹 

かめおむつ4、のその前に最近の様子を書きます。

まずは凸な話題。

23日にはじめて「とんぶり市」に行ってきました。
以前からみなさまのブログで「ぶりくら」「とんぶり」なる、
爬虫類の祭典があるということは知っていたのですが、

わたしが苦手とする「ニョロニョロした生き物」も多数展示されていると
いうことなので、自分には無理かもと尻ごみしていました。

だけど、やっぱり、行ってみたい。

ブリーダーのケイティママさんのところで産まれた孵化仔ちゃんも
見たいし、桑の木カルシウムのパウダーも買ってみたい。
それに、運がよければカメ飼いの方々にお目にかかれるかもしれない。

というわけで、勇気を出して足を運んでみました。

「かぷかぷわらって」のzerokoさんからデコレーションリーフを譲っていただける
というラッキーなお話もありましたので、現地で受け渡しのお約束をし、
これで生zerokoさん、生ケイティママさんとは確実に接触できるわ、と
わくわくどきどきしながら会場入りしました。

入ってみたら


「ヘビ大量」


あんなにいるとは思いませんでした。ヘビさんのブースの前だけ薄目で歩けばいいやと
甘いことを考えていましたが大間違いでした。

どちらを向いてもニョロニョロニョロ・・・・・・

空気穴を開けたお弁当箱のようなプラケースの中で、一匹ずつニョロニョロ。

一瞬足がすくみましたが、一緒にいた娘(中学生)が
「きゃーーかわいいーー」とテンション高く、あろうことかニョロニョロに突進して
行ってしまいました(驚愕)。


なんで?ヘビ好きだなんて聞いてないけど?


「みてみてー、お目目が黒くて小さくて超かわいいー」と
意味不明な発言を繰り返す娘。

やむを得ず、その肩越しに覗いてみると、


まあ、そういわれれば、そのように、見えなくもない、かもしれない、かも。


恐いもの知らずの10代のノリに気押されて、見るだけなら大丈かしらと
洗脳されたわたしは、正気を保ったまま場内を歩き、水棲カメさんやらトカゲさんやら
カエルさんやらも楽しく観察することができました。

そして、ケイティママさんブースの前で、zerokoさんとご一緒だったろろさん、
運よく同じ時間帯に居合わせることができたu-koさん(なんとカメに履かせる
成人用おむつを手にお持ちでした(爆))にもご挨拶することができました。
みなさん個性的、だけど共通点はとても優しい印象、の方々でした(嬉)。
孵化仔ちゃんも艶々で元気一杯でした。それは美しいニシヘルマンでした。


バーチャル→リアル


なんだかそんな感じで、とても感激しました。


わたしはネット世代ではないので、ブログを始める以前はネットを通じた
コミュニケーションにすごく抵抗があったのです。
変な事件が起こると「ネットで知り合った」なとど報道されますし。

今回、PC越しにしかお話できなかった方と実際にお目にかかれたことで、
自分の視野が少し広がったような気がします。

このあと、他の方のブログを拝読してみて、他にもお会いできたかもしれない
方々がいたんだなとわかり、惜しいことをした~と思いました。
またいつの日か、チャンスが来ることを期待したいです。


楽しかった「とんぶり市」のあと
先日メロンの定期健診に動物病院に行ってきました。


というわけで
ここから凹の巻ですが、時系列に書くと途中まではいい感じです。
後半落ちます。


朝、いつも通院に使っているプラケースにメロンを入れようとしたのですが
「入らない。」(←メロンでかくなっていた)

あわててその辺にあった紙箱に新聞紙を敷き、
前回電車内で運コされて困った経験から、今回はおむつを
はかせてメロンを入れました。

バックに箱を入れて電車に乗り込み、そのバックは膝に乗せました。

メロンが大暴れしているので膝の上でバックがゆっさゆっさ揺れています。
新聞紙を踏みつける音がガシャガシャと漏れています。

脂汗を滲ませつつ「もうすこし、もうすこし」と平静を装い車中をやりすごし、
病院の待合室でバックを開けました。

P1010598_convert_20111027092201.jpg

かめおむつ作成以来、メロン初の運コです。
しっかりキャッチされていました(しかも便秘してたので二日分)。
おおおおおおと密かに感動しながら、ナプキンについた運コは
袋に入れて検便に提出。ほかほか運コを検査していただけてよかったです。

尻尾と甲羅の間にめりこんだ運コ(汚)をおしりふきできれに拭き取り、
おむつ替えされると、
車内で暴れ尽くしたメロンは半ば放心状態で、じいいっとおとなしくしています。
冷えないように、おむつにタオルを挟んで保温し(chiharuさんヒントありがとう!)、
診察の順番を待ちます。

P1010604_edited_convert_20111027092735.jpg

メロンの視線の先には、おおきな水槽。
魚って、同じような顔に思えるけれど、口角によってずいぶん表情が違って
見えるのね。

ブラックアロワナのアロー君です。

P1010601_edited_convert_20111027092107.jpg

なんか、怒ってますか?


こちらは淡水ふぐのてっちゃん。

P1010602_edited_convert_20111027092249.jpg

微笑です。

と、

「あのう、そちらもカメさんですね」と見知らぬご婦人に話しかけられました。

「うちのコはミドリガメなんですよ」

P1010605_convert_20111027092332.jpg


聞けば、以前中耳炎(!?)を患い、現在は完治しているけれども、
定期的に診察を受けにきているのだそうです。

「かわいいですよね。家族とおんなじですよね。」と
そのご婦人はプラケースのミドリガメちゃんを愛おしそうに見ながらおっしゃいました。

そのとうりです、よおくわかります。


でも

ああ、だからわたしは周囲の人に「カメかわいがってます」と言えないんだ、と
思いました。

ちょっと変な人に見えるんですね、やっぱり。残念ながら。
これが犬・猫・ウサギ・せいぜいハムスターくらいならああそうか、で済むんですが。
本気でカメに「よしよし」言っていると、
ものすごく変わり者に思われるに違いないとわかってはいましたが、
この日、そのような場面を客観的に見て確信しました。
「カメ愛はこっそり」に限るのだと。


ぼおっとこんなことを考えていたら、メロンの診察になりました。
前回「薄い」と指摘されてしまった甲羅、今回はどうでしょう。

P1010608_edited_convert_20111027092418.jpg

P1010609_edited_convert_20111027092448.jpg


「うーん、やっぱり薄いんですよね」と先生はおっしゃいました。
「急激に大きくなっていますからね。ヘルマンはこういう甲羅になることが
わりとよくあるんですが。」

そうか、やっぱりこの夏数カ月屋外に置いたくらいで、簡単に硬くなっては
くれなかったのですね。

で、先生といろいろ相談した結果、

「週に一日絶食しましょう」

ということになりました。


成長速度を多少でも緩める目的で食事量を減らすのですが、
毎日の量を少しずつ減らすのでなく、週に一日断食するというのが
先生のご提案でした。


たしかに、毎日「もっと食べたいのに」と思うより、
週に6日はお腹いっぱい食べて、1日だけ我慢するほうが
ストレスにならないのかもしれないな、

とそのときはそう思ったのです。


でも、帰宅してからよくよく考えると
毎朝餌場でご飯をじいいっと待っているメロンの姿が思い出され、
どうしようもなく切ない気持ちになりました。


断食日は日曜日にするつもりです。
平日、わたし一人でメロンの視線に耐える自信はありません。


今日は最高の秋晴れというのに、
朝から気が重いわたくしです。


気分転換画像

zerokoさんにいただいた、デコレーションリーフ。素敵です。
P1010610_edited_convert_20111027092523.jpg
「とんぶり市」で一目ぼれしたカードホルダー。
P1010616_edited_convert_20111027092559.jpg
お値段は
一目瞭然ですね^^



イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910