≪ 2013 02                                                2013 04 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -
 2013年03月の記事一覧 

 ポコポコ卵胞 

月1回更新を死守すべく、元気なメロンの写真をアップして・・・・と、
オートフォーカスのピント合わせに15秒要するようになってしまった
(オートじゃないじゃん)不具合なカメラと格闘していたのですが、
のんきに撮影などしていられない心配事が。


メロン、10日近く運コが出てないです。


便秘はこれまで長くてせいぜい4日程度、
こんなに出ないのは初めてです。

もちろん、便秘に気付いてからはこれまで以上に水分野菜と
繊維質多めの給餌にして、毎朝の温浴時にはおしり穴マッサージ
(メロンには不評)で排泄を促してきましたが、出る気配がありません。

思い出されるのは、先月も出した大きな尿路結石。

もしや、またあのクラスの石が排便の邪魔をしているのでは?と
嫌な想像をしてしまいます。

カメ全般がそうなのか、メロンだけのことなのか不明ながら、
相変わらずの無表情、どれだけ問いかけても自覚症状を教えてはくれません。
食欲は、わたしから見たら「落ちている」と感じますけど食べないわけじゃなく
(もしかしたら普通のカメより食べてるかも)、
「元気に」というよりは「異様に」動くという、なんだか説明しにくい違和感。

便秘ごときで病院なんてどうなの?と数日悩みましたけど、
「早く受診すればよかった」とあとで後悔するのは嫌だったので、
動物病院に連れて行くことにしました。

毎度電車で大暴れのメロン、今日もカメバックをゆっさゆっさ揺らして
わたしに冷や汗をたっぷりかかせてくれました。
過去、通院途中での排便率は100%。
もしかしたら電車での移動が排便を誘発してくれるかも!と
いつもなら決して願わない車中運コに期待するわたくし。
もし出してくれたら、少し早めの定期健診に来ましたってことにしよう。


ところが、
病院に到着しておむつを外すと(あれだけ暴れても脱げなかったかめおむつに
自己満足MAX)、残念ながらというかやはりというか、
運コを確認することはできませんでした。


そういうわけで、本日の受診理由は「リクガメの便秘」。


なんとこれ、
先日出版されたばかりの先生の著書、
「“珍獣ドクター”の 動物よろず相談記」に登場する、
リクガメ飼い主あるある と同じなので、なんとも気恥かしいのです。


ちょっと引用しますと
「リクガメの飼い主さんは「うんちの出具合」を気にする方がとても多い気がします」


こんな書き出しで始まるエピソード、
診察のうえ特に問題ないと説明しても
飼い主が事前にネットで仕入れた情報を強く信用してしまっていて
なかなか納得が得られないことがある・・・・こんな内容です。
もちろんわたしは、ネット情報と獣医判断を天秤にかけるつもりなどさらさらなかった
のですが、いかんせん、入口が同じなので「またか」とうんざりされそうで
ちょっとドキドキしました。


勝手に緊張しましたが、当然先生はそんな素振りはみじんも見せず、
10日の便秘、2か月周期で出す結石、この主訴からすぐにレントゲンを撮ってくれました。


先 生「石は出来ていませんね。排泄はそのうちあるんじゃないですか。」

イチコ「そうですか・・・。温浴時に総排泄孔をマッサージしているのですが。
    最近とても暴れるのでお腹の調子でも悪くて苦しいのかと思いまして。」


ここで先生、メロンをひっくり返してガラス棒を総排泄孔に突っ込み、
ぐりぐりぐり(意外なほどおとなしいメロンに驚くわたくし)。


先 生「詰まってないなあ」



次にメロンの足の付け根を超音波診察。



先 生「あ~、卵がありますねえ。」

イチコ「たっ、たまごですか??」

先 生「ほらこれ、丸いの。卵胞ですけど。」

イチコ「えええと、産みますか?」(←阿呆すぎる)

先 生「産むかもしれないし、産まないかもしれない。」

イチコ「ええええと、産む場合ですけど、(こんな阿呆な)わたしでも
    産む気配とかわかるでしょうか?」

先 生「わからないかもしれませんね。ぽろっと産んじゃうことあるから。」

イチコ「卵胞と便秘って関係あるのですか?」

先 生「それはあんまり関係ないですね。便秘の方はしばらく様子を見て下さい。」

イチコ「しばらくというのは・・・どれくらいでしょうか?」

先 生「餌を食べなくなったら(また診せに来てください)。」



正直、わたしの頭の中は「運コ」から「たまご」に切り替わってしまいました。

なんとなく、変な動き方をするなあとは思っていたし、
先輩カメ友さんからも「卵胞あるかもね」と予告されたこともありましたけど、
どこか真に受けていなくて、「季節の変わり目だからよね」などと解釈していて。

わたしにとってメロンはいつまでも小さいメロンのまま、
体重が1kgを超えて、発情するようになってもなお、3年前に45gでやってきた
赤ん坊の延長でしかなかったんです。

・・・・でも。

そうか、そうよね、もう卵が出来るほど大人になったのね。



あああ、なんなんでしょうかこの感じ。
飼育開始当初に漠然とイメージしていたよりもハイスピードで大きくなって、
嬉しいような戸惑っているというか。
そしてついにきた「たまご」。エコーではっきり見えた丸い形に動悸が激しくなりました。
他の方のブログで目にした、産卵に絡んだ様々な事故がどうしても頭に浮かびます。
メス飼いの宿命ですね。
覚悟していたつもりが、ちっとも覚悟など出来ていなかったのだと思い知りました。


産むなら無事に産んで、
吸収するなら速やかに、と祈らずにいられません。


久しぶりの更新なのに動揺ばればれの支離滅裂な文章になってしまいました。
(しかも画像すらない!!)
何年か後に読み返して、自分でも恥ずかしくなりそうです。
それでも、リクガメ初心者の偽りない不安感、いましか書けないと思うので、
思い切りぐだぐだ綴りました。
うっかり最後まで読んでしまった不運な方、申し訳ございません・・・・・・


次回こそ、楽しくやりたいと思います!


P.S.停滞気味のブログながら読んで下さって、おむつ・ハーネスのお問い合わせを
    して下さる希有なカメ飼いの方々、ありがとうございます。
    ネットショップ「MELON MELON」には在庫がなくなってしまいましたが
    オーダーメイドでのご注文は継続しております。ご遠慮なくご利用くださいませ。














スポンサーサイト

イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910