≪ 2013 05                                                2013 07 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -
 2013年06月の記事一覧 

 肥えぬ謎とスーパーizooの巻 

雨の降らない梅雨入り関東。

文句はないです、ありがたいです。
洗濯できるし自転車乗れるし。紫外線強いですけど、わたしはともかく、
メロンには恵みの日光です。

初産からひと月経過しましたが、あれからメロンは特段変わった様子もなく、
普通に良く食べて、普通によく寝ています。(この「普通に」加減がポイント)


リクガメ飼育者には「後ろ足派」という派閥があるようですが、
ピーンと伸ばした足に萌える、というのも入会要件でしょうか。


そして、相変わらず尻尾がないメロンですが



ちゃんと縁甲板に上向きに収納されております。
DSC_2792_edited_convert_20130609211451.jpg


足を伸ばして一生懸命に頑張ることといったら、
はい、お食事ですね。

トマトにがおお~~~
DSC_2788_edited_convert_20130609211338.jpg

レタスにうががが~~
DSC_2789_edited_convert_20130609211355.jpg

パプリカおりゃああああ~~
DSC_2790_edited_convert_20130609211414.jpg


じつによく食べてます。


ところが、サイドバーにも記載しておりますが、メロンの体重推移をみると、
1kgを超えてからほとんど変動がありません。
こんなによく食べるのに肥えないって。

まさか

ロングブレスダイエットとかしてますか??
美木良介化。(恐怖過ぎて考えたくない)



してないってば。
DSC_2791_edited_convert_20130609211436.jpg


そうですか、すみません。心からよかったです。



大食い姿だけでなく、かわいいメロンを載せてあげようと
乙女チックな撮影をしてみたところ、

DSC_2795_edited_convert_20130609211508.jpg


むむむ。嘴が伸びちゃってますね。
DSC_2796_edited_convert_20130609211546.jpg

このあとの死闘はとても撮影できる状態ではなく、
しかも、へたれ飼い主がカメに敗北したため、ほとんど削ることができず、
美顔なメロンの掲載は諦めることといたしました。


かわりに

といってはナンですが、ちょっと変わった趣味のカメさんをご紹介します。


子供のころって、仮面ライダーやウルトラマンになりたかったりしましたよね。

カメ界にもおりました、変身願望ありのコが。(追記:このコはメロンではありません(笑))

superman.jpgこ、これは。

その夢、イチコさまが叶えましょう。
DSC_2785_edited_convert_20130609211617.jpg
DSC01992_convert_20130609222109.jpg
DSC01991_convert_20130609222056.jpg

うふふ。
このときはちょっと余裕があったもので、やっちゃいました。

それなりに見えるでしょうか。



・・・・・・・・おまけ話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日、izoo(旧伊豆アンディランド)に行ってきました。

とても楽しかったんですけど、何が面白いって、


そこここで漏れ聞こえる爬虫類飼育者の「専門的すぎる会話」。



牧草センターの配送事情とか
「え、うちの牧草にはカタツムリ入ってないけど?」


運コスタンプの室内事情とか
「どこ歩いたかすぐわかるよね」


生餌繁殖ビジネスへの野望とか
「コオロギで商売できるんなら蝿もいけるでしょ」


測定不能の体重とか
「だって持てないもん」


とどめは、izoo施設で爽やかに響き渡る館内アナウンス
「ただいまより、毒蛇コーナー前におきまして・・・・」


毒蛇コーナーって。


そんなに爽やかに放送していい単語だったのでしょうかね???


以上、画像なしレポートにつき、
読者さま方には妄想力フル回転で場面想定をお願いいたします。



あは。









スポンサーサイト

 だってLADY 

前回の記事で掲載したメロンの画像は嘴がすっかり伸びてしまっていて、
かなりの「ぶちゃいく」でありました。

人間もそうですけど、カメの顔も少し口元が変わるだけでで印象が違いますね。
幼亀だったころのメロンがかわいく見えるのは、幼児体型だけでなく、
ほとんど一直線だった口元も大きな要因です。

成体になると、爪も嘴もなんと伸びるのが早いこと。

「こないだ削ったばかりじゃん」と
誰にともなく八つ当たりしたくなるほどの勢いで伸びてきます。

屋内飼育で岩の上を歩くでもなく、固い茎をかじるでもない、温室育ちのメロンなので
自然に研磨されることもなく、飼い主がお手入れしてあげないと、
「だらしない女の子」になってしまいます。

爪切りの方は、好きな食べ物に夢中になっている隙にぶちぶち切っておりますが、
嘴削りはメロンとがっつり正面から対峙しなくてはならないので、
かなりの気合と根性が必要です。

これまでわたしは、ネイル用の細長いやすりを使って、
「手動で」がりがり削っていましたが、左手でメロンの顔をぐいっと掴み、
右手でやすりを動かすのがかなり大変です。

はじめのうちは、メロンも「何がなんだか?」という感じで、
ぼーっとなすがまま、おとなしく削らせてくれることもありましが、

ここ最近は、大人になっていらぬ知恵がついたメロン、
大暴れすれば逃れられると知ったのか、全力で抵抗するようになり、
ほんの少しお手入れするだけで、試合後のボクサーのように双方へとへとになる始末。


そこで


「手動」から「電動」にしてやりましたよ。うひひ。

電動爪やすり

さあメロン、口元のお手入れをしましょうね。


ここから 亀vs人間の、はたから見たらきっと間抜けな死闘が始まるのですが、
セルフ撮影できる状況ではなかったので、この様子は
上手すぎて絶賛の嵐になりそうな、わたくしの再現画でお伝えいたします。

snap_melontortoise_201365213714.jpg


不吉な予感を察知して逃走するメロンを追いかけつかまえ、
手足をばたつかせるのを両膝で甲羅をがちっと挟んで固定し(←哀れ)、


左手でメロンの頭を押さえて右手でやすりを嘴に当てます。


動物愛護団体から虐待だと叱られそうですけれど、これでも


「メロン、いい子ね~~」「だいじょぶ、だいじょぶよ~~」
「あら、かわいくなるね~」「そうそう、おりこうさん~~」

と、誰にも聞かれたくないテンションで全力で話しかけながらやってます。


このネイル用やすり、研磨面が円になっていて回転します。
手動のときは左右にゴシゴシ削っていたのが、これだと一方通行に削れるので、
爪が、あ違う、嘴が、傷みにくいんです。

リューターも検討しましたが、あの細い先がなんだか恐ろしく、
「目に刺さったら」「口に刺さったら」とホラーな発想をしてしまい、
わたしには不向きと判断しました。



で、お手入れの結果は


整形前
DSC_2797_edited_convert_20130621214429.jpg整形後


ほおおおお??
可愛くなった気がしますが・・・・???

電動式に器具を変えたところで、メロンが暴れるのは同じなのですが、
飼い主の作業がラクになって所要時間も短縮できます。


そしてご覧ください、うちの「カメ」メロン専用の化粧ポーチです。

DSC_2799_edited_convert_20130621214501.jpg完全に女子

カメの人形がはりついているcarpisaのポーチは次女のものなのですが、
メロンは時効取得を狙っています。(おそろしや)



うっかり読んでしまった一般の方、

リクガメ飼いは若干病んでおりますが(え、アンタだけだろって?)、

どうか温かい目で見てやって下さい。


追記:

「銀座カラー」のCMがツボすぎて死んでいます。
きっとリクガメ飼いなら200%共感していただけるはず!

まだご覧になっていない方、是非みてくださいね。

「脱毛シンデレラA・B」の2種類あります。(こちら



愛するカメを養うために身を粉にして働く姿に必ず泣けます。

骨付き肉にかぶりつく亀にもご注目!











 超スピード産卵 

5月はじめの初産から2カ月近くが経過、次はいつ産むのやら?と
カメも飼い主もなんとなく落ち着かない日々を過ごしていたのですが、

今月23日の満月あたりから、あきらかに不審な動きのメロン。

どうにもこうにも。
DSC_2803_edited_convert_20130628070941.jpg

しかし、何度足回りの柔らかいところを触ってみても、卵らしきものがみつからず、
「いつ産むの?」「いまじゃないでしょ?」「そもそも卵がないの?」

と、疑問符だらけながらも、いつ産んでもいいように産卵用のバケツの中で
過ごさせていました。

せまいバケツでの生活に不満なメロン、卵がないのなら、もとの生活に戻してあげたい。


ちょうど某ヒョウモンちゃんを病院に連れていくというお近くのカメ友さんと一緒に、
メロンも診察を受けに行ってきました。
写真がないので、上手すぎて絶賛の嵐になりそうなわたくしの再現画でお(黙)


診察台に乗るメロン。
snap_melontortoise_20136423162.jpg


この会話はフィクションです。

でもまあ、こんな感じです。

なんだかアンニュイな表情のメロン、わたしの目には「いかにも卵持ってます」な顔に
見えていたのですが。

レントゲンを診てみると、やはりというか。

うげげげげ。

甲羅の中央を横断するように、きれいな楕円が6個はっきり映っていました。

先生「どうします?注射すれば今日中に産みますけど、打っときますか?」
イチコ「えええと、どちがらいいんでしょうか?」
先生「注射で産めるなら、産んじゃった方がいいと思いますけど」
イチコ「じゃ、じゃあお願いいたします」

レントゲンで見ると、かなりの大きさに見えた卵、このまま温存していたら
どんどん大きくなって産むのが大変になりそうな気がしたので、
出しちゃって欲しいと思いました。

先生「まっすぐ帰りますか?」
イチコ「はい、どのくらいで効いてきますか?」
先生「1時間くらいかなあ」

おおおおお。
1時間弱で帰宅できるから、なんとか間に合うか。

ということで、
せっかくカメ友さんと一緒というのに、お茶するでもなく(って、そもそもカメ連れでは
無理ですが。しかも相方は巨大ヒョウモン)、お会計を済ませると慌てて帰宅したのでした。


さあメロン、着きましたよ。
思う存分産んじゃってください。

って、あん?
DSC_2807_edited_convert_20130628071009.jpg
すでに産んでました。

ひいいいい、と産卵床へ移動させると、2個目がもう出かかっています。

そして歩きながら3個目まで連続で産む。
DSC_2806_edited_convert_20130628070956.jpg

このあと小休止、少し落ち着いたメロンはなんと!
膝の角度、足の動かし方、これって掘ろうとしてます??
DSC_2808_edited_convert_20130628071027.jpg

頑張れメロン。
DSC_2809_edited_convert_20130628071042.jpg

・・・・・とっとっと??
DSC_2810_edited_convert_20130628071059.jpg

ええええと??
DSC_2811_edited_convert_20130628071116.jpg

うろうろうろうろうろう
DSC_2812_edited_convert_20130628071140.jpg

おそらく、自分でも何がしたかったんだかわからなくなったメロンは
DSC_2813_edited_convert_20130628071155.jpg

前足で土を掘り出し、自分が半分埋まっていました(沈)。
DSC_2814_edited_convert_20130628071233.jpg

それでも、約3時間かけてレントゲンで見た6個をすべて産み切りました。

初産では3日間かけての産卵だったので、一気に終了した感じがします。
病院の領収証には「筋肉注射代」(2000円)と書いてありましたが、
産卵を促す注射、効き目半端ないです。

メロンにしてみたら、突然産気づかされたわけなので、
今回は掘れなくても埋められなくてもよしとします。
気持ちの準備もできなかったんだもんね。

お疲れ様、ご褒美のトマトとさくらんぼですよ。
たくさん食べてね。
DSC_2815_edited_convert_20130628071211.jpg

12g×5個、15g×1個、の卵、卵殻もちゃんと出来上がっていました。

こうしてならべてみると母体の割に「すごい量」に見えます。
こんなものがお腹に入っていたなんて、お気の毒としか言いようがありません。
無精卵だし。

しかし、これ、自然に産むのを待っていたら、あと何日で産むか次第なんでしょうが、
もっと大きな卵になっていたかもと考えると複雑な心境です。

今回はたまたまタイミングが合って、促進剤で出してしまいましたけど、
いつもいつもというわけにはいきません。
でっかい卵をごろんごろん産むのかなあ・・・・・。なんともいえず不安です。



とにもかくにも、いい具合に病院に連れていけてよかったです。
卵があの位置では、触診してもわからないそうなので、
レントゲンで何個あるのかまで確認できたのはありがたかったです。

身体が軽くなってすっきりしたメロン(体重は1000g未満になりました)、
飛ぶように歩いていました(笑)。

そしてお気に入りの和室でお休みです。
DSC_2816_edited_convert_20130628071249.jpg

あああ、これから先すっと、確実に定例行事になるんだわ、と
実感せざるを得なかったセカンドクラッチ(っていうんですよね??)でした。



えっ?3rdもあるの???




・・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

snap_melontortoise_201364233938.jpg


一緒に通院したヒョウモンちゃんです。ホラ貝のような音が響き渡ってました(笑)。

さあ、どんな状況だったでしょうか??


ヒント

・♀9㎏


イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910