≪ 2015 02                                                2015 04 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 2015年03月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ユキオ① 

2015年2月2日、ユキオが我が家にやってきました。
ヒガシヘルマンの男の子です。

もともとは、女の子として「ユキちゃん」と名付けられた彼は、
亀にありがちな「・・・・・え? あんた男だったの?」な展開により
「ユキオ」と改名されたそうです。

ドイツ生まれのユキオは、2014年2月に岡山の飼い主さんのところに
迎えられて、1年間大切に育てられてきました。
お迎えの日が大雪だったから「ユキ」→「ユキオ」。

大人の事情により(いかがわしい事情ではありませんが)、
育った実家を出て養子に行くことになりました。
わたしは、実家の飼い主さんとはまったくの「はじめまして」だったのですが、
丁寧に事情が綴られたメールをいただき、喜んでお迎えさせていただく旨、
お返事したのでした。

飼い主さんは、横浜まで連れて来てくれるおつもりでしたが、
わたしは娘との倉敷旅行を兼ねて、こちらからお迎えに行くことを
申し出ました。

そんなわけで、思いがけず訪問することとなった岡山。

夜の倉敷
IMG_20150201_180149.jpg
大原美術館も行きました


早朝すぎた岡山城
IMG_20150202_084424.jpg
後楽園も散歩しました


桃太郎推しな道路
IMG_20150202_090018.jpg
お城から路面電車の駅までの道でした

やっぱり桃太郎推しな道路
IMG_20150202_090031.jpg

岡山駅までは路面電車で移動
IMG_20150202_091119.jpg
乗車位置とか料金支払い方法とか、地方によって乗り物文化が異なるので
はじめて利用するときは緊張しますね


新幹線乗車スタイルは「かめスリング」
IMG_20150202_130522.jpg
誰も爬虫類を抱えているとは気づくまい。


車中で開くのは、お弁当ではなく亀
IMG_20150202_122426.jpg
もちろん、こっそり。

車窓から富士山が綺麗に見えました
IMG_20150202_154506.jpg


知らない人に運ばれて、遠いところまでお引越ししてきたユキオです。
小さな心臓はバクバクだったことでしょう。
岡山の実家では「物怖じしない、やんちゃ坊主」だったそうですが、
もうかなりオトナなので、環境が変わったことをきちんと理解しています。
あきらかに戸惑い顔のユキオと、はじめての男の子(人間の男子も飼育経験なし)を
育てることになったわたくし、さて、ちゃんと仲良くやれるでしょうか!?

20150203_092455.jpg
頑張れよ!


と ここで次回「ユキオ②」の予告を・・・・・。

お迎えして1週間後に健診を受けに病院へ行きました。
結論からいいますと、それから毎週1回通院していて、現在も続いています。

といっても重篤な事態ではありません。
時間をかけて、ゆっくり体質改善していく種類の治療です。
獣医さんも「元気な子」と言ってくださっています。

緊張感は常に持っていますが、同時に、少しずつ我が家に慣れてきたユキオが
可愛くてなりません。
通院はお出かけ気分だし、服薬をいやがらない(というか気にしない)ユキオなので、
一緒に頑張る目標ができて、わたしは毎日とても元気に過ごせています。


ブログは、わたしとユキオの記録です。
個体差が大きいので、たとえ同じ症状の亀がいたとしても、ただちに参考になるとは
限りませんが、情報が少ないリクガメ飼育なので、わたしが経験したことは
まずは自分のために、ついでにどなたかのお役に立つかも・・・ との思いで
少しずつ書いていこうと思います。












スポンサーサイト

 ユキオ② 

岡山県から新幹線に乗って、横浜までやってきたユキオ。

少しでも慣れた環境を再現するべく、実家の飼い主さんと相談しながら
お迎えの準備を進めてきました。

床材は、メロンのときにはバークチップを使っていましたが、
ユキオはヤシガラで育ったので、同じものを用意し、
飼い主さんがユキオのケージから取り分けておいて下さったもの
と混ぜました。

2~3日分の餌も、ユキオが食べ慣れたものを分けていただきました。
畑で採れたカブの葉と大根の葉です。
ユキオが使っていた水入れも、譲っていただきました。

20150226_122304.jpg

↑こんなにかわいい顔のユキオですが、
 これがなかなかの照れ屋で

前世は海女だったんじゃないかと思うくらい、よく潜りました。

知らない場所で、警戒心と好奇心がごちゃまぜのユキオの心情を
如実に物語る写真がこちら。

20150203_101129.jpg
20150204_120414.jpg
20150207_111254.jpg
20150219_080450.jpg
IMG_20150224_184303.jpg
20150203_101129_20150303084744cb9.jpg
20150208_135922.jpg
20150224_073015.jpg
20150303_065627.jpg
20150303_212146.jpg

潜るんだけど、外の様子が気になるので、ガラスに顔を押し付けてこちらを見ています。
ユキオが息をするたびに、ガラスが2か所、鼻の穴の位置でぼおおっと曇ります。
わたしがユキオに話しかけるときは、たいていこの状態です。
「ユキオ、ごはんだから出ておいで」
「大丈夫?寒くない?」
「見てないで食べたら?」

餌を見つめるだけで、もじもじと出てこないときでも、
床材から掘り出して餌皿に乗せてやれば、すぐに食べ出すところをみると、
お腹が空いても我慢してるか遠慮してるか警戒してたんだろうなあと
思います。

お迎えからひと月経った現在では、
お腹が空けば自分で餌皿に乗って待機しているし、
満腹になるとバスキングしたり水入れでセルフ温浴したりして過ごし、
床材に隠れている時間はずいぶん減りました。
それでもまだ、動きにぎこちなさを感じるというか、完全に緊張が解けていない
ような気がしています。

眠くなると潜るのは習慣なのでしょう。
メロンはまったく潜らない子だったので、同じヘルマンでも性格とか育った環境で
行動がいろいろだなあと興味深く見ています。

実家では、マイペースなやんちゃ君だったそうなので、
ウチに来てからの、借りてきた猫状態を報告すると、
前の飼い主さんはとてもびっくりなさいますが^^;
人見知り、場所見知りするということは、
きっとそれだけ知能が高いからに違いないと思っています。

ゆっくり覚えて、ゆっくり慣れてくれればいいよ。
それまで、できるだけ緊張させないようにそおっと見ているからね。


ああっ
ユキオ②で病院に行った話を書こうと思っていましたが、
辿り着けませんでしたので次回に順延です(たぶん)







 




 ユキオ③ 

2月2日にお迎えしてから一週間、警戒しまくるわりには手から餌を食べ(笑)、
自分でもよく食べてくれました。
IMG_20150203_142512.jpg


ただ、便が緩いのが気がかりでした。
緊張感から一時的に軟便になっているのかも?と飼い主さんに相談したところ、
もともと軟便だったとわかりました。


それからもう一つ、
ユキオはしょっちゅう珍珍をお出しになりました。

食べていても、途中で動きが止まったなと思ったら、
尻尾の先端を地面に立てて、ぐりぐりと「の」の字を描きだし、
四肢をう~んと突っ張り甲羅をぐい~~んと持ち上げて、
首を甲羅にぎゅい~~~と引っ込めていきみ、
腹甲の下に「どど紫色」の朝顔をお出しになります。

IMG_20150209_080025.jpg
照れ屋キャラ崩壊

そして、ときに出しっぱなしで、ときに収納してから、食べ続けました。

食事中にお出しになることが多く、
お出しになった挙句に排泄されるいろんなモノが餌に付着してしまうので、
一日に何度も洗いました。
便が緩いこともあって、3種類くらいの汁が混ざり合い、もはや何が出たんだか
わからないこともありました。



餌のレタスが珍珍に絡まってしまって、収納にできずにきまりわるそうにウロウロしていた
ときには、取り除いて差し上げました。

床材が湿った珍珍に貼りついていたこともありました。
このときも心配しましたが、これは動いているうちに自然に取れて、無事に収納できました。

20150219_070327.jpg
↑見えにくいですけど、貼りついてます

おしりは自分で洗うよ
IMG_20150217_072323.jpg


メロンはメスだったので、オスの下半身事情はまったくわかっておらず、
男子はみんなこうなのかと思いましたが、
オス飼いの方数名におたずねしたところ、ユキオは出しすぎかもしれないと
思い直すに至りました。

しかも驚くことに、実家の飼い主さんは「見たことがなかった」そうで (゜o゜)
引っ越しが刺激になって興奮なさったのか、ウチに来てからデビューしたらしいです。

デビューして嬉しくなったのか(ちがうと思うが)、
わたしから見れば「絶対遊んでるでしょ!?」と突っ込みたくなるほど、
出してはしまい、出してはしまい、を繰り返すこともありました。


そんなわけで(どんなわけだか)、お迎え一週間後の2月9日、
健診に連れて行きました。

病院は、いろいろ悩みましたけどメロンのときとは別のところに行きました。
ウチから通いやすいことと、カメがお得意らしいこと、じっくりお話しできそうなこと
が決め手でした。(ただし、もし外科的な処置が必要なときは別の病院を紹介される
様子でした)


まず、持参したゆるい便を検査していただきました。
ユキオは、岡山で駆虫処置を受けていて、
「便には虫も卵もなく大丈夫ですよ」との結果でした。

先生はユキオを手に取って、じっくり診て
「痩せてるねえ」とおっしゃいました。
「ここ(首の付け根の部分)、指を入れるとぐっと入っちゃうんです。本当はもっと肉が
あった方がいいんです。」
20150224_110405.jpg
スリムなんだもん

「軽いもんね。」

そうなんです、外観と手に乗せたときの印象がちょっと違うユキオ。
テフロン加工のフライパンみたいな、
「重いんだろう」と思って手に取ると「あれ?軽い」と感じる、あの感覚。

でも、体重が極端に少ないわけじゃないし、
いままでも順調に増えてきたので痩せてるというのが意外な感じです。
カメは甲羅があるから、体重では本体の肥痩がわからないのが難しいです。
メロンは、体重は十分だったけれど「甲羅がスカスカ」と言われていたのを
思い出しました。


食欲旺盛でよく食べることを伝えると、、
検便結果に問題がないことから「消化器官が弱いのだろう」とのことでした。
「甲羅はとてもいいんです。癒着があるけれど、きちんと丸くしっかり育っていて、
全く問題ないです。甲羅に対して中身がスカスカというか、軽いんですよね。
よく食べるのに身に付いていないということは、内臓の問題でしょう。」
20150304_070956.jpg
↑お尻側の椎甲板に癒着あります

そこで、温度と給餌を「内臓弱い子バージョン」に徹底することになりました。

ケージの温度設定は
最低の場所で25℃、ホットスポット直下で(最高)35℃ とし、
サーモスタット2個で管理。
「温度勾配をつけたケージの中で、カメがどの位置を好むのかよく見ていて下さい」

水入れは全身が浸れるサイズのものをケージの真ん中に。
「ぬるま湯になるように置きましょう」

餌は当面、青梗菜とレタス類(レタス、サラダ菜など)だけにする。
「同じものを食べ続けることで状態が安定するんです。
いったん便を良くさせてから、食べても大丈夫な物を少しずつ探していきましょう」


床材は牧草にする。 ペットシーツ→網→牧草 の順にケージに敷く。
「ヤシガラはアクが強いので、口に入ったときに消化の妨げになるんです。
牧草はその点、腸の弱い子が食べてしまっても大丈夫ですから。」
ただ、床材については、今は引っ越してきたばかりなので、
しばらくして慣れてから変えることになりました。


そして、頻繁に珍珍を出すことについては
「発情中に餌がペニスに絡まると危ないので注意が必要です。取り除いてあげてください。
・・・・発情してても食べるんだねえ(笑)。なんかいろいろ大変そうな子だね。
野生では生きていけないタイプかも^^;。 でも、こういうタイプの子でも、
人間が飼育管理することで生かしてあげられます。
今日のアドバイスも、これで完璧というわけではありません。
様子を見ながら、この子に合った環境をみつけてあげましょう。
大丈夫ですよ、元気そうだし。」

時間をかけて治していきましょうということになりました。
整腸剤、抗炎症剤が入った注射を受けて、
飲み薬(整腸剤・顆粒)が処方されました。


こうして週1回の通院が始まりました。


わたしはメロンを亡くした経験から、
「健康状態の良し悪し」「元気の有無」」「食欲の有無」は別モノだと考えています。
もちろん、元気とか食欲は健康状態の重要なバロメーターであるけれども、
元気なくても健康、食欲あるけど病気、元気あるけど病気、
いろんなパターンがあると思っています。

ユキオは食欲があって元気です。
内臓が弱くて軟便だけど病気ではないらしいです。

メロンは最期まで食べていいうんちを出していましたが、
死んでしまいました。

結局、どんなときでも油断しないことが肝心と思っています。

かわいいユキオがやってきてくれて浮かれがちになる気持ちを抑えて、
今はとにかく、良い排便を目指してしっかりお世話しようと思います。


ブログのコメント欄を閉じていますが、精神的に引きこもっているわけでは
ありません。
ユキオの症状についてさまざまなアドバイスをいただいた場合に、
きっとわたしは、あれもこれも試してみたくなって、結果、
自分の飼育方針の軸がぶれてしまいそうな気がするんです^^;

獣医さんと実家の飼い主さんと相談しながら、頑張ってやってみます。


ユキオ④につづく

※ ネットショップ MELON MELONに「かめスリング」アップしてます
(追記:2015.3.09現在、完売いたしました。追加生産しだい販売いたします。)


































 ユキオ④ 

めろん
左がユキオ、右がメロンです。

画像を見たブリーダーさんから、
「ユキオちゃんもメロンちゃん同様、西ヘルマンと東ヘルマンの
ハイブリッドかもしれません」と言っていただきました。

娘たちが「メロンに顔そっくりすぎる」「まるでメロン」と声をそろえて驚いたように、
わたしも「同じヘルマンだから当然かもしれないけど、それにしても似てる」と
思っていました。

ユキオに甲羅の癒着がなかったら、見分けるのに苦労したかもしれません。
黒と黄の色味とか甲羅の質感とか、ユキオもメロンもハイブリッドであるなら、
特徴が酷似しているのもなるほどと頷けます。

そんなユキオは、緩いうんちを改善するため、
充分な温度+おなかに優しい食事+腸内細菌バランスを整える薬
で療養生活をしています。

レップカルのリクガメフード1粒をお湯でふやかしたものに薬を埋め込み、
朝と昼、一日2回食べさせます。鼻息で飛びそうな細かいお薬も、これだと
確実にお腹に入ります。
20150226_075435.jpg

IMG_20150303_122054.jpg
おいしいよ


食事も朝と昼の二回に分けて与えます。
よく食べてくれるのは本当にありがたいです。
20150217_103903.jpg
20150226_075804.jpg

食べている途中で、ときどき体を温めに行きます。
20150304_125624.jpg
20150306_120837.jpg
35℃ゾーンです

「餌皿とホットスポットを往復しています」と報告すると、獣医さんは
「いいですねえ、理想的ですよ」と言ってくれました。

ぬるま湯にしましょう、と真ん中に置いた水入れには、端っこに置いていた時に
比べると格段に、自分で体を浸すことが増えました。

20150225_064616_201503081320150d5.jpg
20150217_081705.jpg
そこ洗うの大事


新しい環境にずいぶん馴染んでくれたように思えるユキオですが、
わたしに対してはまだ完全に心を許してはくれていません。

たとえば、顔に食べカスが付いてしまっているのを取ってあげようとして、
ゆっくり手を伸ばしても、
20150217_104110.jpg

こんな感じでひゅーっつと甲羅に引っ込んでしまいます^^;
20150222_095053_20150308131430beb.jpg
なにするんだよう


いつの日か、かつてのメロンのように「顔のゴミ取って下さい」と言わんばかりに
わたしに首を伸ばして、口元を平気で指で拭わせてくれるようになることを
密かに夢見ております。


2月末には4度目の通院になりました。
まだ便は固まりません。

病院へ移動する途中にいつも、おむつにうんちをしているので、
先生には「リアルタイムウンコ」←かっこいいぞ
を診ていただいていました。

それでも初回に比べると、だいぶ消化された便になってきていて、
改善は見られているとのことです。
「ユキオは以前、岡山の病院で『腸内細菌が少ないかも』と言われたことがあるそうです。
また、健康な成体の便を食べさせて腸内細菌をもらうといいと聞いたのですが。」
と伝えると、
「腸内細菌が少ないのはそうかもしれません。
食糞で取り込めるのもその通りですが、今飲ませている薬に
腸内細菌バランスを整える作用があるので、良くなってくると思います。」
そして
「糞をもらえるアテはあります?(笑)」とたずねられたので、
「・・・・・はい、もらえると思います(笑)」と答えました。

知り合いのヘルマンちゃんの顔がいくつか浮かんで、つい勝手にそう言ってしまいました。
いまのところは薬を飲んでいて必要ないですが、
突如「すいません、うんち下さい」とアプローチさせていただくかもしれませんので、
メロンのお友達ヘルマンのみんな、いいうんち出してて下さいね!


さらに先生はユキオを見ながら
「いい目してますね。くりっくりしていて。力も強いです。
わたしがこうして押さえようとすると、すごい力で押し返してきます。
こんなに内臓が弱いのに、よくここまで維持してきましたね。」

えええと、よく維持してきたのはわたしの手柄じゃないんですけど^^;


ユキオが服薬をいやがらないことがわかったので、
少しずつ投薬量を増やしてみることになりました。


昼間は28~30℃ゾーンでぽーっと過ごすことが多いユキオ、
寝るときは26~27℃ゾーンに移動しています。
自分で居心地のいい場所を覚えてくれたら、内臓の働きも安定してくれるでしょうか。
20150303123434_201503081318359b2.jpg
潜って寝るよ


ユキオ⑤に続く










 ユキオ⑤ 

あいかわらず、こそこそ覗くユキオ。


ちゃんと見てるもん

5度目の通院。
整腸剤で様子を見てきましたが、形になるかならないかくらいの便と、
水っぽい便が入れ替わり出てくる状態。

それでも、排便の回数が減ってきたのは
「いままではすぐに排泄されてしまっていたけれども、
便を溜められるようになってきている良い兆候。」だそうで、

おむつに出したうんちを診て嗅いだ先生は、
「消化はされてます。未消化の便だと発酵臭があるのですが、
これはふつうの草食動物の糞の臭いです。」そう言って
「今回から下痢止めを飲ませてみます。もしかしたら、この子はずっとこの薬を
飲み続けることになるかもしれないけど。」と
処方してくれました。

「たとえば沼亀なんかだと、ゆるい便を出していても元気で長生きの子も
いるのですが、この種の亀は、もっと固い便の方がいいんです。」

その下痢止めというのが、片栗粉みたいな細か~い粒子の白い粉で、
一見すると「え?どれ?どこに?」ぐらいな微量なので、
わたしもこの薬を扱うときには息を止めていないと吹き飛んでしまいそうです。

20150307_112132.jpg
黄土色の顆粒が整腸剤、白い粉が下痢止め

フードに練り込んで
「さあユキオ、食べてください」
20150307_112638.jpg
薬増えたの?味は変わらないよ。


ところでユキオは床材をときどき齧っていました。
食べているというほどではないのですが、口寂しくなるとアムアムするのか、
お腹に入るのは少量ではあるけれど「アクが強い」といわれるヤシガラなので
(確かに、ヤシガラを水に浸けるとかなりのアクが溶け出してきました)、
お迎えから1ヶ月経ったことだし、これも変えてみることにしました。


ペットシート→網(植木鉢の底に敷くネット)→牧草の順に入れました
20150308_103601.jpg
20150308_103649.jpg
20150308_103720.jpg
20150308_103756.jpg
20150308_104032.jpg
20150308_104244.jpg
ユキオよかったね、「おいしいチモシー」だって。

チモシーは虫が湧きやすいと聞いていたので、
開封するときでさえびくびくしてしまいましたが、
とりあえず1週間近く経ったいまのところは大丈夫です。
近所のホームセンターでも買えるのと、お値段が安いのは助かります。

机の上で待たされるユキオ
20150308_104426.jpg
早くしてよぉ


床材が変わったことで、また変な興奮などするんじゃないかと
心配したのですが、ユキオは何が変わったのかも気づかぬ様子で
いつも通りにさっさと潜って寝てしまいました。

ところが翌日

20150309_124709.jpg
20150309_124911.jpg
20150309_124925.jpg
20150309_124927.jpg

あくびをしながら、のそのそ這い出してきて、
20150309_072623.jpg
ご飯を食べていたその時、
20150309_071122.jpg
「むむむ??」
20150309_070854.jpg




異変に気付いたらしいユキオは突然、牧草にダイブし
20150309_065501.jpg

しばらくグルグルとケージの中を走っていました。


・・・・・・・・いま、なのね^^;



 良い便りをまちわびる 

こんなにかわいいお顔なのに


下半身は別人格なユキオ。
mozaiku_20150314200951962.png
♪むらら~むらら~むらむらよ~♪

どうにもとまらない。

床材をヤシガラから牧草に変更したあとでもやることは同じで、
20150313_163606_1.jpg
隠れたいんだもん

この子の照れポイントが理解できません。


いままで、お迎えしてからのユキオを追っかけ再生的に振り返ってきましたが、
今回で現在進行形に追いつきました。

下痢止めを飲み始めて1週間、

青梗菜とレタスをよく食べ、
20150314_121515.jpg


身体を温め、
20150314_123039.jpg


ぽ~っとし、
20150314_125528.jpg


ときどき歩きました。
20150309_065536.jpg


オスは、いわゆる「パトロール」をして無駄にうろうろ歩き回ると聞いていたのに、
ユキオに関してはどう見ても「食っちゃ寝」型で、行動パターンは珍珍を出すことを
除けば、ほとんどメスのようでした。

獣医さんに、「ぼけ~っとしていたり、寝ていたりで、あんまり歩き回らないんですが」
と伝えてみたところ、
「落ち着いて生活できているので、いいんですよ」とのことでした。

ところで、
メロンを育てているときから思っていましたが
「元気がいい」って何なのでしょう。

人間の子供で考えた場合、
活発でよく動く子には、間違いなく「元気いいね~」と言いますが、
教室の隅で黙々と読書するタイプの子には「元気な子」という表現は
使いません。
が、
もし彼が、冬なのに半ズボンを穿いてたとしたら「元気だね~」と
なるわけで。

亀の場合、別の獣医さんから「食べてるうちは大丈夫」という言葉も聞きましたけど、
メロンは大丈夫じゃなかったので、それを鵜呑みにすることもできなくなっていました。
しかも、ユキオとは出会ってまだ1ヶ月なので「普段と違うかどうか」の基準となる
「普段の様子」というのも把握しきれていないわけです。

だからわたしは、先生に「元気でしたか?」と聞かれると
「わかりません」と答えました。

すると先生はユキオを手に取って、目とか動きとか力の強さとか、多分
そういう要素から「元気ですよ。」と言ってくれました。

薬を飲みはじめてから、便の状態は以前に比べると確実に良くなっては
きているのですが、
「ほぼ、いいうんち」「水分多めなうんち」「水っぽいうんち」
がランダムに出ていました。
温度を固定し、食べ物を固定しているにもかかわらず、便が安定しないというのは
不思議な気がしますが、「飲んですぐ効く薬」というのも怖いので、
時間がかかってもちゃんと良くなってくれるのを待ちたいと思います。

体重は微増、というかほぼ横ばいです。
便が安定するだけでなく、体重が増え始めたらほっとできるのかなあ
と思っています。


診察台のユキオ
IMG_20150307_100648.jpg
ぼくのお腹をなおしてください


最後に、手前味噌ですが^^;
先生にも「これはいいですね」と太鼓判を押していただけた、かめスリング。
コートの中に亀を入れて運べる点を評価していただけたようで、
「ぼくも、自分の亀を運ぶときはここ(懐)に入れるんですよ。人肌で温めるのが
ちょうどいいんです。」
IMG_20150314_093316.jpg

はじめて作ったときには、
まさかこんなに頻繁に活用することになるとは思っていませんでしたが、
結果的に、たいへん重宝しております。


(現在は在庫がなくなっていますが、出来あがり次第再販いたします)












 ユキオ、鼻炎になる 

昼間から床材に潜り、甲羅から顔だけのぞかせて
ガラス越しにこちらの様子をうかがうスタイルが定着した
高等遊民ユキオ。

世間のカメさまが3月のぽかぽか陽気を利用して
各地で日光浴を満喫しているというのに、
「ここで瞑想するのがすきなんだもん」といわんばかりに
ひきこもる亀。

うんちも緩いことだし無理は禁物と、わたしもこのメリハリのない
生活を容認していたのです。

なのに、なぜでしょう。

ユキオは鼻炎になりました。


3月14日に通院して、また1週間後に受診する予定でいたのですが、
18日になって「ケージの中からかすかに口笛のような音がする」。

家の中がシーンと静まり返ったときにだけ、ほんのわずかに漏れ聞こえる
ひゅーっ、ひゅーっ、みたいな高い空気音。

あわてて床材からユキオを掘り出し、耳を寄せて確認すると、
やっぱりユキオが発信源でした。
鼻水は出てない、目つきもいい、でもふつう亀はこんな息の音を立てません。


まずい明日は休診日だ・・・。
ユキオをむんずと引っ掴み、スリングに突っ込み、
病院にダッシュしました。


先生はちょっとだけ怪訝そうに
「どうしましたか?」
そりゃそうだ。つい先日きたばかりなんだもの。


「かすかに、笛みたいな息の音がするんです。」


ところが、病院では外野の物音を消すことができないので、
聞き取ることができません。
先生はルーペでユキオの鼻を診ると、
「ああ、左の鼻の穴の奥が少し腫れてますね。鼻炎の症状ですね。
お薬を討っておきましょう」
この段階で連れてくるケースは珍しい、よく気がづきましたね、と
言っていただけたのはよかったんですけど、

徹底した温度管理のケージで暮らしてて、なぜ鼻炎????


「床材が粉っぽいと鼻炎になることがありますけど、どうですか?」
「たしかに、最近ヤシガラから牧草に替えましたが、むしろヤシガラの方が
粉っぽかったので・・・・。牧草のせいとも思えないのですが。」


結局、原因はわからないままでしたが、
鼻炎治療薬の注射を受けて帰りました。


ところが帰り道、はたと思い出したことが。
床材を交換するとき、10分くらいでしたけど、
ケージから出してリビングで待たせていました。室温22度くらいだったかしら。
他には思い当たることが何一つ浮かばず、
結果、「ちょっと外に置いただけで風邪をひくユキオ」のイメージがついてしまい、
その後しばらく続いた温暖な晴天日でも、「だめだめ、ユキオに日光浴はまだ早い」
と箱入り息子は箱の中だけで暮らしておりました。


それから約1週間。
ひゅーひゅー音は聞こえなくなりました。
本気で寝るときを除いて、床材に隠れることがなくなってきました。
無駄に珍珍を出すこともなくなってきました。


牧草の上でくつろぐユキオ
20150325_140220.jpg
ウサギになった気分だよ


ガラスに寄ってまわりを観察
20150323_155539.jpg
潜らずに見てるよ


ケージの窓を開けて手を伸ばすと、まだちょこっと引っ込みます^^;
20150325_140422.jpg
こわくないってわかってるんだけど


本日(25日)受診してきました。

「鼻の穴は通ってますよ」
20150325_140332.jpg

「まだ右目がちょっとだけ、しょぼしょぼしてるかな」
20150325_140249.jpg


うんちは、まだ固まりません。
こしあん状態から泥水状態までバラバラですが、
指でつまめるような「いいうんち」はまだ見られません。

先生は、ユキオの足の付け根から甲羅のなかに指を潜らせ、
「こうやってお腹を触ると、はじめて診たときに比べると中身が充実して
きています。以前はスカスカで内臓に触れなかったんです。
体重に反映されるのにはまだ時間がかかるかな」
と印象を話してくれました。


通院も8度目となると、ユキオもわたしも手慣れたものです。
ちゃっちゃと準備して出かけられます。
スリングで大暴れされることも少なくなってきました。

病院の待合室で首を伸ばすユキオ
IMG_20150325_105413.jpg
向かいの犬が気になるよ

方向転換してまわりをチェック
IMG_20150325_105136.jpg
あ、あの子呼ばれて行った


また1週間、お腹のお薬頑張りましょう。


ところで
消化器官に負担をかけないために、
就寝前の食事は摂らせないようにしてるのですが、


昨夜はどうしてもお腹がすいたらしいユキオ(←昼寝しすぎてあまり食べてなかった)
が、いまだかつてないほどの大暴れで空腹を訴えていました。

ねえねえ、おなかすいたよお
IMG_20150324_203219.jpg
夜食は消化にわるいのよ


ここにご飯がないんだよお
IMG_20150324_210514.jpg
あきらめて寝てください


そっち行って催促するもん
IMG_20150324_205522.jpg
無駄に動くからお腹がすくんです


くれるまで動かないもん
IMG_20150324_205016.jpg
そんなとこに突っ立ってるんじゃありません






ユキオの勝ち
IMG_20150324_212758.jpg


だめな飼い主










イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。