≪ 2015 03                                                2015 05 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -
 2015年04月の記事一覧 

 頑張っていたらしい 

週1の通院日。
鼻炎はすっかり大丈夫になりました。
そして
前日排泄したうんちの画像を見てもらいました。

「この便とその前の便との間隔は何日くらいでしたか?」

「このうんちは4日ぶりだったと記憶しています」

「ああああああ、そ、そうですかあ。
4日溜めてもこれかあ・・・・・・・」
めずらしく崩れ落ちる先生。

便の状態を口頭で説明するのは難しいし、百聞は一見にしかずなので、
わたしは受診の都度、便の画像をみてもらっていたのですが、
このうんちは、田楽味噌っぽい感じ。
水分量が多くて、べたっとした状態でした。

「薬の効果は出ているんです。
腸内細菌が整ってきて発酵臭がなくなり、便を溜められるように
なってきました。それでも、4日溜めてもこの固さということは、
腸が水分を吸収する力がもともと弱いんでしょうね。」


ユキオを手に取り触診すると、
「内臓はかなり充実してきてますし、以前より筋肉もついてきています。
前足のこの厚みを触って、感覚をよく覚えていて下さいね。
試しに、今回は薬を2週間ぶん出してみます。
もし、途中でやつれてきたり、痩せてきたらすぐに連れて来てください。
これから暖かくなりますから、日光浴して、自然の力を借りて改善できれば
いいですね。そうしたら薬の量も徐々に減らしていきましょう。」

そしていつものように
「はい、ちょっとチクッとするからね~」と話しかけながら
ユキオに注射してくれました。

「この子もよく頑張ってますよ。」


え、そうなんだ。
ユキオ頑張ってたのか~~


確かに少なくとも、通院には慣れたようです。
診察台の上でも堂々とふるまっています。
かつてメロンは、通院した翌日にはなんとなくしょんぼりして、
いかにもメンタルやられました、という感じになったりもしましたが、
ユキオにはそんな様子は見られません。
岡山の飼い主さんから「物怖じしない子」と聞いていたのが、このところやっと
「そうかもしれない」と思えるようになりました。


バリバリと音をたてて豪快に食べるユキオは


ついでに尿酸を出しています。
20150331_083734.jpg
同時に2つのことをなせるのは優秀なビジネスマン素質あり。

便がもっとゆるかったころには、尿酸と一緒に軟便が混入していましたが、
最近は、尿・尿酸・便、それぞれ独立して排泄されています。


今日病院の待合室にいたのは、ヨークシャテリアちゃん。
20150401_173237.jpg
キミはどこが悪いの?

ユキオに気づかないお犬様。
20150401_173343.jpg
いいんだけどね。


日光浴の許可がでたから、気温を見ながらお外に出ましょうね。
先生に「この子を日光浴させるうえで注意することはありますか?」
とたずねたら、

「気温が十分にある日にしてください。人間が半袖で気持ちよく過ごせるくらい。
でも暑くなりすぎないように。」

「外に出すときは、日陰ゾーンを作りましょう、と飼育書に書いてあったりしますが・・・?」

「30分くらいなら、日に当てていて大丈夫ですよ。人間がそばについていて下さいね。」


ユキオと迎える初めての夏、メロンとよく遊びに行った公園に連れて行ってあげよう。


そこって桃太郎いる?
20150331_084914_1.jpg
いないのよー

スポンサーサイト

 詰まってきたかも 

2月3日にお迎えしてから、毎日の飲み薬のほか、
週に1度の注射を続けてきたユキオ。

栄養剤とか整腸剤とか抗炎症剤とかブレンドされていたものらしいですが、
前回の診察から「注射の間隔を開けてみましょう」ということになっていました。

この間、ユキオは晴れた日にはベランダで食事し、
20150406_140523.jpg

日光を浴びながらうろうろしました。
20150406_140418.jpg


囲われているのが不満そうでしたが、
IMG_20150406_141211.jpg
挟まるユキオ

わたしは30分にセットしたタイマーを握りしめながら
ユキオにつき添いました。


ケージ床材の牧草を交換するときなどは
娘たちの膝の上で待ちました。

20150411_142627_1.jpg
メロンが好きだったピンクのクッション

20150411_142826_1.jpg
あったかいでしょ


寒暖差が激しかった先週、外に出せないことも多かったのですが、
食欲は十分で、
20150411_115405_1.jpg
食べながらおしっこ中

レンガを枕に 手足を四方八方に放り出してリラックスする姿を
見せてくれました。
20150413_112015.jpg



さて、2週間ぶりの病院です。
新しいおむつを穿いて行きましょうね。
20150414_084803.jpg
20150414_084820.jpg


待合室で恒例となったユキオの顔出し
20150414_093932.jpg
20150414_094141.jpg
20150414_093746.jpg

本日一緒だったのは、ミニチュアダックスブンド。
黒くてまん丸な瞳で飼い主さんを見上げていました。
かわいいなあ、哺乳類。




呼ばれて診察室に入りました。


「調子はどうですか? うんちはどんなかな?」

口頭で答えるよりも見てもらった方が早いので、いつも通りに写真を提示。

「お? これはだいぶいいんじゃないですか?!」と手ごたえを感じた様子の先生。


「これは5日前のうんちなんですが、このあと、10円玉くらいの面積の泥水みたいな
黒い汁をときどき出すんです。」

「うーん、総排泄孔近くの便がおしっこと混ざって出るのかなあ。」

そういいながらユキオのおむつを外すと、少量のうんちとおしっこが
出ていました。
うんちは粘土状で、
おしっこは透明な水分としてパッドに浸みていました。

「うんちとおしっこはちゃんと分かれてでてるんだよなあ。」

体重を量りましょうか、と計量機のスイッチを入れると、
これまで0.44~0.46程度の数字しか出たことがなかった液晶に
「0.50 (kg)」と表示されました。

「おっ、増えましたね! お腹はどうかな」とユキオを持ち上げ、
足の付け根から内臓を触診し、目と鼻も観察します。

「だいぶしっかりしてきたんじゃないですか、目もいいですね」
ユキオを降ろそうとしたそのとき、

お腹をぐりぐりされて
もよおしたユキオはうんちを出し始めました。

わたしがとっさに診察台の上にペーパーを広げると、
よほど溜めこんでいたのか、どどどーんとお出しになりました。


※以下、うんこ画像ありますのでご注意ください


先生に持ち上げられながら、空中うんこのユキオは、
最後の最後に「ちゃんとした形のうんこ」を出しました。

IMG_20150414_093350 - コピー

「おおおおおっ~~ キミはいいうんちを作れるようになってるじゃないか!
いままでは汁だったけど!」

テンション上がる先生。

この雰囲気にわたしも思わず
「あのっ、記念に撮ってもいいでしょうか?」

こうして先ほどの うんこ画像を撮影したわけですが、
じつはこのとき、先生がユキオをうんこ付近に寄せて下さったので、
全体像はこんなでした。

※うんこ画像ありますのでご注意ください(再)



IMG_20150414_093350.jpg
ユキオ、うんこと記念撮影

「飲み薬は2週間ぶん出しますが、今日は注射はしません。
もうぱんつ穿いてもいいですよ。」


ぱんつ穿いてもいいですよ


亀診察なのに出てくる言葉がヘンすぎるけど、
慣れるって恐ろしいです。もはや普通の会話です。


中身がスカスカと言われていたユキオだけど、
少しずつ詰まってきているみたいです。
今年の秋までには、通院を卒業できるかな。
できるといいな。


受付でお会計していると、猫を抱いた年配のご婦人が
スリングを指さし「何が入っているの?」と話しかけてくれました。

「あら、あらら~、かめちゃん! 子猫かとおもったら!
おーほっほっほ、まあごめんなさいね、笑っちゃって。」

うんちを褒められ、注射も免除されて
明るい気持ちになっていたわたしも一緒に笑いました。


あせらず、ゆっくり、逞しく育ってねユッキー。
(身内にはユッキーと呼ばれているユキオです^^;)

20150411_142725_1.jpg
自宅のスケールで初500g台


******おまけ******


4月24日(金)午後2時~7時
横浜赤レンガ倉庫1号館2F ブースN0.114
MELON MELON 出店いたします

一部ご紹介です
20150414_200128.jpg
20150414_201503.jpg
20150414_201206.jpg
20150414_200735.jpg
リバティプリントの美しい花模様にメロンを配置。
帆布の本体にマグネットボタン付きの外ポケットが2つ、
内ポケットが2つ、
ファスナー開閉、
肩紐を接続できるDカン付き






 メロンの卵、奇跡の卵 

赤レンガ倉庫で働いたメロン、

看板娘は健在でした。
20150424_140139.jpg

亀飼いにめぐりあうのが難しいイベントで、
「あら可愛いカメちゃん」と言っていただける嬉しさ。

20150424_140116.jpg


わたくしは今回出展することを、別の意味でも大変心待ちにしていました。


昨年、同じハンドメイドのイベントで偶然みつけたエッグアート。
卵の殻を利用した装飾品なのですけど、わたしは図々しくも
初対面の作家さんに「カメの卵で作っていただけないでしょうか」と
頼み込んだのでした。

メロンが残した無精卵を、わたしはずっと捨てられずに冷蔵庫に保管していました。
産卵してから1年以上経っていて、作品として使い物になるかどうかもわからず、
そもそも、カメの卵を扱っていただけるのかも不明なのに、
「大切に飼っていたカメの形見の卵なんです。
このまま持っていても、いつか壊れてしまいそうで不安なんです。
綺麗なデコレーションは望みませんから、せめて強度をもたせる手当を
していただけないでしょうか。」
と、必死でお願いしました。

作家さんの女性は、「古い卵を扱うのは初めてなので、やってみないとどうなるか
わかりませんが、トライしてみます。」と引き受けて下さいました。

あれから数か月、同じイベントに出展するこのタイミングで、
本日出来上がった卵を受け取ることができました。


依頼していたのは3つの卵です。


小さな穴を開けて、中身をすべて出し、薄皮を剥ぎ、
充分に乾燥させるという下準備だけでもひと月以上かかったそうです。
「市販されている鶏卵やうずら卵とは異なり、
絶対に失敗できない卵なので、ものすごく慎重に作業しました」
と話して下さいました。


①漆黒
20150424_223229.jpg
光の当たり加減で、色彩が微妙に変化します。
紐で吊るしてオーナメントにもできます。
シンプルなデザインが、卵のフォルムの美しさを際立たせてくれます。

②ビーズ&カメオ
20150424_222623.jpg
最も強度を持たせて下さった作品で、ちょっと落としたくらいでは割れないそうです。
前面と背面に2つのカメオ、周囲はビーズで飾られています。
身に付けられるようにペンダントヘッド仕様にして下さっています。
カメの卵だということを忘れてしまうくらいの上品な華やかさに息をのみました。


③オブジェ
背面には鳥の絵柄
20150424_223728.jpg

前面から見ると、くり抜かれた内側に小さな生き物が
20150424_223455.jpg


カメが入っていました
20150424_223438.jpg


メロンが命がけで産んだ卵はすべて無精卵でした。
決して孵化することのない卵をあんなに産ませてしまって、
やるせない気持ちを持ち続けていました。

この作家さんは、ご自分のアイデアでカメを入れてくれました。
あどけない表情の小さなカメも自作して下さったものです。
想像だにしていなかったことでした。
今日初めてこの作品を目にして、わたしは何も言葉が出ませんでした。


メロンの卵に子亀が入ってる。


涙が出てきました。
作家さんは「とても楽しく作らせてもらったわ」とにっこり笑ってくれました。


エッグアーティスト 鈴木節子さま、本当にありがとうございました。
技術やデザインの素晴らしさはもちろんのこと、
何よりもそのお気持ちに心が震えました。


鈴木さまは赤レンガ倉庫で25日(土)・26日(日)も出展なさっています。







 ユキオ、はじめて公園に出る 

4月というのに夏日を記録し、カメ飼い達の小躍りが目に浮かぶような
GWの立ち上がり、

わたくしも例に漏れず、小躍りどころか狂喜乱舞しながら
初めてユキオを公園に連れ出しました。



最近はあたらしい暮らしにも慣れた様子で、
床材に潜ってこっそり周囲を伺い見ることがなくなり
(あれはあれで可愛らしかったが)、
わたしがケージに手を伸ばしても甲羅に引っ込むことがなくなり、
それどころか、ご飯をもらえると理解して寄ってくるようにさえなってきたユキオ。

少しずつ信頼関係が築かれるにつれ、困ったことに、わたしはしばしば
ユキオを「メロン」と呼び間違えるようになってしまいました。
無意識に「メロン」と呼んでしまっているようで、
娘に指摘されるまで自分では気付かないことも。

おなじヒガシヘルマン、顔つきも似ていて、行動パターンまで似てくるとなれば
仕方ないと言えば仕方ないのですが、
ユキオはユキオ。別の人格、じゃない亀格の生き物ですから、
きちんと区別しなければ。


さあユッキー、好きなだけ遊んでください
20150427_132505.jpg


はじめて広い空間に置かれたユキオは、目の前の野草には目もくれず、
ひたすら南の方角に歩き出しました。


興奮して口も開いちゃう
IMG_20150427_132818.jpg


不思議なことに、広場のどの位置からスタートしても、
歩く方角は決まって南でした。
思えばメロンもそうだったっけ。
なんでかな??


好奇心いっぱいの、やるきに満ちた表情
20150427_133323.jpg

速い速い
20150427_133327.jpg
飛ぶように歩きました。


メロンも高速移動することはありましたけど、
基本的にはいちいち草を食べながら歩いたので、わたしは公園のど真ん中で
じーーーーっと立ち止まっている時間が長かったのですが、
ユキオはとにかくよく動きまわりました。
お蔭でわたしも「ものすごく腰が悪いおばあさん程度に」ゆっくりと
歩くことができました。


散歩感、はんぱない。


このくらい歩ければ、以前のように宗教の勧誘に取り囲まれることもないだろうし、
いつまでも動かない不審な人間、といぶかしがられることもないでしょう。


ただ唯一、ユキオが引っ掛かったポイントが木で、
20150427_133540.jpg


どうしても登りたかったらしいのですが、
20150427_133549.jpg
これ以上は無理でしたので、
諦めていました。


ちなみに、この直後、
ユキオは木の根元にあったアリの巣をうっかり破壊してしまい、
怒ったアリの団体に猛烈に抗議されていました。


よく似てきたメロンとユキオ。
でも散歩に連れ出してみると、ユキオはやはり男の子でした。
メスのメロンとはあきらかに動きが違っていました。


そして昨日は、2週間ぶりに病院へ。
20150429_111208.jpg
今日はだれもいないなあ。



身体ごと出たいわけではなく、顔を出したいだけらしいユキオは、
病院の待合室でこの恰好をしていることが多いです。



便の状態は前回から変わらず、
よいうんちと泥水を交互に出していますので、
また2週間ぶんのお薬が処方されました。

先生は
「ずいぶん身体がしっかりしてきましたね」

そしてやっぱり
「今日も注射は要らないですよ。ぱんつ穿いちゃってください。」
とおっしゃいました。


家では、洗濯されたユキオの小さなぱんつがひらひらと干されています。


今年の夏は、並んで一緒にたくさん歩こうね、ユッキー。



イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910