≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お疲れ通院 

メロンを健康診断に連れて行きました。

前記事で自信満々に掲載した自作キャリーバックにメロンを入れて、
電車に乗りました。

上部に半透明のビニールを使用することで「バックの中が明るくって亀大喜び~」
の設計が自慢でしたが、
「亀大喜び~」ではなく、「亀大暴れ~」になってしまいました。
上が明るいから、そこから脱出できるのではないか、と余計な期待を
持たせてしまったのでした。

こんな風に、やたらつかまり立ちして
外に出ようと必死なメロン。
再現画像

もちろん、実際はファスナーを閉めていましたので、出て行くことはできないのですが、
バックの中の箱に手をかけて懸垂、顔面をぴったりビニールに押しつけておりました。

ここでも「半透明」が災いし、中途半端に透けて見える爬虫類のなんと不気味なこと。
カメは甲羅があるから不気味さが半減し、「なんとなくかわいいキャラ」を保っているというのに、
肝心な甲羅はよく見えず、禿頭と鱗に覆われた前足だけがやけにクローズアップされた
状態で映り、飼い主ですら「こ・・・・・こわいわ」と引く有様。

そこそこ混んでいた車内でわたしの前に立っていたご婦人がこの物体に気付き、
あわてて移動していきました。


やがてメロンは、ファスナー付近のビニールを前足で引っ掻き始めました。


Fn17XJUamamQ1c8.jpg
爪を突き刺した跡

爪を食い込ませることはできても抜くことができないので、
前足が天井に引っかかった状態でバックの中で宙づりになる亀。

やむなく、わたしはすこしファスナーを開いて片手を突っ込み、
引っかかった亀を取り外し、正しく置き直しました。

ところが諦めの悪いメロンは、何度も立ち上がり、
爪を突き刺し宙づりになるので、
わたしも何度もバックに手を入れなければならず、
しかも引っかかる場所によっては、かなり大きくファスナーを開かねばならず、
あきらかに「変な生き物をカバンに忍ばせている女」でした。

垂直方向のサイズ感に疎かった自分を大反省しつつ、
なんとか病院にたどりつきました、




この日の待ち合い室は
リクガメ(メロン)、アカミミガメ、チンチラ、犬。
犬が珍獣に思える不思議な比率。



検便とレントゲンをお願いすると
先生は半年前のレントゲンと比較してくださいました。

薄かった甲羅は、やはりいまでも薄いのですが、
わずかながら改善しているとのこと。
成長スピードが落ち着いてきたため、と思われました。

ついでに前から気になっていた腹甲の凹みについて聞いてみたら、
「大丈夫ですよ、こんなものでしょう」とあっさり回答いただけ一安心。

検便結果も問題なく、無事に診察終了しました。


やれやれ、
また電車に乗るのか・・・・と面倒くささ120%の気分で
家路につきましたが、
診察終了を理解したらしいメロンは、(あるいは暴れすぎて疲れたか?)
帰り道は嘘のようにおとなしく、じいいっとしていてくれました。


ダイコンと相部屋だって文句は言いません。

b2hFDxTM6l37rv1.jpg


最初からこうしてくれたらよかったのに、メロン。
ま、ビニールが裂けなかっただけでもよし、としなくちゃね。


う~ん、次のお出かけまでに対策しなくては。

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

あはは、開いてしまいましたか・・・穴ww
うちもバギー側面のメッシュ部分がいつ破けるかとヒヤヒヤしていますe-445
次回お出かけバックを作られる時は「カメラバック」とか参考にされると良いかもですe-446
イチコさんならリベンジで素晴らしいお品が完成する事でしょう♪
ことらは「お手製」はできないので買いあさっていますがw
最近はイチコさんの作品とても楽しみにしていますe-343

あははははー
せっかくメロンちゃまを思ってのの明るい袋だったのに出られると思わせてしまったのですねー
たしかに持ってるカメ本のどれかに暗めにって書いてあった気がします(笑)
でもビニールにツメを突き刺すなんてメロンちゃんたら怪力娘なのねー
ヘンな生き物を運んでいる女って逆の立場だととっても怪しいですが飼い主としては「怪しくないんです!こんなにかわいいんです!」と出したくなるぐらいですよね

メロンちゃんの甲羅がちょっと改善したとのこと何よりです
がじも前回腹甲が軟らかいと言われたので今度の検診がドキドキです

帰りは大根に圧倒されたかな~^^
冷や汗がでましたね。 お疲れさまでした。

私は通院する場合、はじめからキャリーの出入り口を開け、
タオルを被せます。 亀は脱出しようとしますが、何気ない
顔をして(地下鉄とバス)、タオルを押し、誤魔化しています(笑)。

上から何かで覆われると、落ち着くのか、暴れなくなり、
移動中に眠る仔もいます。

だから、イチコさんブランドのキャリーは、使用法さえ気を
つけていただければ大丈夫です♪

うさぎ専用キャリーの場合、うさぎのハーネスとキャリーを
固定する金具が付いています。 リクガメにも使えそうかな?
イチコさんのアイデアで上手にいくと思います♪ うさぎ専門店
がお近くにあれば、商品開発のために是非ご覧くださいね。
特に我が家のうさぎのような超小型(1.5㎏)用キャリーは、
メロンちゃんにもすぐに使えると思います。 

素敵なイチコさんブランド、ますます楽しみです♪
通院お疲れ様でした^^;
前半の電車内での風景、想像しただけで笑ってしまいましたが
当人からしたらヒヤヒヤものですよね。汗
メロンちゃん、お外が気になっちゃったのでしょうねー。

うちの場合は明るいと暴れるので
ブリブリっとやってしまう恐れがあって(汗)
長距離移動の際は、大人しくしてもらうために
あえて暗い状態で運ぶようにしています。結局暴れますが(´Д`)

でも、またイチコさんの創作意欲が増すんじゃないかと
勝手に次回作を期待したりしています(冗談ですよー。笑)

検査結果ですが、まずまずのようでよかったですね^^
実は6月の体重が減っていたので密かに気になっていましたが
検便の結果も問題ないようですし、ある程度安定してきたので
このくらいなら許容範囲での増減なのでしょう。

何より甲羅のレントゲンが一番の吉報でしょうね!
イチコさんの涙ぐましい(特に精神的な)努力と
メロンちゃんのベランダ修業の甲斐もあったかな?
なるほど!
外が見えるとメロンちゃんが暴れてしまうというのは意外な落とし穴でしたね。
イチコさんのヒヤヒヤ模様が伝わってきました。
でも、これで新たなキャリーバッグのお披露目が確定したと思いますので、このブログ読者さん達は内心喜んでいるはずです。(←もちろん私も)

健診は概ね良好な結果だったようで、ひと安心ですね。
あの先生、先日の東レプで挨拶した時はハイテンションでしたので、やはり診察時以外は明るいお人柄のようです(笑)

帰り道はメロンちゃんがダイコンを食べようとしなくて良かったですね。
家に着いたらダイコンが短くなってたりして…(笑)
健診に行かれたんですね~ お疲れさまでした(⌒~⌒)
メロンちゃん、特に問題なくよかったですねo(^-^)o健康体♪

そっか~、上部が透明だと明るいからメロンちゃん的には落ち着かないかもしれませんね
外からも見えちゃうし…(メロンちゃんバンザイ状態とか、去って行ったご婦人を想像すると、ついニヤニヤしてしまいました(^。^;)すみません。) でも、アイデアは素晴らしいと思います♪改善作品、また楽しみにしてます(^O^)

大根もはいっちゃうなんて、やっぱりステキ☆(笑)
お久しぶりです!

カメの移動はほんとうに大仕事ですよね…
せっかくのバック…メロンちゃん、元気ですね^^
いや、電車やら、明るさやらで興奮したのかな。

診断も問題なく、何よりでしたね!
なんと!!
メッシュが破ける心配を・・・・(爆)
心配もスケールが違います~

カメラバック、なるほど。丈夫そうですね。

市販のお犬様バックとか、ときどきチェックしますが
デザインもオシャレで、「犬用」でなくても、
普通に持ち歩けそうなものが多いですね。
自作のメリットは「安上がり」でしょうか。
ちなみにあのキャリーバックは激安生地をゲットできたので
材料費900円です^^
そ、そうですか、「暗い」のがよかったのですね(恥)。
落ち着いて考えれば、突如密室に閉じ込められたと想定したとき、
明かりが漏れている方向に突進する気持ちはよくわかりますし、
「そりゃあ そうでしょう」と思います^^;

ビニール、そこそこしっかりしたもので、爪で穴が開くとは
まったく考えていませんでしたので、驚きました。
固い土も掘る爪ですから、ビニールごとき難なくぶち破るのですね。

前に立っていた女性がぎょっとした表情で去って言ったときは
おっしゃる通り「かわいいんですよ~」と訴えたくなりました。
やめておきましたが・・・・・。

甲羅、がじちゃんも急成長してますから、メロンと同じように
甲羅の強度がおいついていない可能性がありますね。
でも、カルシウムやビタミンDの添付、紫外線、温度湿度の管理など
飼い主が出来るだけのことをしてあげて、あとは時間の経過を
見守るしかないのでしょうね。

帰り道のメロンはダイコンの隙間で小さくなっていました(笑)。
タオルで安心して眠ってくれるなら、もう何枚でもかけちゃいます~
ありがとうございます、今のバックはそのままに、使用方法を工夫してみます。

地下鉄でバックの中のカメをタオル越しに押さえて移動(笑)。
さすがケイティママさんです。いちいちオタオタしないところが貫録です。

ウサギグッズ、近所のホムセンはあまり品数がないので、
次にペットショップに行ったときにウサギコーナーも覗いてきます。
バックを視察するつもりが、ウサギ買ってたりして(恐怖)。



電車の中で、カバンからちょこんと顔を出している
お犬様っていますよね?
だからちょっとくらい、亀の顔が見えたからって気にする必要は
ないはず!・・・・というのは建前で、
どうしてでしょうか、「隠し通さなくては!」と必死になってしまいます。

ああああ
やはりチェロさんも暗くして運搬ですか~
それが王道ですよね(いまさら何を)。わたしも王道に戻ります。

体重減少に気付いてくださってありがとうございます。
わたしも、発情期疑惑におろおろしてしまいましたが、
最近のメロンは再び落ち着いてきて、なにごともなかったかのような
食っちゃ寝生活です。
ちなみに今日の体重は914g、はじめて900台を見ました。
また重くなってきたようです。

甲羅、前回よりマシ、な程度で、まだまだ薄いんです。
引き続き、わたしもメロンも頑張らないといけません。

もう、落とし穴に首まですっぽり落ちましたよ(恥)。

他の方のお話で「暗くする」のがセオリーといまさら認識する事態です。
改訂バージョンの製作・・・・?と思いきや

あれはあのままでタオルかぶせればいいらしいので(喜)
ブログ読者のみさまの大きな期待(え?)
を裏切り、申し訳ございません^^;

診察室以外での表情を見たことがなかったのですが、
そうなんですか、テンション高いこともあるのですか~
あのいつもの「親族に不幸がありました」みたいな雰囲気は、
「ちゃんと診察しなくては」という緊張感なのですね。

ダイコンは購入時の長さをキープしていました(笑)。
小松菜だったら間違いなく半減でしたね。
ありがとうございます、甲羅が薄いこと以外はとくに問題ないようでした。

メロンは病院にも慣れてきたような気がします。
体重計の上で、初めて顔をちゃんと出していました(笑)。
いつもびびって引っ込んでいたのに。

電車で去って行った方は、「ひいい」と鳥肌が立ったようでした。
わたしも、もともと(今でも?)得意でない爬虫類ですから、
気持ちはよおくわかりました。
いまでこそ、メロンが首筋によじ登ってきても何とも思いませんが、
数年前のわたしなら、気を失っていたでしょう。

ダイコンも入っちゃうステキバックは、お買いものに便利です。
2ℓのペットボトルを余裕で寝かせて入れられます^^
飼育当初は、たった50g程度でしたので、
100均で買った、昆虫用プラケースで難なく運べたのですが、
あれよあれよと大きくなって、しかも暴れるようになって、

電車で30分程度の移動を「面倒だな」と感じるようになって
しまいました。
それでも、小型種のヘルマンですから、大型種の運搬に比べれば
どうってことはないはずです(笑)。

今回は明るさが敗因でした^^;
暗くしてあげれば大丈夫だったかもしれません。

病気や卵詰まりが見つからなくてよかったです。
同じ日に診察を受けに来ていたアカミミガメは、
なんと飼育25年目にして「初抱卵」だったそうです(驚)。
「食欲がないので連れてきたら、卵があるっていわれました」と
飼い主さんも驚いていました。
亀って長寿・・・・・と思い知った日でもありました。
健康診断お疲れ様でした。
何事もなく何よりでした。

メロンちゃん専用の素敵自作キャリーバックの構造が仇となるとは!
そう言えばうちのも微かに開いた空気穴に手をひっかけて開けていました。
少しでも灯りが見えると興味を持つんですね。

「変な生き物をカバンに忍ばせている女」www
逃げたご婦人は心底恐ろしかったのでしょうか。
中にはこんなにキュートな生き物しかいないのにね~♪

帰りは大根なんて入れられちゃった日には
「もうどうにでもして…」と諦めの境地に入っちゃったかな~^^

わあああああ~
バック突き破って宙づりですか~
メロンちゃんもやりますね~wwww
やっぱりお子ちゃまと思っていたけど
立派な大人よ甘くみないでってとこでしょうか

甲羅が少しずつかたくなっているようで良かったですね~
これからメロンちゃんの嫌いな夏の日光浴シーズン
仁義なき戦いがまた今年も繰り広げられるのでしょうね~
頑張ってください

大根と同居でも文句でず!!
というかかじられなかったんですか?
メロンちゃんの脱力ぶりが笑えます

そうそう、おむつですがいまだに補足できないのですが
最近は朝旦那さんが早番でいった後一緒に布団で
寝る時にかなり重宝させてもらってます~
お疲れ様でした。
大変でしたね・・電車の中での爬虫類との遭遇!!この考えにくい状況下での遭遇・・・さぞかしびっくりされたのでしょう・・・
う~ん、確かに甲羅を確認できなければ、怪しい生き物かもしれませんね。顔、鱗で覆われてるし・・・。
私の中での爬虫類ってのは〝ニョロ系〟のみです・・・あれはいけません・・・・あれは。

ところで、メロンちゃん宅にはシェルターって設置されてます?
シェルターに関しては賛否両論あるみたいですが、我が家では〝食べる→シェルター→食べる→シェルター〟の往復になってしまい、申し訳程度の紫外線を浴びる量に問題ありなので、ずっと設置していなかったのですが、カメたちのストレスを考えて今回、試験的に設置してみました。
予定通り、2匹ともシェルター生活にご満悦です!!
もう少し、様子をみることにします。
診察結果には安堵しましたが

道中は変な汗をかきました。

明るいとだめですね(確信)。
軍曹ちゃんも開けましたか~

前のご婦人は逃げて行きましたが
隣に座っていた人は、どんな顔をしていたのやら
こわくてチェックできませんでした。

混んでいる電車にせっかく座れたのだから
席を立ちたいのを我慢していたかもしれません(笑)。

ダイコンは邪魔だったと思いますが
文句いわずに受け入れてくれました。
それほどに疲労していたのかもしれません。
ちっこいヘルマンと甘く見ていました。
爪で穴を開けられるとは考えていませんでした。

ここ数日は気温が上がらず、メロンはベランダ放牧を免れています。
が、温かくなったら頑張って出て行ってもらいます。

ダイコンはビニールにくるまれているものでした。
バックのビニールに穴をあけられるのですから
ダイコンのラッピングなど朝飯前と思われますが

食べる気がなかったのだと思います(大根の味をしらない)。
よかったです。

nezhaさんとぺいちゃんの添い寝に使っていただけて
ありがとうございます。
わたしもときときその用途で重宝します^^
車内でのご婦人は、メロンを亀とはわからなかったかもしれません。
頭と腕だけが見えている感じでしたので(こわ)。

ニョロニョロ系はお得意ではありませんか?

わたしもです。

ニョロニョロに罪もなけれは恨みもないのですが

子供の頃、「みみず大量発生の通学路」を経験した
強烈な記憶から、手足のない生き物に対する恐怖心が
植え付けられました。

メロンのケージにシェルターはありません。

置いてあげたいのですが、狭くて・・・・・。
夜寝るときだけ、餌皿撤去してシェルターを入れてあげたいなあと
思っていますが。

昼間は、やはり籠ってしまうと
メタハラの光も甲羅に当てられないので、
我慢してもらっています。
この記事へコメントする















イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。