≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 また一難。 ・・・・でも去ったような(嬉) 

前記事からの続きです。


3週間の便秘が解消したメロン、これで一安心・・・・と思いきや。

次の日から いかにも「具合が悪いんです」
みたいな姿になってしまいました。

もともと食っちゃ寝のメロンでしたけど、冬の寒い時期でさえ、
朝は餌場でスタンバイ、というのが普段の光景です。
でも、そのメロンがいつまでも起きずにずっと寝ています。
そして寝顔はこんな感じ。



カメに眉毛はありませんけど、要するにいつもとは違う雰囲気。
眠くて寝ているというより、ぐたっとしているように見えました。

正午近くまで待っても動かないので、水分補給のためにも温浴をさせるのですが、
風呂(プラケ)の中でもずっとこの体勢で頭を持ち上げることもしないので、
水深は1~2cmと極浅。鼻の穴を水で塞がないぎりぎりのラインまでしかお湯を張れませんでした。


縦に抱き上げても、こんな様子で、



手足を力強く動かすこともありません。


なにしろ、わたしにとってメロンは初めてのリクガメ、しかも単独飼育です。
「体調不良のカメ」を見慣れていないので、
こんな様子を目の当たりにした衝撃たるや、文字にするのは難しいです。


もともと リクガメ飼育初心者がスキルアップを目的として始めたブログなので、
良いときばかりではなく、悪いときの記録もつけた方がよいのですが、
どうしてもカメラを向ける気にはなれませんでした。

写真がないのはそのためです。

かわりに、上手すぎて絶賛の嵐になりそうなわたくしの描写絵でお伝えしています。


こんなにぐたっとして、大好きなトレビスでさえ食べないメロン。
2度の通院で、レントゲンを含む診察を受けているので、
この原因としては卵胞が一番怪しいことはわかっていました。

だけど・・・・・。

いつ卵巣を取り除くの?
「いまでしょ!!」

とスパッと割り切る勇気を出すのは、簡単なことではありませんでした。
固い甲羅にメスどころかドリルで穴を開けるのですから、
どうしても、イメージ的に、犬猫や人間の手術を超える負担感があります。
昔、実家で飼っていた犬も去勢手術をしたし、わたくし自身も帝王切開手術をやって
いますけど、それと比べても(比べていいのか?)、カメの手術は恐いです。

そうは言っても、本当に必要なら切開してもらうしかないし、
ぐずぐずして手遅れになってはいけません。
わたしがやらなきゃならないことは
「卵巣を取りださなければならないほどの具合の悪さなのかどうかを冷静に見極めること」
これに尽きるわけです。



体調の目安は「自分で餌を食べられるかどうか」という原点回帰で、
トレビス以外にもメロンが好きそうなものを並べてみることにしました。


すると、リクガメフードとトマト、いちご、は自分で動いて食べることがわかりました。

甲羅を引きずるように動くとか、前足に力が入らないので頭を低くしたまま食べるとか、
不安要素は盛られつつも、


「まだ食べられる。」


通院バックをスタンバイした状態で、病院の診察時間を睨みながらの観察が続きました。

しばらくは元気も食欲もありませんでしたが、排泄だけは良い状態でした。


そしておよそ一週間。

たまっていた運コが出て行って楽になってきたのか、卵胞が退縮してきたのか、
要因はわかりませんが、メロンの調子は徐々に回復し始めて、
とうとう、朝、餌場に立っていました。
え?
立っていた、というのは四足でしっかり甲羅を支えて、頭を出して、の意味ですが。


今朝にいたっては、ケージのガラスから半身乗り出して「ごはんまだ?」と
言っていました。
え?
言っていたように見えました。

やっと撮れたいつものメロンです。

DSC_2688_edited_convert_20130419091549.jpg


前記事のコメント欄を見て、心配してお声をかけて下さった方、
黄色い尿について教えて下さった方、
産卵促進の注射について問い合わせさせていただいた方、
メス亀の抱卵中の様子について問い合わせさせていただいた方、
カメのメンタルについて語り合わせていただいた方、
田園調布動物病院の田向先生のブログ記事(卵胞について)の情報提供下さった方、
亀岡八幡宮のお守りを送って下さった方、


本当にありがとうございました。



孤独に子育てしていて育児ノイローゼになる女性の気持ちがよくわかるわ~と
思ってしまうリクガメ飼育。


そんな中で、「うちのカメはこんなですよ」とか「うちの主治医はこんなこと言ってます」とか
話を聞かせて下さる方がいるのは本当に心強く有難いことです。


ただ、あたり前のことですが、自分にいつも言い聞かせていることは
「決めるのは、飼い主であるワ・タ・シ」


だから、これから先、もしかして、またメロンの具合が悪くなって、
他のカメ飼いさんに経験談を聞かせていただいたり、教えていただくことが
あるかもしれませんが、
そのアドバイスをどう受け止めてどう動くかは、すべてわたしが自分で決めることなので、
どうか安心して(意味通じるでしょうか??)忌憚なくご意見をいただけたらと思います。


さあメロン、お日様が気持ちいい季節ですよ~


元気出して、もう一回り、がつんと大きく育って下さい!!




おまけ

わたしが「パチンコ玉のようなものがある」と思っていたのは
どうやら骨のようでした・・・・・・・



足のつけ根のこのあたり、左右とも同じくらいのものです。
抱卵が確認される前に触ったことがなかったので、すっかり「たまご?」と
思っていました。
もっと前から触っておけばよかったです。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

わぁ~ いつものメロンちゃんに戻りましたね(嬉)♪

そう、そうなんです。 どんなに貴重な情報を入手しても、
最後の決断は飼い主です。 自分の愛亀ですから♪

パチンコ玉はやはり骨でしたか。 嬉しい誤算ですよぉ♪

ますます愛おしくなってしまうメロンちゃんです。
おっ、メロンちゃん、落ち着きましたね♪
よかった、よかった!

緊迫した毎日から、チョット安心できる状況になって、ホッとしていることでしょう。
メロンちゃんもイチコさんも、美味しいものを食べて鋭気を養ってくださいね♪

「餌場に立っていた」メロンちゃんのくだり、咄嗟に後肢で仁王立ちの姿を想像したのは、私だけではない…と、思いたい…。(イチコさん、説明ありがとう!)(笑)
は~よかった~~
心配していました!
エサを欲しがるカメほど嬉しいことはないですよね
いつも元気なメロンちゃんだからこそ元気がないのは本当に不安ですよね
よかったよかった
詰まっていた物がスッキリしたのでしょうか
色々な方の意見もとても貴重ですが最終的には自分のカメにあった対応をしないといけないというのが難しいところですよね
がじもメスですから卵騒動はいつくるか分かりません
それ以外の体調の変化にもすぐ気づけるようにしないとと思いました

メロンちゃんの回復を本当にうれしく思います♪
良かった〜!
心配していました。
久々のエサ待ち姿を見た時はイチコさん、どんなに嬉しかったことでしょうね。
元気なメロンちゃんの写真を見ることができて、私もホッとしました。
普段は当たり前で気付かないけど、元気でいてくれることが何より1番嬉しいことですね。
冗談が言えるほど、イチコさんの心境も楽になったのだと思い
読んでいて何よりも安心ました^^

週末に遊びに来られたこたまりさんから
まりもちゃんの話なども含め
その後のメロンちゃんの様子は伺っていたのですが
メロンちゃんの復活は他人事に思えず嬉しかったです。

育児ノイローゼ、まさにそういう感じでしょうね。
最後に決めるのは飼い主ですが(私も同じ考えです)
色々な意見などを聞けるかどうかだけでも
気分的にかなり変わりますよね。
カメネットワークがあってよかったなと思いました。

これからも楽しいブログ、期待してます♪
あーよかったですねー^^
しゃべって様子を伝えることができない上、なんとなく様子がわかる哺乳類とはぜんぜん違う生き物を飼う大変さ。。。
うちもメスなので心づもりが必要だなと思いました。
これからも悩むこと多いと思いますが、その分楽しさもたくさん味わえると思うので、くじけずがんばっていきましょう^^
メロンちゃん元気になってよかったね!!
でも、調子の悪さは一体何だったのでしょうかね??
いろんな方のブログを読んでいて思ったのは、みなさん、本当にしっかりかめさんのこと見ているんだなぁ~~って。
自分なんか、それほど見てないのでは??(笑)
じゅまんもメロンちゃんみたいな感じの時あったような気がするけど気がついてない(笑)。
じゅまんが起きてこないと、無理やり起こしてご飯の前まで連れてきてる自分です

ペットの手術とかを決めるのは本当に飼い主自身なんですよね
前に飼っていたうさぎさんの卵巣の摘出手術の時死を待つか手術をするかの瀬戸際の時、やはり決断するのは自分でした。

これからもいろいろあるんでしょうが、一緒に頑張りましょうね(*^_^*)
メロンちゃん、よかった!
爬虫類って無表情だけど、表情っぽいもの、見受けられますよね。
(飼育歴浅いペーペーなので、気のせいかもしれないけど…)

イチコさんの描写絵、脱力系なのに、すごい迫るものがあります。
メロンちゃんの様子がまるで動画のように伝わってきました(笑)

このあとも健やかに乗り切ってほしいです。


そんな大変なさなかに作っていただいたおむつホルダー、
ありがたく装着しまして、お部屋散歩デビューさせました。
リクエスト通りシンプルだけど、
ボタンとか、密かに凝っていてかわいいです。
楽しそうにパトロールしてました。ありがとうございます。
メロンちゃん復活良かった~!
イチコさんも毎日気が気じゃなかった事でしょうが、無事いつものメロンちゃんに戻ってくれて何よりです。
イチコ節も戻って来たしホッとしております^^

♀は産卵絡みで、時期になるとホントに大変そうです。
家の陸は♂と思われますのでその心配はありませんが、レポートが凄く勉強になりました。
ありがとうございました。
ノー天気に飼っておりますが、いざというときの決断の覚悟はしておかねばです!

イチコさんメロンちゃんお疲れ様でした~。
メロンちゃんの元気な姿、とても嬉しかったです。
聞けば聞くほどまりもに似ているので他人事とは思えないほど心配でした。
そしてイチコさんのことも・・・。

メロンちゃんの眉毛付描写絵、この間まりもを吉○○動物病院へ連れて行った時、
まさにこんな感じでした。うちのは卵だったんですけどね~。まりももすっかり
落ち着いて食っちゃ寝の生活にもどってます。困ってるのはこたろぉでしばらく
まりもと離して生活させていたからか、前にも増してまりもにべったりです。
ごはん食べるよりまりもに寄り添っていたいみたいで体重減ったし~大丈夫
なのかしらって・・・心配事はつきませんね~。

なにはともあれメロンちゃんが元気になってよかったよ~

メロンちゃんがグッタリしている様子が手に取るようにわかるイラストです。
普段と違うっていうのは毎日真剣に育てているヒトだけがわかるんですよね。
メロンちゃん、ママが気がついてくれて良かったね~。

とは言え、気がついた者にとっては片時も無く心配で育児ノイローゼ状態になる気持ちはわかります。
私もブログをやっていて、いろんなアドバイスを受けましたらから
書いていて良かったと思います。
決めるのは自分ですが、決める選択肢が増えるのは有り難いですよね。

イラストの見方を間違っていました。
眉毛を目と思って見ていたから、「うわ、辛そうすぎ」と口にだしてしまいましたが
正式な見方をして、イチコさんから見たメロンちゃんってこうなのね~って
ちょっと微笑んでしまいました。
今度は元気すぎるときのイラストアップ希望~♪
メロンちゃん、元気になって良かったです。
おどおどと読み始めましたが、写真の姿を見て安心しました。

手術の事、全然気にかけたことなかったですが、ドリルで穴開けるんですね!
それには驚きです!


今度はうちの娘がおかしいです。
眠り続けてる。。
一応足とか触るとビクッと動くので、それで生存確認してる感じです。
メロンちゃん、経過監察とのことであれから気になっていましたが、さらに食欲が出てきて普段通りになったのですね(≧∇≦) よかったです!!
そんなにぐったりしてしまっては、めちゃくちゃ不安になりますよね。。うちのケン太子も、お迎え当初は状態が悪かったのでそんな感じでしたが、成長してからは一度もそういうことがないので、今そういうことがあったら心配で仕事も手につかないかも(*_*)
イチコさんの今回の記事で、私も勉強になりました。
メロンちゃん、これからまた元気に過ごそうねo(^-^)o
よかったです
ぐったりしたジュリアの口にリクガメフードを一日一粒食べさせるのがやっとだった頃(まさにイラスト状態)
元気なリクガメを知らなかったのでそんなに心配もしてませんでした
もちろん押しつけられたばかりで愛着もなかったし
でも今ジュリアがそんなになったら
・・・・・
どんなに心配だったでしょう
まだ心配はつきないのでしょうが
メロンちゃんの元気な姿元気なイラスト楽しみにしてます
メロンちゃん、復活してよかったですね〜。
テンもこのところ季節の変わり目を感じているのか、暑いくらいの日は大ハッスルして、昨日今日みたいに急に寒くなった日は、大人しかったりと気候に敏感な行動をしています。

イチコさんの描くメロンちゃんの表情がすごく伝わってきます。
ほんとに調子が悪いのか、ただ動きたくないだけなのか、どこかにサインがほしいものですね。

最後の元気になったメロンちゃんの写真、ケージのお守りが素敵です。うちも毎年初詣でペットのお守りを頂いてます。ワンコのニャンコの絵が書いてありますが、1年健康にって神頼みしてますよ〜。(笑)
メロンちゃん、たくさんお日様に当たってお散歩してね〜。
このたびは、お気遣いいただき本当にありがとうございました。
カメは「あれ?なんか様子がおかしい」と思ってたらあっという間に
死んでしまう、そんな生き物だというイメージがあるので、
とても怖かったんです。
そのあたりの感覚が犬猫と違いますね。

尿の色は、パプリカを辞めたらすぐに無色に戻りましたので、
食べ物の色素の影響だったようです。
元気な時ならともかく、弱っているときにはちょっとした違いでも
「病気か??」と疑ってしまいます。

パチンコ玉は抱卵していないカメにもありました(汗)。
よそさまのカメを触らせてもらったんです。
いつか本当のお卵を触診する機会があればちゃんとわかるように
なるのでしょう(笑)。
ありがとうございます、ぐったりは解消しました。よかったです。
ペットの具合が悪いだけで、こんなにも人間のメンタルに響くのか・・・・と
思い知った期間でもありました。

本当に餌場で仁王立ちしていそうなキャラのメロンですが、
残念ながらまだその能力を身につけていないので^^;
四足で立っていました(笑)。
でも、久しぶりに見た立ち姿だったので「おおおおおお!!」と
感動してしまいました~
一人っ子だと比較対象もいないので、少しの異常にもおろおろになってしまいます。
このくらいなら大丈夫、とか、これは病院に直行だ、とか、
判断する目が養われておりません。

変人扱いされそうなので、おおっぴらに言ったり書いたりできませんが、
メロンは今回、病院での診察が「精神的に」相当きつかったように思えました。
総排泄孔の触診だったり、エコーだったり、ひっくり返されての診察時間が
長かったうえ、飼い主のわたしまで、メロンの足を押さえる役だったので
裏切られた感、とか、そういうショックもあったのではないかと思えました。

飼い主が心配のあまり、しょっちゅう病院に連れて行きすぎて
カメがストレスでどんどん悪くなる、という話も聞いたことがありますので、
そういう意味でも、どのタイミングで病院に行くか、ずっと迷っていました。

結果的に、時間の経過とともに自然に回復してくれたのでよかったですが、
意外に賢いのね?カメ。と
あらためて感じました^^;

がじちゃんも成長が早いので、もう抱卵可能な体格ですよね。
「うちの子に限って、まさか・・・」な事態がきっときますよ(笑)。
独身でも産んじゃいますからね~~



ありがとうございました!
田向先生のブログ、タイムリーで参考になりました。
もしかして同じようなお卵関係の診察が多いんでしょうか・・・・??
あんなにお腹の中が卵だらけになってしまったら、
そりゃあ、食欲不振にもなりそうですね。
メロンもみかんちゃんも女の子ですから、他人事ではないですね。

本当に、ただ普通に頭を出してくれるだけでこんなにほっとするなんて、
というレベルでした。
今朝も元気にのしのし歩いています。嬉しいことです。
こんにちは

メロンちゃんの体調、一段落して落ち着いたみたいでよかったです♪
我が家はうさぎですが、具合が悪そうだと自分の不調より不安になっちゃうから、イチコさんの気持ちもよく分かります。
食欲は健康のバロメーターですものね^^ メロンちゃんもご飯を食べる気持になったのなら、つらいのが少しづづでも治ってきているんですね^^ 本当に良かったです^^

我が家のうさは昨日健康診断に行ったのですが、病院、かなり混み合っていて、先生のお話では「先週末の急な冷え込みで体調不良を起こして急な診察の子が多いんです; もうペットヒーターしまっちゃった家もあるようですが、まだ設置しておいて下さいね」との事でした。(我が家はペットヒーターもストーブもまだだ出しっぱなしです、と話したら、ほめられました^^;)
カメさんも急な温度の変化に弱い気ような気がするので(違ってたらごめんなさい;)、イチコさんもメロンちゃんの温度管理とか気をつけてあげて下さいね。

イチコさんも風邪引かないように気をつけて下さい^^
基本的に、他人さまの目に触れる文章なので、
ブログは楽しい感じでやりた
いんですが、
やっぱりメロンの調子が悪いとじめじめした空気感が
漂ってしまいますね。

あれからメロンは亀が変わったように表情が活き活きしています。
ほんのちょっとした動作、例えば首をかしげてこちらを覗うとか、
そんな動きが見られるととても安心します。

亀ネットワークには本当に助けていただいています。
ろろさんのお店はもはやリクガメステーション化してますが(笑)、
ある意味強力ネットですね!
うちもご近所なら遊びに行くのに~~と残念です^^;
ありがとうございます、おかげさまでメロンは元気です。
部屋をのしのし歩いては、興味のあるものに近づいていきます。
あんなにぐたっとしていたのがウソのようです。

メスは大きくなるとどうしても卵絡みの心配ごとが出てきますね。

ペットが頼りに出来るのは、飼い主だけですから、
しっかり見ていてあげないと・・・・と思います。
ご心配いただきありがとうございました。
そうですね、他のかめ飼いさん方、みなさんしっかりケアなさってますね。
じゅまんちゃん、気づかない程度の体調の波なら、きっと重篤な感じでは
なかったってことですね。
人間だって、「なあんか、今日は調子悪いわ~」って日もありますもの。

メロンの不調、生理痛みたいな感じなのか??と勝手に解釈していますが、
本当はどうなのか、話してくれないのでわかりません^^;

ウサギちゃんにも卵巣摘出問題があったのですか。大変でしたね。

そう、これから先、ペットを最期に看取る日が来るまで、
事あるごとに飼い主が決断していかなくちゃならないんですよね。
大事な家族の一員ですから、ベストな選択をしなきゃです。
ご心配くださってありがとうございました!

メロンのぐたっとした感じ、お伝えできましたでしょうか。
絵にすると若干笑えますが、実物は笑えなかったです。
写真を撮るのは無理でした。遺影になったらとうしようなどと不吉な考えが
頭をよぎりました。

ポッチンちゃん、いやがらずにおむつを着てくれますか、よかったです^^
生地が地味目だったのでワンポイントを付けました。
洗濯の邪魔にはならないはずなのですが~(笑)
メロンが元気になるのと比例して、ブログの阿呆度が増していきますが、
言いかえれば、くっだらない記事が続いているということは
メロンの調子が良いということです。あは。

オスはオスなりの大変さがあると聞きますから、
(発情フィーバーがすごすぎるとか)
きっとお互いに「なんじゃこりゃ??」とパニくりながら
亀育をすることになりそうですね。

メロン自身も自分の不調に戸惑っていたんだと思います。
亀も人も、どちらも初心者マークです。
いろいろ教えて下さってありがとうございました。
とても参考になりました。

こたまりさんのところにはオスもメスもいますから、
両方の楽しみと両方の心配があるんですね。
でも、いつか、かわいいベビーが見られるかもしれませんね。

こたろおちゃん、体重が減るほど女子にへばりつきたいんですね(笑)。
チェロさんの後ろにもついて歩いてましたよね。
隔離された姿は哀愁がありましたよ・・・・^^;


市谷亀岡八幡宮の威力、半端ないです。
お守りを吊るしたその日から、ぐんぐん回復していきました。
ほり子さまさまです。
本当にありがとうございました!

ほり子さんのカメネット、すごく広くて充実していそうです。
全国の軍曹ちゃんファンからあっという間に情報が集まりそうな感じです。
そして、ちょろっとわたくしにも横流ししてください(ちゃっかり)!


絵の上手なほり子さんに見られるのは猛烈に恥ずかしいですが、
全力で描いてあのレベルでございます(笑)。
そうなんです、わたしが見たメロンはあんな顔です。
元気な姿は、描かずとも写真に撮れますから・・・^^;
良かったですね。
しかし市谷亀岡八幡宮の威力は凄いですね。
そんなところがあるとは知りませんでした。
我が家も何かあった時はすがりたいですが無い事を祈ります。
カメの眉毛何となく解るような気がします、元気な顔、怒ってる顔、調子の悪い時の顔って違いがありますよね。
でもカメ飼ってないと同じ顔じゃんと言われそうですが(笑)
今年は気温差が激しく天候もおかしいので体調も崩しやすいですよね。
> メロンちゃん、元気になって良かったです。
> おどおどと読み始めましたが、写真の姿を見て安心しました。
>
> 手術の事、全然気にかけたことなかったですが、ドリルで穴開けるんですね!
> それには驚きです!
>
>
> 今度はうちの娘がおかしいです。
> 眠り続けてる。。
> 一応足とか触るとビクッと動くので、それで生存確認してる感じです。
ご心配おかけしましたが、いまは元気に動いています~

> 手術の事、全然気にかけたことなかったですが、ドリルで穴開けるんですね!

・・・えっと、すみません、これ正確じゃないです。
ドリルなんだか電動カッターなのか、のこぎりなのか、よくわかりませんけど
要するに固いものをウィ~~ンってカットする機材です^^;

ぴぴちゃん、寝てばかりですか?
最近寒いからかしら・・・・・。

お散歩の画像を拝見しました!
ハーネス使っていただきありがとうございます~

ありがとうございます~~

特別なにかをしたわけではないのですが、日が経つにつれてだんだん元気になって
くれました。たまごが退縮してきたのかなあ・・・・。こればかりは
触ってもわからないし、エコー撮るしかないですけど、元気ならまあいいや、と
あれから病院には行っていません^^;

ケン太子ちゃんはお迎え当時大変だったのですね。
わたしは、そういう意味ではやっぱりカメのことがよくわからないんです。
今回の、この程度のぐったり感で、この動揺っぷりですから、
いよいよ深刻な事態がきたらどうしていいやら・・・・・。

おそらくブログ上で負のオーラ出しまくりになりそうですが、
そんなときはアドバイスよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

おむつ作成時、ジュリアちゃんの写真を初めて見せていただいて、
正直びっくりしたんです。甲羅の形がかなり個性的・・でしたので。
弱っているジュリアちゃんをお迎えして、たくさん可愛がって、ここまで来たのですね。

「知らぬが仏」といいますから(いいのか??)
よくわからないうちに体調が復活してくれてよかったです。
きっと今なら、ある程度リクガメ知識も入っているから、心配度が半端ないと思います。

メロンの元気なイラストは・・・・うふ
登場しないでしょう、きっと。写真がいいですよ写真が。
元気なときなら、躊躇なくカメラを向けられますから~
ご心配いただきありがとうございました。

テンちゃんは気候によって動きが変わるのですね。
メロンはあまり差がないので、いつもと違う様子のときは「具合悪いのか??」と
思ってしまうんです。

ぐたっとしているカメの様子、わたしの目にはあんな感じに見えました。
完全に眉毛下がってます。
そうですよね、調子悪いなら悪いで、わかりやすく表示してほしいですね。


> うちも毎年初詣でペットのお守りを頂いてます。
さすがです。テンちゃん、猛烈に愛されてますね!
ご心配いただきありがとうございました。

やっと以前の、よく食べるメロンに戻りました。

そうですか、気温の乱高下で体調不良のペットが多いのですね。
ウサギもデリケートなイメージありますから、気をつけないといけないのですね。

亀は、「サーモスタット」という温度管理装置に接続したヒーターや保温電球で、
必要な時に温められるような豪邸に住んでいます(笑)。
真冬でも亀部屋だけは常夏です(大笑)。

むしろ人間の方が温度差にやられております。


この記事へコメントする















イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910