≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いってらっしゃい、おかえりなさい 

7月17日  午後

       夕方、ペット斎場に出かけるまでの間に
       家の掃除をする。
      
       ケージの床材を捨て、ガラスを磨き、 
       保温球とスポットライト球を外して、
       すべてのコンセントを抜くと、サーモスタットに「28度」と表示されていた
       液晶画面が消えた。
       ベランダの囲いを撤去し、水入れも片づける。

       作業の傍らにはメロンがいる。

       「古いお家は片づけて、新しい居場所を作るからね」

       お骨壺を置く場所にはリバティプリントの素敵な布。
       一輪挿しにひまわりの花。
       ひまわりのあざやかな黄色と茶色はヘルマンカラーだもん。
       我ながらセンスが良い。


申し込んだペット専用斎場は、「ポチたま霊園」。
その名から、犬猫だけか?と心配したけれど、そんなことはなく、
カメも大丈夫でした。
最寄駅のJR大船駅で、学校帰りの娘2人と合流することにしていました。
ところが、長女が予定時間をオーバーしての到着。
聞けば、学校の終業時間を勘違いしていたために、待ち合わせ時間に
ここにくるために、あわてて学校を早退してきたのだとか。

「先生には何と言って早退したの?」
「ペットの葬儀って。」
「そしたら?」
「何のペットかと。」
「・・・・で、言ったの?」
「うん。カメって。先生はう~~~~んと言ってた」

カメの葬儀で学校を早退って、前代未聞かと思われましたが、
いまさらどうにも取り繕えそうにありません。
明日、早退理由を書いて押印して提出させなければなりません。
昨日のうちに個人面談が終わっていてよかったです。
でなければ、わたしもこってり絞られそうでした。

大船駅からはタクシーで斎場に行きました。
静かで温かみのある斎場です。

 

祭壇でメロンを横たえ、周りにお花や野菜を並べました。
死んでしまったカメは、抱き上げて手足がだらりと下がるでもなく、
硬直して固まってしまっているわけでもなく、
本当に、生きて熟睡しているときの感じと同じでした。
手足は適度に潤っていて、前足はふっくらしていて、
頭の皮膚も柔らかでした。
哺乳類なら体温が失われたことで死を実感できるのかもしれませんが、
爬虫類なのでそれもないのです。
「死体」という言葉からイメージするものとはほど遠くて、
どうしてこの子を火葬しなければならないのかわからなくなりそうでした。

IMG_20140717_170533.jpg
IMG_20140717_170527.jpg

「どうぞ触って、お別れして下さい」と言われ、
3人でメロンの甲羅をなでました。
そうしてみんなで泣きました。


IMG_20140717_170455.jpg
IMG_20140717_170257.jpg
IMG_20140717_170245.jpg


火葬炉に入ってからお骨になるまでは別室で待機します。
甲羅を持つカメは、小型の犬猫よりも火葬に時間がかかるそうです。
3人でメロンの話をしたり、そこにいた斎場の犬やネコを触ったり、
お弁当を食べたり、宿題をしながら過ごしました。
現実離れした悲しみと現実の生活がいっしょくたになる妙な空間。
それでも3人でいたから、昨日わたし一人でメロンと対面したときに比べたら
ずっと気持ちがらくでした。
「わかちあう」という月並みな言葉は実際そのとおりなんだな。


火葬炉から出した後、お骨上げしました。
真っ白なお骨になったカメを見るのは3人とももちろん初めてだし、
「これが股関節です」などと説明されると
身を乗り出して「ほおおおお」と見て、ここは理科室かと思いました。
祭壇での悲壮感はなくて、壺に上手に骨を移し入れる作業に集中しました。

頭蓋骨がなくて、下あごの骨が見えました。
甲羅は一枚一枚ばらけるので、ドーム型を維持しているわけでは
ありませんが、喉甲板とか腹甲羅は大きな形で残りました。
「・・・・これはうんちですね」と除けられた部分は意外に大きくて、
入院してからはほとんど何も食べなかったことを考えると、
やはり自宅ではかなり食べていたのかなと思いました。


お骨壺カバーは、桃色、水色、紫色、橙色、黄色、黄緑色、の中から
好きなものを選べました。
娘たちが「メロン色」の黄緑色を選びました。


帰りは、斎場の方が車で駅まで送ってくれました。
お骨は次女が持ちました。


Y4_6Se_ZsY7gfTr1405638952_1405639235.png


メロンはお骨になって家に戻りました。



スポンサーサイト


イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。