≪ 2017 09                                                2017 11 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 色褪せない記憶 

2014年7月15日
入院していたメロンを見舞った日です。

これは生きているメロンの最後の写真で、
すでに載せてあったものですが、
IMG_20140715_095204.jpg

わたしの頭の中の「最後の姿」は別のものです。
写真はありませんが強烈に心に焼きついています。

あの日、手早く面会を終えて看護師さんにメロンを返し、
持参した餌を預けました。

入院している子は診察室とは別の扉から病室に戻るのですが、
いつもならプラケースに入ったメロンをすぐに病室に運ぶところ、
このとき看護師さんは、
病院から出ていくわたしの姿が見えるようにメロンを抱いて見送ってくれたんです。


まさかこれが本当にお別れになるとは、思っていなかったし、
おそらく看護師さんもそういう意味で「バイバイ」させてくれたとも
思えないのですが、
結果的にさよならの挨拶になりました。

これが、わたしが最後に見たメロンの姿です。
snap_melontortoise_2014123225021.jpg


メロンは、優しく微笑む看護師さんの腕の中でしっかり頭を持ち上げ、
まっすぐにわたしを見ていました。
半年近く経ったいまでも、はっきりと思い出すことができます。


わたしは、メロンが息を引き取ったその場に居合わせていません。
亡くした直後は最期を看取れなかったことを悔やむ気持ちもありましたが、
いまは、一番つらい時間を獣医さんに引き受けていただいた、と考えています。

もし、自分の目の前で死んでしまっていたなら
もう二度と生き物を飼おうという気持ちにはなれなくなってしまったかもしれません。

4年半リクガメを育ててきたけれど
できるようになったのは、爪切りと嘴削りくらいなもので、
特に病気もしなかったので目薬も点鼻薬も輸液も強制給餌も経験がありません。

ペットロスを癒すには新たにペットをお迎えするのが一番、と聞くし、
そのとおりだと思うのですが、
リクガメ飼育スキルを磨いたわけでもないしなあ・・・と感じているうえ、
「かわいいベビー」をお迎えすることになんとなく違和感を覚えているので、
ショップを見に行くことはありません。

ただ、
リクガメを育てる器具一式はそろっていることだし、
突然切れてしまったメロンとの縁を、別の形で繋ぎたい気持ちが強いので、
飼い主さんの事情で里子に出さざるを得なくなった亀、
保護された捨て亀、迷い亀、
こういったお話には自分からアプローチしています。

いままで2件、里親に立候補したのですが、
1件はギリシャの4歳メスで、地元愛知県近隣で里親さんが決まり、
もう1件は「顔に赤い模様がある亀を保護しています」という張り紙を見て
アカアシの可能性もゼロでないので連絡してみたところ、
アカミミカメで、しかも飼い主さんのところに無事帰れたとのことで、
いずれもご縁がありませんでした。


こうしてご縁がないうちは、
きっとメロンが「まだわたしのことだけ見ていて」と思っているからだと
勝手に解釈して、
運命の出会いがあるのを待ってみようかなと思っています。


それに、カメ飼いでなくなってしまったわたしですけど、
かめおむつとハーネスのおかげで、リクガメとの関わりはなくなることなく、
全国に親戚の子供が増えている感覚でいられます。
おむつを着けたカメの写真を送っていただけるのは、とりわけ、楽しそうに動いていたり
気持ちよさそうに寝そべっていたりする姿だったりすると、本当に嬉しいです。
メロンが生きていた時だって、もちろん同じ嬉しさはありましたけど、
亡くしてしまってからは違う感情も加わって、ぴったりくる日本語が見つかりません。


今日はクリスマス。
ウチの娘たちは大きくなったので、もうサンタのふりをして
プレゼントを仕込む仕事もなくなって、らくちんになりました^^.。
クリスマスツリーを飾るのもさぼってしまいましたけど、
我が家で唯一、クリスマス気分を味わえるコーナーがここ。


melon.jpg
メロンのそばには雪だるまとトナカイが寄り添います。


おまけ


このブログ、トップページを開くとタイトルとともに
いやでも目に飛び込んでくる「鳥に乗って空を飛ぶメロン」。
これを描いたときはこういう↓イメージだったのですが
キント雲

今はこうなりました。
パトラッシュ




























スポンサーサイト


イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。