≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2015備忘録 手作業編 

新年のご挨拶記事のあとに
昨年の思い出を綴る間抜けさですが、
自分にとってそこそこ大事なことがらがありましたので、
鼻につく感じで(←要するに自慢)書いておくことにしました。
てへ。


もともとは好き勝手に自己流にやってきた手芸でしたけど、
他人様からお代金をいただくようになった重圧から、
およそ5年間、お教室に通っておりました。

刺繍は大塚あや子先生にご指導いただき、
2015年3月にステッチ上級講座を修了し、講師のお免状をいただきました。
フランス刺繍
アッシジ刺繍
ハーダンガー刺繍
リボン刺繍、
ビーズ刺繍、
ミラー刺繍、
カットワーク、
パンチワーク、
キャンバスワーク、
あと・・・なんだっけか。
とにかく、いろんなことをひと通り教わりましたけど、
最終的には老眼と肩こりとの戦いでした。
やりたい気持ちに体がついていかない情けなさを感じつつ、
なんとか続けられてよかったです。

大塚あや子先生は、刺繍の糸運びの美しさはもちろんのこと、
花でも生き物でもとても素敵に表現なさるので、わたしは大ファンなんですが、
ご本人にうかがうと、下絵は本当にざっくりしたものしか書かれないんだそうです。
頭の中でイメージしたものを、そのままダイレクトに糸と針で絵を描くように
あっというまに浮かび上がらせてしまいます。
色選びにも迷いがないし、判断もとても速いんです。
作品は決して奇抜なものではないのに個性的。
上品でかわいらしくて華やかで親しみやすくて、
先生ご自身のお人柄もまさにそのようなので、
やっぱり作り手の人格がにじみ出るものなのだなあとつくづく思いました。



バッグやポーチなどのいわゆる袋物は、
ユザワヤ芸術学院に通室し、2015年9月に講師養成講座を修了、
自分で教室を持てる看板をいただきました(その予定はないけれど)。

また、秋の作品展に出品した
大型種用のカメキャリーバックで佳作賞をいただきました。

もちろんカメ以外のものを入れても大丈夫なんですけど
(犬用にお作りしたこともありました)、
水平姿勢を保てるように、底から抱え込んで
吊り上げるベルトを付けているのが特徴です。
身体の前で抱えて持ち、ときどきカメ(またはその他)の様子を
覗くこともできますし、
リュックのように背負えば、足下の視界が遮られずに歩けて、
とりわけ階段の昇降時に安定した使用感が得られます。
(ユーザー様からのご感想です)
モノが大きくてイベントなどで陳列するには場所をとりすぎるので、
なかなか数を出せないのですが、
佳作をいただけて調子に乗っておりますので、今年はもう少し出してみようかしら
と血迷っています。

前持ち↓
IMG_20150805_135806_2016010211583072e.jpg
背負い↓
IMG_20150805_135559.jpg
BPRQ8xjseGLGjXs1451702707_1451702997.png地味に佳作賞
VSFzHl1taLqUBdj1451703146_1451703382.png看板だけは立派


こちらの教室は、看板取得時に卒業してしまう選択もできたんですが、
講師の先生が同年代の楽しい方なので、研究生して残ることにしました。
新しく出てくる素材やパーツを使って試作したり、
手芸用品をまとめ買いして他の生徒さんたちと分け合ったり、
自由に楽しくやらせていただいています。
わたしがカメ好きだということを知って下さっている方が
「カメ柄の生地を見つけたから買っておいたわ」とこの上ないお土産を
頂戴することもあって、MelonMelon作品を支えていただいております。


・・・番外編・・・・・

家をリフォームするならどんなふうにしたい?と聞かれたら
「台所のない家にしたい」と本気で答えるほど
料理が嫌いなわたくしですが、
毎年のおせち料理だけは真面目に作り続けて○十年になります。

IMG_20160102_112524.jpg

続けてきて学習したこと覚書

・伊達巻は買った方がよい(紀文>わたし)。 当然か。
・なますと田作りはおばあちゃんにやってもらおう。
・数の子の塩抜き加減は、途中途中でチェックしないとあとで面倒だ。
・黒豆は、邪道といわれようとも、しわしわで固めに煮るのが好きだ。
・黒豆は、邪道といわれようとも、甘味と固さがいまいちのときは
 はちみつと電子レンジでなんとかする。
・栗きんとんは、やわららくゆでたサツマイモに栗甘露煮のシロップを
 テキトーに加えて練り混ぜるだけで大丈夫だ。
・肉巻きは、見栄を張って霜降り肉を買わずとも脂少なめのモモ肉の方が
 扱いやすいし食べやすい。
・陣笠椎茸煮は、欲張ってひき肉を詰めすぎると不格好になる。
・エビの含ませ煮は、正月気分を盛り上げるアイテムとして認識する。
 どう頑張ってもたいして美味しくできない。
・すべての料理に共通して、白砂糖は使わない。

以上。

そろそろ娘たちに伝授して引退したいものです。



スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

ブログ読んでる内に…ファンになってましたヾ(≧∇≦)ゞなんかこう純粋な優しさを感じ、少し冷静さを取り戻せた気がします

今の私は、重い足枷が…心だけじゃなくて体までしんどくて…。
イチコさんも日々、苦労や悩みお持ちだと思うのですが相談とまで言わないので私の話聞いてもらえたりしませんか?

耳を傾けて頂けるだけで有難いです
お返事を本当に心から待ってます。
ご迷惑な様であればコメントごと私のことも消してください。すみません。
今年もカメ共々よろしくお願いします。
この正月はリクガメ飼いにとっては大変日差しに恵まれました。
一緒に日向でポカポカダラダラ出来る幸せったら^^

病院通いだったユキオ君も日に日に体調が元気になって良かったね。
昨年は人並みに元気が目標でしたが、今年は誰よりも元気に飛び跳ねる(←カメの目標?)事ですね。

裁縫用語もカメの名前と同じ位に暗号のようですねえ。
たまに使うユザワヤが芸術学院なる物を経営されているとは全く知りませんでしたよ(笑)
これだけの物を取得したって凄すぎるわ。

おせちは一時期作るのに凝りに凝った記憶もありますが
太古過ぎて手順など掘り起こしても出てきてくれません。
今年なんて紅白なますのみで、他は重箱通販しましたw
でも一つ覚えているのは伊達巻は御節の手抜き料理。って事なんですよ。
卵焼きにハンペン(紀文)加えるだけでしたよね?
お料理上手なイチコさんが紀文に巻けるなんて、謙遜か錯覚ですよ~。
ちなみに私も黒豆は皺しわの方が好きです。邪道と叱られても好きだから仕方ないです。
だらだらなブログですけど読んでくださってありがとうございました。

かなっぽさんのお悩みが、ペットロスとか、
わたしにも経験がある内容だとしたら、
お気持ちに寄り添うことができるかもしれません。

お話をうかがっても心の沈みを解決することなどできるとは思えませんが、
誰かに向かって自分の感情を説明しようとするときには、
無意識に気持を整理して文字にしますので(わたしがブログを書き続きた理由です)、
そういう意味で、わたしに発信していただくことで、多少の落ち着きが得られる
かもしれませんので、よかったら送信してみて下さいね。

結果、「なあんだ、このやく立たず~」とがっかりされそうですが・・・^^;
新年おめでとうございます!
軍曹ちゃんも昨年は結石を乗り越えて、
ふたたび健康優良児な軍曹ちゃんに戻れましたね^^

ユザワヤのゆるいお教室なのに
「芸術学院」などという大げさな名称にびびりますけど
各地の大型店舗で開講しているみたいです。

伊達巻、ハンペン+卵で簡単だと聞いて、やってみたことも
ありましたが、思っていたよりは簡単じゃなくてがっかりした
思い出ばかりが強く残り、よって紀文に頼る現在です^^;
ほり子さん、たとえ太古にでもなさっていたのなら、
また始めればなんとなく思い出せますよ~
↑と、毎年やってるくせに一年ぶりの作業に記憶が飛ぶわたしが言う

黒豆、皺しわがいいですよねー
テレビで女優さんが「黒豆な皺ひとつなくふっくら仕上げる」と
得意げに発表しているのを見て
「えー、そこは皺しわにするでしょ」と毒づきましたよ。
ユザワヤ自体が近くになくて、ちょっと憧れな手芸品やさんというイメージでしたが、免状を頂ける講座があるなんて知りませんでした。私も今年は何か学んでいきたいなぁ……と思いつつ、日々バタバタ何もせずに過ぎてしまいそうです。(^_^;)

今年もよろしくお願い致します!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わたしも、ユザワヤで講習をやっているのは知っていましたが
お免状出てくるシステムだとは知りませんでした^^;
お免状もありがたいのですが、「ゴールドカード会員」になれたのが
とても嬉しいです~

こちらこそ今年もよろしくお願い申し上げます。
この記事へコメントする















イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。