≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 凸凹 

かめおむつ4、のその前に最近の様子を書きます。

まずは凸な話題。

23日にはじめて「とんぶり市」に行ってきました。
以前からみなさまのブログで「ぶりくら」「とんぶり」なる、
爬虫類の祭典があるということは知っていたのですが、

わたしが苦手とする「ニョロニョロした生き物」も多数展示されていると
いうことなので、自分には無理かもと尻ごみしていました。

だけど、やっぱり、行ってみたい。

ブリーダーのケイティママさんのところで産まれた孵化仔ちゃんも
見たいし、桑の木カルシウムのパウダーも買ってみたい。
それに、運がよければカメ飼いの方々にお目にかかれるかもしれない。

というわけで、勇気を出して足を運んでみました。

「かぷかぷわらって」のzerokoさんからデコレーションリーフを譲っていただける
というラッキーなお話もありましたので、現地で受け渡しのお約束をし、
これで生zerokoさん、生ケイティママさんとは確実に接触できるわ、と
わくわくどきどきしながら会場入りしました。

入ってみたら


「ヘビ大量」


あんなにいるとは思いませんでした。ヘビさんのブースの前だけ薄目で歩けばいいやと
甘いことを考えていましたが大間違いでした。

どちらを向いてもニョロニョロニョロ・・・・・・

空気穴を開けたお弁当箱のようなプラケースの中で、一匹ずつニョロニョロ。

一瞬足がすくみましたが、一緒にいた娘(中学生)が
「きゃーーかわいいーー」とテンション高く、あろうことかニョロニョロに突進して
行ってしまいました(驚愕)。


なんで?ヘビ好きだなんて聞いてないけど?


「みてみてー、お目目が黒くて小さくて超かわいいー」と
意味不明な発言を繰り返す娘。

やむを得ず、その肩越しに覗いてみると、


まあ、そういわれれば、そのように、見えなくもない、かもしれない、かも。


恐いもの知らずの10代のノリに気押されて、見るだけなら大丈かしらと
洗脳されたわたしは、正気を保ったまま場内を歩き、水棲カメさんやらトカゲさんやら
カエルさんやらも楽しく観察することができました。

そして、ケイティママさんブースの前で、zerokoさんとご一緒だったろろさん、
運よく同じ時間帯に居合わせることができたu-koさん(なんとカメに履かせる
成人用おむつを手にお持ちでした(爆))にもご挨拶することができました。
みなさん個性的、だけど共通点はとても優しい印象、の方々でした(嬉)。
孵化仔ちゃんも艶々で元気一杯でした。それは美しいニシヘルマンでした。


バーチャル→リアル


なんだかそんな感じで、とても感激しました。


わたしはネット世代ではないので、ブログを始める以前はネットを通じた
コミュニケーションにすごく抵抗があったのです。
変な事件が起こると「ネットで知り合った」なとど報道されますし。

今回、PC越しにしかお話できなかった方と実際にお目にかかれたことで、
自分の視野が少し広がったような気がします。

このあと、他の方のブログを拝読してみて、他にもお会いできたかもしれない
方々がいたんだなとわかり、惜しいことをした~と思いました。
またいつの日か、チャンスが来ることを期待したいです。


楽しかった「とんぶり市」のあと
先日メロンの定期健診に動物病院に行ってきました。


というわけで
ここから凹の巻ですが、時系列に書くと途中まではいい感じです。
後半落ちます。


朝、いつも通院に使っているプラケースにメロンを入れようとしたのですが
「入らない。」(←メロンでかくなっていた)

あわててその辺にあった紙箱に新聞紙を敷き、
前回電車内で運コされて困った経験から、今回はおむつを
はかせてメロンを入れました。

バックに箱を入れて電車に乗り込み、そのバックは膝に乗せました。

メロンが大暴れしているので膝の上でバックがゆっさゆっさ揺れています。
新聞紙を踏みつける音がガシャガシャと漏れています。

脂汗を滲ませつつ「もうすこし、もうすこし」と平静を装い車中をやりすごし、
病院の待合室でバックを開けました。

P1010598_convert_20111027092201.jpg

かめおむつ作成以来、メロン初の運コです。
しっかりキャッチされていました(しかも便秘してたので二日分)。
おおおおおおと密かに感動しながら、ナプキンについた運コは
袋に入れて検便に提出。ほかほか運コを検査していただけてよかったです。

尻尾と甲羅の間にめりこんだ運コ(汚)をおしりふきできれに拭き取り、
おむつ替えされると、
車内で暴れ尽くしたメロンは半ば放心状態で、じいいっとおとなしくしています。
冷えないように、おむつにタオルを挟んで保温し(chiharuさんヒントありがとう!)、
診察の順番を待ちます。

P1010604_edited_convert_20111027092735.jpg

メロンの視線の先には、おおきな水槽。
魚って、同じような顔に思えるけれど、口角によってずいぶん表情が違って
見えるのね。

ブラックアロワナのアロー君です。

P1010601_edited_convert_20111027092107.jpg

なんか、怒ってますか?


こちらは淡水ふぐのてっちゃん。

P1010602_edited_convert_20111027092249.jpg

微笑です。

と、

「あのう、そちらもカメさんですね」と見知らぬご婦人に話しかけられました。

「うちのコはミドリガメなんですよ」

P1010605_convert_20111027092332.jpg


聞けば、以前中耳炎(!?)を患い、現在は完治しているけれども、
定期的に診察を受けにきているのだそうです。

「かわいいですよね。家族とおんなじですよね。」と
そのご婦人はプラケースのミドリガメちゃんを愛おしそうに見ながらおっしゃいました。

そのとうりです、よおくわかります。


でも

ああ、だからわたしは周囲の人に「カメかわいがってます」と言えないんだ、と
思いました。

ちょっと変な人に見えるんですね、やっぱり。残念ながら。
これが犬・猫・ウサギ・せいぜいハムスターくらいならああそうか、で済むんですが。
本気でカメに「よしよし」言っていると、
ものすごく変わり者に思われるに違いないとわかってはいましたが、
この日、そのような場面を客観的に見て確信しました。
「カメ愛はこっそり」に限るのだと。


ぼおっとこんなことを考えていたら、メロンの診察になりました。
前回「薄い」と指摘されてしまった甲羅、今回はどうでしょう。

P1010608_edited_convert_20111027092418.jpg

P1010609_edited_convert_20111027092448.jpg


「うーん、やっぱり薄いんですよね」と先生はおっしゃいました。
「急激に大きくなっていますからね。ヘルマンはこういう甲羅になることが
わりとよくあるんですが。」

そうか、やっぱりこの夏数カ月屋外に置いたくらいで、簡単に硬くなっては
くれなかったのですね。

で、先生といろいろ相談した結果、

「週に一日絶食しましょう」

ということになりました。


成長速度を多少でも緩める目的で食事量を減らすのですが、
毎日の量を少しずつ減らすのでなく、週に一日断食するというのが
先生のご提案でした。


たしかに、毎日「もっと食べたいのに」と思うより、
週に6日はお腹いっぱい食べて、1日だけ我慢するほうが
ストレスにならないのかもしれないな、

とそのときはそう思ったのです。


でも、帰宅してからよくよく考えると
毎朝餌場でご飯をじいいっと待っているメロンの姿が思い出され、
どうしようもなく切ない気持ちになりました。


断食日は日曜日にするつもりです。
平日、わたし一人でメロンの視線に耐える自信はありません。


今日は最高の秋晴れというのに、
朝から気が重いわたくしです。


気分転換画像

zerokoさんにいただいた、デコレーションリーフ。素敵です。
P1010610_edited_convert_20111027092523.jpg
「とんぶり市」で一目ぼれしたカードホルダー。
P1010616_edited_convert_20111027092559.jpg
お値段は
一目瞭然ですね^^

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

かめおむつ、外出時にも大活躍ですね(≧▽≦)

「カメ飼ってるんだ~」と言うと
たいていの人に「えっ!?なんでカメ?」と聞かれます。
やっぱりめずらしいんでしょうね。犬・猫・ウサギと違うのは
哺乳類と爬虫類の違いでしょうか。
なので、たまにカメの話に興味を持ってくれる人には
カメについて(アツクならないように)語ってしまいます。
こうしてカメ好きな方が集まれるカメブログでは
思う存分カメのかわいさについて話せるので嬉しいです(*´艸`*)

週一で断食って!
その日はメロンちゃんの顔を見るのが辛いですね(ノД`;)
うちも甲羅がうすいって言われました。成長はうれしいですけど
甲羅のことを考えると、食事の量ってむつかしいですね。
こんばんは。
確かに、カメって犬猫のように「うちの子、可愛いのよ~」と
世間の人に大っぴらに言うのははばかられる生き物ですよね。
何でか分からないけど・・。
分かる人(カメ飼い仲間)には分かってもらえますけどね。

動物病院でちょっと凹んでしまったのですね。
特にヘルマンって食い意地が張っているし、なんでもあるだけ食べてしまうし、その結果急成長することも多いようですね。
飼育下のヘルマンは野生の何倍もの速さで成長しますものね。
断食日を決めてやってらっしゃる方もいますが、私はどうも
できなくって~。
ただ、冬場はえさを少なめにしたり、日によって調整はしていますが、それくらいかな。
ただ、これからの季節は寒くなって動きも多少鈍くなるだろうし、えさ食いも減るだろうし、断食しやすいかも?

理想はゆっくり成長してくれることですが、飼育下ではなかなか難しいですね。断食、頑張ってくださいね。
私もそのうち嘴カットするために動物病院に行かなきゃと思っています。
とんぶり市に行ったのですね!
うらやましぃ~。
来年こそは、行きたいなぁ~。

おぉ~、メロンさん、ついにおむつでうんぴしましたか!!
これを機に、おむつでなんでも出してくれるようになるといいですね♪
ウチのらるさんは、まだおむつでもりもりうんぴを出してくれません。
早くもりもりうんぴをキャッチしたーい!!

メロンちゃん、絶食ですか…あぁ、聞いただけで胃潰瘍になりそうです。
時々、えさに「嫌いだけれども食べて欲しいもの」を多めに入れるというのはいかがでしょう?
残すか、ガマンして食べるかは、亀さん次第です。
ウチの場合は、金時草や大根菜、ツルムラサキなどが多めにあると、半分以上残します。
あっ、でもメロンちゃん、嫌いなものはないかも?
凸と凹、しっかり拝見しました。
そういえばzerokoさんから伺っていたのですが
ヘビが苦手だとあの会場はちょっと・・ですよね^^;
私も実はヘビだけは得意ではないので、思った以上にヘビが多くて驚きました。

バーチャル→リアルの感覚よく解ります。
私はどちらかといえばネット世代で、しかもSNSなどが出来るもっと前
初期の頃にそういうのを経験しているごく稀なほうですが
会場で沢山の方にお会いできてあの感じがまた甦りました。
点が線になるというか、何ともいえないわくわく感がありますよね(・ω・)

メロンちゃんの件は会場でも少し耳にしましたが
やっぱり急成長による弊害はあるのですね。
断食は辛いですが、メロンちゃんの為に頑張るしかないですよね(´Д`)
若干水分野菜の比率を増やすなどして調整する方法もあると思うのですが。。

あ、私はカメを堂々と可愛がってますよー☆
散歩で人に囲まれても、カメ愛を貫きます。笑
案外知られていない生物なので、話せば意外と理解してくれるものですよ^^
初めまして、ヘルマン、ギリシャ飼いの壱子と申します。
うちにもメロンちゃんよりちょこっと大きいヘルマンがいますが、その子が今年の春から急激に食べ出して、急激に大きくなってるせいか、やっぱり甲羅が薄い感じがします。
病院にはよく行くんですが、特に改善策などは出なかったもののずっと気になっていたので、一日断食に納得してしまいました。
だけど!
断食日のうちの子の視線に、私も耐えられるか不安です(>_<)
けど、以前から食事量のせいかとは思っていたので、やっぱり決断のときかと思われます。
お互い頑張りましょう!

そして、めちゃくちゃかわいいおむつに驚きました!
我が家ではおむつを履かせる予定は今のところありませんが、これから履かせることになったらうちも手作りしたいと思いました(*^▽^*)
とんぶりお疲れさまでしたヽ( ´¬`)ノ
かわいいバッグをホントーにありがとうございました♪(≧∇≦)
もったいなくて飾っていますが来年のがじ散歩に使いたいと思います
ヘビいっぱいでしたね~
わたしは爬虫類全般好きで特にワニが好きなのでうれしい限りでした( ̄∇ ̄)
娘さんもハチュ愛が育っていますね
わたしはイチコさんの素敵さとお嬢さんのかわいさにも感動しました^^/

健診おつかれさまでした
次回はご一緒できたらうれしいです~
ンコの初キャッチ 見事ですね!
検査もホカホカのンコで正確に見られますね^^

メロンちゃんは大きくなるのが早かったから薄くなってしまうのですね…
そして絶食…
わたしには視線に耐える自信がありません
あのーえさー忘れてませんかー
という視線がきまくりでしょうね
家族の皆さんの支えで乗り切ってくださいませ

デコリーフはやっぱりメロンちゃんには小さかったでしょうか(汗)
zerokoさんとケイティママさんのとこで
イチコブランドのバッグを拝見しましたよ!
素晴らしかったです(゚∇^d)
おむつも大活躍ですね!!
気が向いたらいつでもうちにお嫁に来てくださいww

成長期の管理って大変そうですね。
うちは一番急激に大きくなる時期を
見る事が出来なかったので
ちょっと羨ましい悩みです♪

爬虫類ってメジャーじゃないですからね・・
猫や犬可愛さてみんな知ってるけど
亀の可愛さってきっと飼ってみないとわからないから!
亀飼いだけの特権です❤
亀ってこんな可愛いんだよ~と熱く語る私は
あたしは周りから見たら立派な変人でしょうw
そうそう、待ち合いで堂々と膝に乗せて少し誇らしげにさえしている方を見ると、ちょっと羨ましくなります(うちは見えちゃったら恐怖感を与えてしまいますし膝にも乗らない。爆)幸い、田向センセは珍獣Dr.としての認知度の方が高いので病院で好奇の目は少なそうですね^^
ナイスうんこキャッチ☆ やりました~(^▽^)うんこまみれニオイぷんぷんで診察室に入らざるを得ないのに、待ち合いでサササとおむつ交換出来てしまうなんて凄い!やはり優れモノですね。

人工飼育下では診察でハッキリ指摘でもされない限り、もしかしたら多くの仔がそうなのかもしれません。多分うちもそうだったかと。今は食べ盛りでもある程度成長すれば自然と食欲も落ち着いて、徐々に中身が追い付いてくるはずです。メスにとって食べることが何よりの楽しみですから、見てる方がちょっと辛いですが、桑の木Caで頑張りましょ!そういえば、うちのろくに餌も食べない偏食拒食の問題っ仔の方がちっこいけれど甲羅カッチカチだったりします^^;
やっと仕事してくれました、おむつ^^;

カメブログ、そうなんですよね、人目をはばからずに
カメ愛を語れる貴重な場です。
これがなくなったら、わたしはストレスで具合悪くなるに
違いありません。

え、にこちゃんも甲羅薄いと言われてしまったんですか。
よく食べて大きくなってくれて、喜んでいたのに、
甲羅が薄いなんて、ショックですよね。
カメといえば甲羅、甲羅といえばカメ、こんな大事な部分が
良くないなんて・・・・・。
飼育下だからこそ、飼い主がきちんと健康管理しなければいけないのに、
それがうまくいかないと、カメに申し訳ないです。

食事の量、考えちゃいます。
前回の健診では、食べるだけ食べさせてよし、ってことだったんですが、
やっぱり急に大きくなりすぎてしまったんですね・・・・・
動物病院では、お犬様はお洋服を着て飼い主様に抱っこされて
診察待ちしていました。
わたしも負けずに?メロンに服(おむつ)着せて、いましたけど、
ついつい一番端っこでこそこそしてしまいました。

断食日、考えれば考えるほどつらくなってきて、
なんとか他の方法で乗り切れないか、と考え始めてしまってます。
(まだ開始もしてないのに挫折が早すぎる~)

冬になると、餌食いも減るんですね。
食欲の秋まっただ中のメロンを見ていると永遠に大食いなんじゃないか
と不安になりますが^^;

yonyonさんちの亀吉くんとみかんちゃんの体重に肉薄してきて
しまって、メロン「早いかな」とは思っていたのですが、
ちょっとまずかったんですね。
わたし、カメのこと全然わかってなかったんだな、と
いまさらくよくよしったって仕方ないのに、塩振られたナメクジ状態です。
ニョロニョロちゃんいっぱいの中、がんばったねえ^^

やれば出来るイチコちゃんなのだあ^^

甲羅薄いのはこれからなんとかゆっくり成長さすんだどぉ~
おおおおお

えちんけさん、是非いらしてください、って開催が?だそうなので、
とんぶりでなくとも、上京してください!

運コはたぶんしっこよりは漏れにくいと思います。が。
尻尾と甲羅の隙間に入ってしまうとキタナイ~~
でも
腹甲でプレスし、四肢で踏みつけ、爪と鱗の間に入り込む運コ
(想像したくないが)よりはマシ、と思うことにしました。

なあるほど、残しそうな葉作戦、いいですね!
うちは、なんだろう。可能性があるのはヤブガラシとクワかな。
小さい頃与えたけど食べなかったので以来あげてないんです。
さっそく実験してみます。

メロンが自分の意思で残してくれるなら、
飼い主の罪悪感がずいぶん軽くなると思います。

病院後、気分が重かったんですが、
思いがけず「おむつ2号レポート」が届き、すごく元気がでました。
ありがとうございます。
後日、アップさせていただきます。
水玉らるさんのかわいい姿、早く載せたいです。

わあ、ろろさんもヘビ苦手でしたか! お仲間です^^
あの会場で頑張りました、わたしたち(笑)

おおお、ろろさんは早くからネットが身近なものだったのですね。
点が線になる、うんうん、よくわかります。
そして二次元が三次元になって形になります。
「あ、生で動いてしゃべってる!」と思いました。

絶食、本当にやれるのか、
って、もちろんメロンのためなら何とかしなくてはいけないのですが、
メロンは水入れから水を飲むことがほとんどないので、
お水のかわりにレタスを少しだけあげてもいいかな・・・と考えていた
ところでした。これも水分野菜で調整、ですよね?

チェロさんの大きさなら、お散歩してると人が集まってきそうですね。
こうして、カメ飼いが世間様に認知されれば、
きっとわたしも大きな顔してカメ溺愛できるようになりますね。

はじめまして♪ ご訪問ありがとうございます。

なんとおなじ「いちこ」さんですね~
それにそれに・・・・先ほど貴ブログを覗かせていただきましたら、
うちのメロンの現在の体重(575g)ハナ子ちゃんとほとんど同じなのです!
これってきっと「赤い糸」でしょう^^
どうぞよろしくお願いいたします。

同じ悩みのヒガシヘルマン♀です。心痛です。
絶食は日曜日にしようと決めたものの、実はぐらぐら揺れています。

メロンもお迎えしたころは、食べる量にムラがありました。
それが快調に食べるようになって、わたしも喜んでしまったんです。
食っちゃ寝の♀、運動量も少ないので、食べた分だけ大きくなりました。
日光浴は嫌いです。日陰好きです(ああああ)。

病院で「成体になって成長が止まってから、甲羅が固くなるってことは
ありますか?」とうかがってみたところ
「そういうこともあり得ると思います。が、正直、よくわからないんです」
とおっしゃっていました。
亀もお得意な獣医さんです。この先生がわからない、とおっしゃるなら、
「これ」という特効薬はないのだろうと思いました。

これからの給餌方法はメロンの様子をみながら、わたしが決めます。
獣医の先生のアドバイスは最大限守りながら、でも、
メロンを毎日見ているのは自分だから、責任を持って判断しようと
思います。
一緒に頑張りましょう~!

 

zerokoさん・・・・・
ワニ好きだったんですね(爆)!

ヘビいっぱいでしたね。一番多かったんじゃ?と思うほどでした。
けっこう女性客が真剣に見ていて、びっくりでした。

ありがとうございます(照)~
うちの娘は「かぷちゃんママ、超かわいい」と言ってます。
(わたしも、初対面のzerokoさんにいきなり「まあ、かわいい」と
思わず言ってしまいましたが^^;)
たぶん、自分と同世代と思い込んでると思います(笑)。
中学生のお友達が必要な時はいつでもおっしゃってください、候補者がいます。

日曜日が憂鬱です。
本当にやれるのかな、わたし。

デコリーフはちょうど良い日よけになっています。
リビングのカメスペースに自然なグラデーションを作ってくれます。
すっぽり隠れる大きさだと、籠ってしまうので、かえってちょうど良いです。
ありがとうございました!


あは~~

素人なのであれが精いっぱいの作品です。
ぴーすけさんのご友人の本格的はイラストとは雲泥の差なので
お恥ずかしい限りです^^;

針持って嫁に行くので、お家を建てて下さい。
DIYで(笑)。

そうか、ぼつちゃんは里親さんとしてお迎えだったから
すでに大きくなっていたんですね。
カメは長寿ですから、全体的に見れはほ~んの少~し前半を見逃したって
くらいですよ^^

カメ愛を熱く語るんですね、立派です。
わたしも小出しに語っていきます^^


「恐怖感を与える」
「膝に乗らない」

ひいいいい~~

やはり、スケールが違います。ヒョウモンかっこいいです。
伊達に豹柄じゃないです。

今日、ユザワヤで豹柄の綿ニットを見つけ、これでおむつ作ったら
「なんちゃってヒョウモン、じつはヘルマン」にできるかしら、と
阿呆なことを考えてしまいました。

今日、えちんけさんからおむつレポの続編が届き、ばっちり「u-koさん情報」
と記された「吸水パット選択のポイント」が載っていました。
地中海♀の勢いシッコを、上手にキャッチする商品を見つけたそうです。
ああもう、さすがです、u-koさん。救世主とお呼びします。

偏食、小柄、でも甲羅はカチカチ、なんですか!?
カメって難しいですね。
メロンは♀なので、いつか産卵(無精卵にしても)するかもと思うと、
甲羅が薄いといわれるのはすごく不安なんです。
人間も、体内のカルシウムが不足すると骨から補うといいますから、
カメももしや同じなの?と考えると、やはり甲羅の強度は重要に思えるのです。

桑の木カルシウム、幸いメロンは「まったく」気にしないので
フリフリかけて食べてもらいます。

貴ブログの「とんぶり記事」で、あまりの恥ずかしさにコメントで触れられません
でしたが、拙ブログを読んでいてくだったとのこと、本当にありがとうございます。
こちらこそ、以前から拝読させていただいておりました。
登場人物(亀)の多さに、頭が混乱しつつ(恥)、野毛山動物園爬虫類館も顔負けの
リクガメパラダイスを口あんぐりで楽しませていただいてます(笑)。
お近くなのでしょうか。わたしはまだ飼育歴2年目、心配だらけなので心強い限りです。
イチコちゃん、がんばりましたどー

甲羅、これからなんとかしなければ!
頑張ります。だいじなメロンの健康のためです。
とても素敵な手作りジョアンバッグ 本当に有難うございました!
かぷちゃんのご縁でいただけたと思っています。

ヘルマンのメスは亜成体ぐらいから急成長します。 食べすぎと思うほど食べます。 食べて寝るだけの生活だから当然です。 成長の早さと甲羅の厚さが伴わない仔はいると思いますが、健康診断をしていないため、気がついていないのでは?と思います。

メロンちゃんは来月には600gぐらいになると思いますが、この時期のメスは、成長しない仔のほうが少し心配になります。 成長が遅い仔は、甲羅は硬いけれど、それはそれで心配です。 カルシウム添加、日光浴をさせていれば、自然に甲羅が厚く、硬くなると思うですが・・・(私は獣医師ではありません)。 成長が止まってからでも、甲羅は硬くなります。

絶食はメロンちゃんとイチコさん 双方にストレスがかかりませんか? もし私なら、主食(小松菜や青梗菜でしょうか?)の量を少なくして、水分補給のキュウリやレタス類(少し高いですが)を多くします。 もし体重が増えそうなら、主食を少量にすればよいと思います。 メスは食べることしか頭になく、生き甲斐なんです。給餌内容を見直したら、いかがでしょうか。

メロンちゃんはイチコさんのお仔です。 メロンちゃんの性格などを一番理解しているのはイチコさんです。 自分の飼育個体にとって最善の方法をしてあげてくださいね。 
丸二日間、悶々としていましたが、
ケイティママさんのコメントを見てふっきれました。
ありがとうございます。

わたしとメロンには、絶食日をつくる方法は合わないと思います。
先生のお話はよくわかりましたので、それを実現するように、
毎日の給餌量と内容を見直すことにします。

普段の主食は小松菜・青梗菜・かぶ葉なんですが、
この比率をうんと下げて、野草とレタスで量を稼ごうと思います。

おっしゃるとおり、メロンは食べることが生き甲斐みたいな子です。
今朝も早くから、餌場でスタンバイしていました。
どんなに待ってもご飯がもらえなかったら、
どれほど悲しい思いをするかと考えると、餌抜きの日を設けるのは
私たちにはふさわしくない気がしました。

もちろん、例えば胃腸を休ませなければならないとか、
どうしても絶食が必要なときには躊躇なくやりますが、
いまは成長速度を緩める目的なので、メロンがなるべくストレスを
感じないやり方を考えたいです。
そうです、メロンはわたしのコです。

とんぶりに行くことに決めて、日頃お世話になっているケイティママさんに
お礼がしたいと思い、何か差し入れをさせていただこうと思っていました。
なので、決して「ついで」ではありません~~

カメ画バックの案は、かぷちゃんのことがきっかけだったのは
間違いないのですが、
ジョアンちゃんはそれは魅力的な被写体なので、是非描いてみたいと
思いました。ビルマやヘルマンだと、候補者が多すぎて
誰をモデルにするか悩ましいですし(笑)。

zerokoさんとお揃いの形で作るつもりが、ジョアンちゃんが大きくて
、いちじくも大きくて、一回り大きなバックになりました(汗)。

今回のアドバイスもまさにそうですが、ケイティママさんがこれまで
リクガメ、とりわけヘルマンと向き合ってこられた年月の長さは、
獣医さんとは別の角度からの貴重な指針となって、わたくしに届いています。
獣医さんには診察料をお支払いできますが、ケイティママさんには
無料で飼育相談に乗っていただいてしまっています。

本当は、ジョアンちゃんバック一つでは不足で、
亀隊+ヨーキー+兎、全員分お届けしたい気持ちです(大迷惑)。





メロンちゃんの絶食の件ですけど、サニーレタスどうでしょうか?小松菜ほどの栄養価はありませんが、そこそこのバランスです。リンとカルシウムの割合が2:1程度なので、カルシウム剤(D3無し)を目分量で添加すれば、立派なヘルシー主食になります。通常のレタスの成分はサニーレタスの半分以下です。

我が家では今、主食はサニーレタス(D3無しカルシウム添加)+小松菜(少量)を実施してます。

実は、夏にキュウリ、トマト、パプリカ等を与え過すぎ(?)が原因と思われるのですが、特に〝オスの吾一〟が偏食になってしまい、今までの主食小松菜を全く食べなくなってしまいました。

困って、あれこれと野菜の栄養成分を調べて、そこそこの栄養価があるサニーレタス+カルシウム剤にたどり着きました。
水分が豊富なせいか、〝吾一×2〟もがっついて食べております。野菜だけでは食物繊維が不足気味になるので、たまに〝タンポポ〟等の野草を与えます。

この給餌内容がいいのか、悪いのかはわかりませんが、私個人としては立派に育つはずだと思っているのですが・・・・。

とりあえず、人柱・・じゃない〝カメ柱〟のつもりでしばらく続けてみます。
言い方が悪いかもしれませんが、
亀さんなどのイベントやパークなどって色々あるんですね(^_^)
知らない人は知らないままの様な印象を受けました…
ブタも探せばあるのでしょうか(笑)
ちなみに私はニョロニョロちゃんは好きですよ♪
目が可愛いと言うか…
爬虫類系は怪獣に近いイメージだからでしょうかねf^_^:

亀を飼っている方はたまにいますが、
連れて歩いたり、散歩させる姿まではあまり見ないですよねf^_^:
水槽などに入れておけばいいような感じがしてました(^_^)
でも多分私が飼ったら、かなり可愛がってしまいそうですが(笑)

うちの子も同じ病院に連れて行ってみようかな(^_^)
とんぶり楽しまれたようでよかったです(o´・∀・`o)ニコッ♪
にょろにょろさんも克服できたようで~~
そのうちいつの間にか飼い初めてしまうかも
いつかうちもお会いしたいです~~~

かめおむつ大活躍ですね~
カイロしょってなんてすごいいいアイディアです~
これで寒さ対策もばっちりですねヽ(´ー`)ノ

イチコさん~~~
大丈夫ですよ~周りにカミングアウトしちゃっても
思ったより変な人には見られないですよ~
カメなんか意外に普通です~~~
ちなみにうちんとことは職場でも「かめかめかめかめ」
言いまくっているのですが、意外にも
妹がケズメ!!!!を昔飼っていて(残念ながら養子に出したそうです)
カメって意外に凶暴!!!!なのは十分承知とか~(写真もらいました)
家でクラゲを飼っていて週末になるときれいな海水を汲みにいく
(日本海の海岸線は汚いそうです)とか~~
蝶がすきでお昼休みにやはりふらふらと雑草取りとか~
(ちなみにうちの部署で2番目にえらい人です)
そんな人がわんさか出てくるのでかすんじゃいますよ~
意外に言った方が気楽です
カメのよさを熱烈アピールして、ご近所さんにカメ飼いを
増やしましょう!!!!

メロンちゃんダイエットですか~
やっぱり急成長はよくないのですね~~ショボ――(´-ω-`)――ン
メロンちゃんがそれじゃあ、もっとメタボガメな
ぺいちゃんもやばそうです(´-∀-`;)
メロンちゃん食べるの大好きですもんね
どんどん大きくなってもらいたいけど
健康じゃなきゃ困るなかなか板ばさみだと思います
水分多くて栄養が少ないご飯に切り替えですね
早くダイエット解除になるといいですね
わぁぁ、、、メロンちゃん、絶食ですか、、、(汗)
我が家も病院にお泊まりさせたとき、ついでにおチビ&シバの健康チェックをしてもらいましたが、おチビたちの成長スピードで同じようなことを仰っていました(^_^;)
以前、食べ過ぎのナチの内臓を休ませるために絶食をさせたことがありましたが、お腹を空かせてエサを探しまわる姿に耐えられなくなり、それ以降は栄養価を抑え量も控え目にしています。
夏前からは、おチビたちのエサも調整中です。少し成長のペースも緩んできたかな~ってカンジです。
ある意味、贅沢な悩みなのかもしれませんが、、、(^_^;)
chiharuさん、
じつは絶食は一日も実行することなく断念しました^^;(早すぎる挫折)

メロンを見ていて、わたしには無理だと思いました。
給餌内容と量を見直すことで、週一の断食と同じ効果を出せるように
頑張ることにしました。

サニーレタス、お調べになったのですね。
参考にして取り入れさせていただきます。
この際、お値段のことは二の次にして(イタタタ)、
メロンに気付かれぬようにカロリーコントロールできるように
したいです。

ありがとうございました。
わたしも、カメ飼いになってはじめて
「こんなハチュ(カメ)世界があったのね」と驚きました。

ぶたちゃんについては、「家畜」カテゴリーならは
イベントとか大会とか、ありそうですが、
ペットのミニブタちゃんとなると、???でしょうか。
驚いたことに、爬虫類の祭典「とんぶり市」に行ったら、
ミニブタちゃんが売られていました!!(しかし何故に?)

貯金箱みたいなサイズの小さなぶたちゃんでした。
毛はあまり生えていなくて、つるつるしてるようでした。

アニキさんなら、間違いなくカメも溺愛しそうです(笑)。
お座りもお手も教えられそうな気さえします(大笑)。

田園調布動物病院なら、ぶたちゃんも「普通に」
診てもらえそうです。他に類を見ない、珍獣病院、らしいので^^
> そのうちいつの間にか飼い初めてしまうかも

・・・・・nezhaさん、それは恐ろしすぎます。

リビングでニョロニョロですか、たぶん、極度の緊張で
わたしは入院沙汰かもしれません^^;

新潟に転勤がなければ、きっとお会いできたのですね、
本当に残念です。
こっそり野毛山とか、ハチュカフェとか、
またそんな機会がありましたら是非お誘い下さい。
わたしもお会いしたいです。

しかし、
「クラゲ愛」「蝶愛」の前では「カメ愛」はかすみますね(驚!)
すごい職場です。
少なくとも、わたしの周囲にはクラゲのために海水を汲みに行く人はいません。
そう思うと、「リクガメかわいい~」は、「前田敦子かわいい~」と同じくらい
普通です。
わたしもこれからは、やや堂々とふるまってみます。

甲羅が薄いのは、「どうしてだか」ヘルマンが多い、と先生はつぶやいています。
半年前にも同じセリフを聞きました。
単純にヘルマン飼育人口が多いからそういうことになるのか、亜種の特性なのか、
わたしにもわかりません。
成長速度の爆発力でいったら、ケヅメなんて、どうなっちゃうの??とも思います。

甲羅の薄厚は、外観からはよくわからないので、
給餌内容を工夫しても効果が見えにくく、いつまでも不安を抱えたまま
飼育することになりますが、
レントゲンでくっきりと甲羅の白いラインが見える日がくるように
頑張ろうと思います。

riku-natiさんの素晴らしい飼育環境下でさえ、そうだったんですか(驚)。

断食は、ついぞ実行することなく取りやめにしました。
わたしにも、メロンにもストレスがかかりすぎると思いました。
別の方法で、栄養価をコントロールしてみます。


良く食べるコをしっかりした甲羅強度を保ちながら成長させるのって
難しいのですね。
メロンは動かないし、太陽も嫌いだったからなあ・・・・

ただ、ここのところ、真夏の攻撃的な太陽光線とは違って、
秋の柔らかい陽射しが入ってくると、メロンはそこそこ陽に当たって
くれるようになっています。
それでも、やはり、ものの10分程度で、すぐに日陰に移動したがって
しまいますが^^;

おっしゃる通り、急に大きくなりすぎる悩みだなんて、
きっと贅沢な悩み、なのですね。
この記事へコメントする















イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。