≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -
 カメ品の記事一覧 

 明日はとんぶり市 

諸般のご縁がございまして、
わたくし、とんぶり市に出品させていただくことになっています。

本来ならば、時間をかけてじっくり準備すべきところ、
自分的には、急にスイッチを入れた感じなので
いろいろ不安はありますが、会場にお越しになる方がいらっしゃいましたら、
ぜひお立ち寄りくださいませ。

なんともいえずフワフワした感じ、
ハンドメイド系のイベント出店ではあまり覚えがないのですが、
とんぶり市は爬虫類のお祭りなので、特別な緊張感があります。

それはたぶん、メロンのことを知って下さる方にお会いできるからで、
メロンの具合が悪くなってからずっとブログのコメント欄も閉じて、いわば
甲羅に引っこんだカメ状態な自分が、そろりそろりと首を出す気分です。

って、カメになったことがないので憶測ですが。

しかも、

そろりそろりの割に、おそらく激しく祭典な外界(笑)。


カメ飼いじゃなくなった人が作るカメグッズってどうなの?という
根本的な問題はこのさい置いておいて、
元気よくやりたいなと思いますので、よろしくお願いたします!


出品予定リスト


帆布トートバッグ
USAコットン×デニムのショルダーバッグ
バネ口超ミニトート
ポーチ
キーホルダー
クッションカバー
ロープバッグ
きんちゃく
ラミネートバッグ

かめスリング
かめおむつ
かめハーネス

ちょと画像を
クッションカバー
ショルダーバッグ
トートバッグ

オールハンドメイドなので、原則、すべて1点モノです。
外観が似ていても、内布や構造が違っていたりしますので、
どうぞお手に取ってチェックなさってくださいね。


かめおむつ・かめハーネスは
オーダーメイドのご相談を承ります。


作品の詳細など、ちょろちょろつぶやきはじめました。
























 再始動 

メロンの四十九日が過ぎました。

わたくし、いつまでもしょんぼりしていても仕方がないので
ミシンを踏み出しました。



今月からちょっとやる気を出して店頭販売の機会を設けることに。

直近でいいますと、

9月8日(月)、9日(火)、11日(木)、12日(金)、13日(土)の5日間、
JR武蔵新城駅が最寄りのレンタルスペース「わとわ」さんで
出品いたします。
10時~18時(13日のみ17時30分まで)

って。直近どころか、すでに始まってたりします。

ものすごく近所だ、
ものすごく暇だ、
ちょっと見てみよう、な方が
いらっしゃいましたら、是非お立ち寄りくださいませ。

はだかんぼうのメロンに
tagu_20140909190711133.gif
マフラーと帽子を着せて冬仕様なタグも新登場。
RsAD0LZ7Nk4H7LT1410079029_1410079054.gif

初日(8日)撮影の店内を一部ご紹介させていただきます。
IMG_20140908_133707.jpg
プリザーブドフラワーとアクセサリーもあります。
こちらは共同出店者さんの作品です。
IMG_20140908_120534.jpg
IMG_20140908_120505.jpg

ちなみにこの場所へのルートですが、

武蔵新城駅改札口を右手に出ると
IMG_20140908_125027.jpg

亀屋万年同とかマックが見えます。本能的に亀屋万年同に足が向きますが、
こらえてマックの右、内科と茶色いビルの間の細い通りをまっすぐ進みます。
IMG_20140908_125104.jpg
工事現場とス―パーマーケットを通り過ぎ、さらに進むと右手に公園が見えます。
IMG_20140908_
細長い公園の端まで行くと、正面に幼稚園が見える交差点に出ます。
IMG_20140908_120630.jpg
この角を左に曲がって2件目です。
ワンショルダーのバッグがひらひらしています。
IMG_20140908_133800 (1)

この場所はカメ中毒症の方が来店する確率が非常に低いので
置いている商品のカメ濃度も低めです。
(おむつ・ハーネスはご相談を承りますが、既製品の販売はございません)


なお、今後の予定は

10月3日(金) 14時~19時      横浜赤レンガ倉庫1号館
10月4日(土) 10時~18時30分  横浜赤レンガ倉庫1号館
          手作り・雑貨&クラフトフェア

11月3日(月・祝) 11時~ 大田区産業センターPIO
            とんぶり市

11月16日(日) 11時~18時 横浜赤レンガ倉庫 1号館 
           craft zoo~手作りいきもの雑貨の仲間たち

11月27日~29日 武蔵新城「わとわ」

11月30日(日) カメdeShow!

12月11日(木)12日(金)14日(日) 横浜赤レンガ倉庫

となっております。

11月3日のとんぶり市、11月16日の赤レンガ、11月30日のKDSはカメ濃度高め、
その他は低め、となる見込みです。
どうぞよろしくお願いいたします





 新作スリングキャリー(カメバージョン) 

数か月前、「カメ抱っこ用のスリングを作れませんか」との
お問い合わせをいただきました。

スリングというと、子育て経験のある方はピンとくるかもしれないのですが、

surinngu.jpg

↑こんなやつです。

肩からぶらさげるカンガルー袋みたいな抱っこひもです。

ちなみにペット用もあって、

スリング ペット

お犬さまやおネコさまがちんまり収まっています。

つまり、これのリクガメバージョンですね。

ご依頼の趣旨をうかがうと、

「お腹のあたりで抱っこした状態でカメの顔がみられて
日に当てられて、できればいざ災害時にも使えたら・・・」
とのことでした。


ふむふむ、なるほど。

ちゃんとした速度で歩ける犬猫でさえ抱っこしてもらえるんだから、
頑張っても進めないカメならなおさら必要じゃないの。


やりましょう。(←悪いクセ)


というわけで、
ちょっとお時間かかってしまいましたけど、出来上がった
スリングキャリーカメバージョンがこちら。

スリング1

異常に薄っぺらい赤ん坊を抱いているように見えますが、
もちろん違います。
犬猫のように、立ち上がってバックから顔を出す、という技は望めないし、
袋が深いと、カメが沈み込んで様子が見えないばかりか、
中で転がってしまいそうなので(心配のレベルが・・・・)、浅く作っています。

スリング3


さらに、落下防止にはボタン程度では不安なのでファスナーで閉じられるように
しました。落とすと割れますからね(心配のレベルが・・・再)。


スリング2

開ければカメ。

2014.5.24画像追加
IMG_20140524_162138 (1)


内布には、厚めのビニールコーティング生地を使用して、
爪でがりがりやられても破れにくくしています。
過去に作った薄手のビニール地のバッグは、メロンに内側から穴を開けられましたので、
その経験を活かし(涙)、素材を選びました。

そのため、ちょっと重くてごわっとした感じにはなりましたが、
機能性>ファッション性 と割り切っています。


DSC_3010.jpg


内布にはファスナー開閉口をつけました。
寒い季節には、ここから断熱シートやカイロを入れて運べます。
コロンとした形状のスリングキャリーですから、カメをより安定させたいなら、
適当な大きさの底板を入れてもいいと思います。


万一、真冬に避難することになったら、
このスリングの上からコートを着込み、体温で保温しながら移動することを
イメージしました。ここに抱っこしたまま寝ることもできそうです。
肩掛けは人間の両手が空くので手提げタイプより便利ですね。


かめおむつとかめハーネスは、自分が必要性を感じて作り始めましたけど、

かめブルマー
かめ抱っこひも

は、他の飼い主さんに背中を押してもらって形になりました。


市販されていないものを創るのって、すごくわくわくします。

「こんなのできませんか?」な無茶振り、控え目にお待ちしてます。
(あ、もちろん、できないときは「無理です~~」とはっきり宣言いたします^^;)



最後にメロンの近況を。



かなりはっきりした黄緑色の尿酸が出ていたし、
IMG_20140512_065958.jpg
気だるそうな様子が続いて心配だったのですが、
IMG_20140515_141550_convert_20140522131754.jpg
3週間の便秘が解消してからは、尿酸の色も白色に近くなってきて、
食べる量も明らかに増えました。

一生懸命食べるメロン。
IMG_20140515_071322_convert_20140522131808.jpg
洗面器に顔突っ込んでゲロッってるように見えますが^^;

もっと前足をうまく使えばいいのに。

相変わらず、寝てばかりですけど、
健康状態は良さそうです。お目目もきらきらしてます。
産卵の気配もないので、卵胞は退縮したのかなあ。そうだといいなあ。
















 突然ですが 

ネットショップ「MELON MELON」の新規商品登録が
滞りまくっておりましたが、

やっとこさ、追加できる運びとなりました。

で、

それに先立ちまして、

初の対面販売をさせていただきますっ。


といいましても、

なんと「明日」8月9日(金)10時~17時30分

という切羽詰りすぎの告知でございますので、

基本、スルーしてくださいませ。


ものづくりが趣味の同志5名で、一日限りの販売会をするという企画です。


一部、出品する作品を載せますが、
このほかに、小さめのバックやポーチ類を出します。
(カメ柄以外のものも含まれます)

わたくし以外のメンバーは、バック・小物・アクセサリー・フラ用スカート、
ブリザーブドフワラー など出品します。


猛暑&南武線武蔵新城駅から徒歩5分という微妙な立地条件なので
売上げは正直「まったく期待してません」あはははは。


おそらく、ほとんど売れ残って、そのまんまネット販売に回すことになりそうですが、

「万が一」、家が近いとか、暇すぎて死にそうだ、とかいう方がいらっしゃいましたら、
覗きにいらしてくださいね。


開催場所へのアクセスはこちらでご確認くださいませ。

※今回会場を提供してくださるのは「サポートひろがり」。
 通常は、障害があるなど支援を必要とする方々が手作りした小物などを販売している場所です。
 この貸しスペースは、地域住民と福祉との接点の場として機能しています。








JJEdmDSLcjEcfF21375947328_1375947337.jpg
tYY0AD5tE2COwmb1375947237_1375947249.jpg
XOJHK9wbPDzlJpR1375947359_1375947367.jpg
uS_SxRMuSrLLrHM1375947416_1375947423.jpg
7rgK40xQzNP7vNt1375947389_1375947397.jpg

上の4つがカメ柄です。画像ありませんが、もうひとつ、大きいカメ柄バックあります。


<2013.8.13追記しました>

ネットショップ「MELON MELON」で販売開始します








 調子に乗ってちょっと出品 

暑すぎて頭がクルクルパーになりそうな今日この頃です。

申し訳ございません、石投げられるの覚悟でちょっと宣伝です。

いままでちょろちょうろと作りためていたカメ品を
ハンドメイドマーケット「 creaco(クリエーコ)」に出品しました。

(サイト内ショップ名「めろんメロン」、クリエーター名 「イチコ」です)


このサイト、現在はユザワヤフレンドクラブ
の会員登録(無料です)をしてからでないと利用できないのですが、

来月下旬にリニューアルオープンして、ユザワヤフレンドクラブ会員以外の方も利用できる
ようになる予定です。
(9月13日からリニューアル準備のため、一定期間利用できなくなるそうです、ご注意ください)

で、

とりあえず

こんなものを


CSC_2500_convert_20120819153256.jpg
かめハーネス かめおむつ とか
(おむつ900円、ハーネス1000円~ :送料無料)

CSC_2504_convert_20120819153200.jpgCSC_2506_convert_20120819153323.jpg
低い画力のカメ刺繍バック とか
(2500円:送料無料)←石投げるとこです

CSC_2502_convert_20120819153944.jpg
さらに低い画力のちいさいポーチ(500円:送料無料) とか

CSC_2508_convert_20120819154308.jpg
頑張って描いたカメバック(1500円~:送料無料) とか

いまのところ
約20点を出品しています。


やってみてわかったことは
「値段設定ってむずかしい!」


よくわからないので
適当に価格設定してみたのですが
「こんな値段で買えるか、ボケ!」と
世間様から石投げられた場合は、あっという間にセール価格になるかも
しれないし、(そして閉店)

売れすぎて
「働けど働けど・・・・・じっと手を見る」みたいになったら
こそっと値上げするかもしれないし、


今後の展開はまったく未定です(きっぱり)。

カメ飼いらしく
ゆるゆるやります(弱気)。よろしくお願い申し上げます。



かめおむつ製作にあたり
おむつプレゼントにご応募いただいたモニターのみなさま、


かめハーネス製作にあたり
ご試着いただいた妙善ちゃん、らるさん(=専属モデル)、


どうもありがとうございました!



なお


おむつ、ハーネスともご希望のサイズの商品がない場合には
お気軽にお問い合わせくださいませ。
オーダーメイドも承ります^^










 GO GO SUMMER! 

梅雨入り宣言のニュースを聞いたばかりなのに、
なぜか晴天(しかも暑っ)。

ムシムシと重たい空気が肌にまとわりつく感じで、
人間にはちょっと不快な気候のなか、
メロンはそれでも元気にしています。

地中海系のカメって、本に書いてある「標準湿度」より
高くていいのかも。とやっぱり思う今日この頃です。

朝ごはんをもらったばかりというのに
「まだ もっといいものが 隠してあるに違いない」
と根拠なく思い込んでいるらしいメロンは、

いつまでも うろうろと冷蔵庫にまとわりついておりました。
DSC_2422_edited_convert_20120610174421.jpg
DSC_2421_edited_convert_20120610174342.jpgDSC_2420_edited_convert_20120610174259.jpg

気分はもう夏のようです。

GO GO SUMMER.
 oh oh oh ギリギリまでnever give up~♪ 

とギリギリまで粘っていましたが、

とうとう「いいがけんにせんかい」と
飼い主に撤収されていきました。


世間では、先月までは冬服から夏服への移行期間でしたが、
今月はもうすっかり夏の装い。
娘の制服も半そでになりました。

とすると、
メロンだって。ねえ。


というわけでメロンの夏服(という名のおむつ)をこしらえてあげました。

DSC_2427_edited_convert_20120610174543.jpg
マリンリゾート風。

泳げないリクガメになぜマリン??
とかいう突っ込みは聞こえないことにして。

だって
おそろいにしたかったんですもの、わたくしのBAGと。

DSC_2428_edited_convert_20120610174631.jpg

だから、なんでBAGとお揃いにする必要があるのか???

という突っ込みも聞こえないことにして。


もうひとつ、
夏アイテムを作りました。

DSC_2431_edited_convert_20120610181031.jpg
ビニールコーティングの生地にカメのワッペン。
さて、これは??


DSC_2433_edited_convert_20120610181101.jpg
ちょっと大きめのプールバック~

としてももちろん使えるのですが、


本来の用途はこちら。
DSC_2429_edited_convert_20120610174712.jpg
カメキャリーバックです。
半透明の天井から陽射しを感じていただこう的な作品です。
これで一緒にビーチに繰り出すのよ。


なわけはなく、


ひっひっひ。
これで病院に行くのよ、メロン。


梅雨だからね、これなら雨にぬれても大丈夫。
そろそろ健診にいかなくちゃ。



 かめハーネス&ヒョウモン集会潜入レポ 

ちまちまとかめおむつを生産していたら、
「ところで『かめハーネス』はどうでしょう?」とご相談をいただきました。

ご依頼主は
体重8Kgのヒョウモン妙善ちゃん(飼い主:ことらさま)♪
妙善ちゃんが大きくなって、
大型犬用のハーネスでは間に合わなくなってしまったとのことなのです(驚)。

わたくし、「おむつのイチコさん」ではちょっと残念なイメージなので、
これを機に「ハーネスのイチコさん」に脱皮しようとの思惑で、
ほいほいとお引き受けしたのでした。

ところが、いただいた採寸結果を見て唖然。
「・・・これ・・・ウエスト約80cmになるんじゃ??」

いままで作った実績は、ちっこいヘルマン(ウエスト32cm)用のみ。

この巨体を支えるには、ハーネスの形状もメロンのものと同じというわけには
いきません。

甲羅がこんもり山形に盛り上がっているヒョウモン、
安定させるにはこの山頂を避けるようにバンドを留めた方がいいかも。

やりましょう!!!


で、


まずは妙善マネキン作りから。

厚紙と新聞紙で張り子を作って



ビニールでコーティング。サイズはいいかな?
myouzenn2.jpg


このコをモデルにバンドの寸法を決めて

はい、こんな感じ。
赤いバンドにいちご模様のチロリアンテープがアクセントでございます。
ハーネス1

2か所のDカンにV字の革ひもを取り付けます。
こんなんでどうかしら。
ハーネス2

妙善ちゃんの大きさをわかりやすくするために
我が家のマネキンに集合をかけました。(一部、ナマ亀あり)
myozenn3.jpg
左から、妙善ちゃん8000g、らるさん1300g、メロン(ナマ)800g、
メロン(マネキン)550g

一番左はしだけ極端に大きいわ。
グラデーションになってないし~^^;

さあ、妙善ちゃん待っててね。
送るからね~

と、発送したところ



飼い主のことらさまから思いがけないお誘いが。


「ヒョウモン6匹の集まりがあるのですが、イチコさんもいかがですか?」


ええええええええええ???????


お話によると、集合場所はウチからわりと近いらしいのです。


大型種の集いに800gのヘルマン飼いなど場違いじゃないのか、
ここは遠慮するのが普通でしょ、と自分に突っ込みつつ、


思わず「行きます」(゜o゜)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで

ここからは
「お座敷かめといっしょ」のu-koさまのお宅でのロケ。

素晴らしいヒョウモンワールドをご覧くださいませ!


u-koさまのお宅でご一緒させていただいたのは
ことらさまケヅメの陸雄さま、 ma-meiさま ♪

有名ブロガーの面々に「おおおおおお」と
ひっそりテンションが上がります。

はじめに、美しいインドホシのめろんマンちゃんを鑑賞、抱っこさせていただきました。
まあるくて、かわいい(人相悪くないですよ~)めろんマンちゃん。
膝に乗せてなでなでしていたら

ん?

なんか・・・水?

「きゃーごめんなさーい」とティッシュを持って走ってくるu-koさん。
なんと、おむつのイチコとしたことが、こういうときに「かめおむつ」を
披露できなくてどーするの、と大笑い。

いやいや、こんなこともあろうかと、しっかりジーンズで来てますから。
全くの想定内ですよ(ほんとか?)。


めろんマンちゃんをお部屋にかえして、いよいよヒョウモンズの行動観察。


これねー
一言で表現するなら

「優雅」


優雅なんですね、ヒョウモン。
甲羅の形状も色彩も
立ち姿、歩くときの四肢の運び、ちょっと首をかしげる仕草、
どれをとっても優雅で美しい。


わたしはリクガメの前足が好きなのでそこに注目してしまうのですが
ヘルマンを「しゃもじ」とするなら、ヒョウモンは「すりこぎ」。
この円柱状の足ですっくと立って歩く様子、ずーっとずーっと
眺めていたい、と思ってしまいます。



そんな優雅なヒョウモンも、おむつ組は笑ってしまうほどのかわいさ。

一列行進。
in.jpg

インドホシを先頭にS字カーブ。
in-2.jpg


6頭の豹柄軍団(+隠れてますがインドホシ)。
大阪のバーゲン会場ってこんな感じでしょうか(笑)?
カメラ目線率67%、脅威の一体感。
syuugou.jpg

退場もちゃんと一列。訓練したかのようです。
out.jpg


あああああああ
素敵すぎる、素敵過ぎるわ大型種。
カメにうっとりさせていただいたうえ、

陸雄くんの20thアニバーサリーステッカーをいただくやら
ma-meiさんの「あかちゃんホンポ」読者モデル的バギー姿を堪能するやら
ことらさんの「売り物ですか?」的結束タンポポ他、カメ餌たくさんいただくやら
u-koさんの(カメの)ライフリーMぱんつ貸していただくやら

ひゃっほいとうかれて遊んでばかりいたので



肝心なことを忘れてしまいました。


「妙善ちゃんのハーネス装着写真を撮り忘れました(涙)。」


フィッティング業者としてうかがったのになんたる不手際。

でもちゃんと、ことらさんがカメラに収めて下さっていました(ほっ)。
見てみたい、と思って下さるかたは こちら」 


大型種飼いのみなさま、本当にありがとうございました!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後になりましたがメロンです。


ベランダに出しました。


そうそう、あたまの良くなる花だからね、よーく見て、齧っていいのよ。
berannda1.jpg

日向嫌いのメロンなので、ご飯で誘導。
はあ~~~今年もこうなのね。
berannda2.jpg


 カメのきた道 

カメを迎えるにあたり、購入した飼育本はこの3冊。

ザ・リクガメ―飼育のすべてがわかる本 (アクアリウム・シリーズ)
ザ・リクガメ
カラー写真が豊富で、76ページにわたって様々なリクガメが紹介されています。

興味深いデータも載っていて、「産卵パラメーター」では1シーズンの産卵回数、
1回の産卵数、卵のサイズ、孵化日数、産卵時期が書かれているのですが、
「ケヅメの1回の産卵数→20個以上」にひえ~と驚いていたら さらに上がいて、
「エミスムツアシガメ→23~51個」となっていました。しかも卵のサイズは
31~37×27~37mmで、他のリクガメと比べて特別小さくもないようです。
いったいどうやってそんなにドッサリ産むんでしょう??

それから「飼育下での生存記録」。
カメは長生きすると聞いていたし、だからこそ娘には「お嫁に行くとき連れて行く」と
約束させていました。とはいえ、いったいどの程度生きるのかしら?と思って
いたところ、
ヘルマン→31年、 ケヅメ→54年、 アルダ→63年 と書いてあって、
あら、大型種はやはり寿命も長いのね~とすっかり他人事状態でながめていましたら、
「ん?ギリシャ→127年」!?!?
ってことは、一代で20~30年飼育するとして、
自分→子→孫→ひ孫→玄孫 5代がかりのカメリレー。
こ、これはかなりの覚悟が必要です。
生存記録とともに「平均寿命」も併記してほしいところです^^;
 

リクガメの飼い方 (アクアライフの本)
リクガメの飼い方
「リクガメを飼ったら動物病院へ行こう」のページはマンガで描かれています。
カメを連れて病院にいくなど、もちろん経験もなかったし、経験するとも思っていなかった
のですが、これを読むと動物病院に感じていた敷居の高さがぐっと低くなりました。

「リクガメの繁殖」についても書かれているのですが、
いまわたしが知りたいのは、もっと前段階の「お婿さんの選び方」なので
まだ活用するに至りません。
メスにしつこく迫って、かみついたりするDV男は嫌だし、かといって
完全に草食系男子でも困るわけで、どうやってお相手を選んだらいいのかと
思うのです。これはもう運に任せるほかないのかしら、などなど。
まだまだ先のことなので、ゆっくり考えようと思います。
そのうち、新たなカメ本が出てくるかもしれませんし。


幸せなリクガメの育て方
幸せなリクガメの育て方
メロンがお世話になっている田園調布動物病院の田向先生が監修なさった本です。

「はじめに」として書かれた文章のなかで、わたしが大好きなのは

『いったん、リクガメを家族として迎えたら、右眼は科学者の眼を、
左眼は聖母の優しき眼をもって接して下さい』

とう言葉です。

先生の思いが、この言葉に凝縮されている気がして、思わず背筋がピンと伸びました。
具体的にどうというと難しいのですが、メロンのお世話をするときにいつも心がけています。




カメ飼育本とあわせて、カメ歴史本も読んでみました。

亀の古代学
亀の古代学
やよ
これは、2000年3月に開催された「亀の古代学」シンポジウムの記録に加筆・修正したもので、
奈良県明日香村、亀形石造物の話題を中心に、東南アジアの亀について、さまざまな分野の
研究者たちが論じています。

水棲カメあるいはスッポンの話題なのでリクガメに直結するものではないのですが、
古代から人間が亀という生き物に魅せられてきた様子が、出土品のなかに見られる
という点で、興味深い内容です。
宗教と亀、亀卜、など話題は広範囲に及びます。
研究者のシンポジウムなので専門用語だらけで難解ではありますが、
銅鐸に描かれた図像をはじめ、写真(白黒)や挿絵をながめているだけでも、
タイムスリップしたような気分になれます。


カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)
カメのきた道
最大のリクガメ
これはすごいんです。
何がすごいって、まずいきなりカラー絵のアノマロケリス復元図、
ジャングルを闊歩してます。
甲羅に頭がひっこめられなかったので、保護するための角がついてます。
それから、全長4メートル、体重2tの海亀アルケロン復元図。
なんともロマンチックです。

甲羅の進化の歴史を追うこの本、骨格復元図が多用されていることからもわかるのですが、
かなりマニアックな内容です。

それでも、3~1万年前までは沖縄本島にオオヤマリクガメが棲息していたとか、
まったく遊泳能力のない巨大ゾウガメが、数千kmも海をぷかぷか浮きながら
ガラパゴスに漂着したとか、
へえええ、と感心しながら読み進めることができます。

現在は見ることのできないリクガメたちの、化石をもとに描かれた復元図の数々は、
人間など足元にも及ばぬ長い歴史を持つ、カメの力強い生命力を
感じさせてくれます。

わたしは、ペットとしてのメロンが可愛くて仕方ありませんが、
なぜ自分がこんなにもカメに惹かれてしまったのかといえば、
この「カメのきた道」を手にしたことが大いに影響しているのです。

メロンの小さな体のなかには、2億年以上脈々と受け継がれてきたDNAが
あるのだと思うと、ただの愛玩動物ではなく、ある種の敬意みたいな、
そんな気持ちをもって接してしまう「おカメ様」に見えてきました。

じゃあ、同じ理由で昆虫や魚も「虫様」「魚様」に見えるのかというと
そこは違うのですが、それはたぶん「目が合わない」からなのです。
もし昆虫ががメロンのように、なにかを伝えたそうにわたしをじいーっと
見つめてくれたら、やっぱりのめり込んでしまうのかも知れません。


このブログにリンク貼らせていただいている「歴史とカメに関する日記」の
歴史カメ部長さんが紹介してくださっていた絵本がこちら。

かめだらけおうこく (こどもプレス)
かめだらけおうこく
ほんとにカメだらけ(笑)。
楽しい~楽しい~♪


 爪切りを買いに 

リクガメを飼い始めて9カ月。他のカメ飼いさんのブログや、
このブログに寄せていただいた、先輩飼育者方々の経験談などを
参考に、試行錯誤しながら初めての冬を迎えています。

加湿器を使っている方を真似してしめる君導入⇒いい感じで保湿。

夜間はケージを布で覆うという方を真似して、昼夜逆転生活を修復。
寒さ対策にもなり一石二鳥。

そして、転倒予防さらに転倒後自力で起きられるように、
餌皿やシェルターを撤去している方を真似して、
餌皿を薄焼レンガに変更、床材を増厚して、
飼い主外出時にはシェルターも撤去することにしました。

あとは、メロンが自分で起き上がる姿が見られたら、
もっと安心できるのですが。
矛盾するけれど、ちょっとだけ転んでみて^^;と思ってしまいます。

こうしておたおたと、環境を整えることに気を取られていたあいだに、
おっと、メロンの爪がまた伸びてきてしまいました。

「人間用の爪切りでは爪が割れたりびびが入るので、
小動物用のものを使うのが良い」ということを、どこかで読んだ
記憶がよみがえり、早速買いに行きました。

向かった先は、ペットショップ「ペットエコ」。
メロンと出会った場所です。

2000㎡の店舗面積、爬虫類・兎などの小動物館、犬猫館、お魚館、に
分かれている、とても大きなお店です。

ウチからは少し遠いのですが、数回通ってみたところ、
爬虫類担当のみなさんがとても楽しそうにカメのお世話をしていて、
また、何を質問しても丁寧に教えてくださったのが好印象で、
ここで買うことに決めたのでした。

飼育用品はネット通販で調達できるにもかかわらず、
わたしがこの店舗までわざわざ足を運ぶ理由は、
アルダブラゾウガメのチャーリーくんに会いたいからなのでした。

チャーリー① チャーリー②

チャーリー③ チャーリー④

お店のすみっこでお昼寝していることもありますが、
この日は、店内をパトロールしていました。

長い首をつかって、商品陳列状態をチェック。
おやつにりんごとにんじんをもらっていました。

体重30㎏、まだまだ大きくなるのでしょう。
趣味は「暴飲暴食」なんだそうですが(!)、
お食事の仕方はとても上品でした。
顎をなでると、ぐ~っと首を伸ばして気持ちよさそうな
お顔をしてくれます。

そして、やっぱり気になるお犬様コーナー。

犬用コスメ ←お犬様のコスメがずらり。

お買い物もできたし、さあメロン、爪を切りましょうね。
爪切り
暴れるメロン。

ペットエコの様子は、爬虫類ブログ「たけし君倶楽部」で紹介されています♪

たけしくん たけしくん顔

たけしくんが怪我治療のため休養していたあいだは、
チャーリーくんがホスト役をお勤めしていました(立派)。









 






 カメ用「あったかパンツ」@Xmas 

街はXmasモードです。

人間はもちろん浮かれまくっていますが、
お祭り気分はペットにも波及しているようです。
お犬様用品@Xmasの豊富さには度肝を抜かれます。

ペットショップで見かけた、山積みのブーツは、
お犬様のお菓子&おもちゃでした。

メロンが来るまで、ペットとは無縁の暮らしだったので、
昨今のペット(とりわけお犬様)事情には、ただただ驚くばかりです。

先日も、近所のお犬様ショップに貼ってあった、、
「12月生まれの子 お誕生日会」のポスターを見て
軽いめまいを発症しました。

会費1000円(招待したお友達(もちろん犬)は参加費500円)で、
パティシエ特製のケーキを食べ、ゲームをし、プレゼントをもらう
いう内容でした。


犬クリスマス用品 お犬さま
(お犬様用Xmasグッズ&たまたま通りかかった素敵なお犬様)


お犬様に恨みはありませんが、
危険なことに、めらめらと闘争心に火がついてしまいました。

さあメロン、Xmasのイチゴですよ。
クリスマスの朝

それから、ママからプレゼント。
手製のあったかパンツですよ。しかも高級ブランド風。
メロンのパンツ
(微妙に犯罪のにおい)

古いモコモコ靴下で作ったパンツです。
暖かいので、お部屋散歩にいいんじゃないの、と思ったのですが、

メロンには大迷惑だったようで、
ものすごい勢いで足を振り回して抵抗し、
すんなり着せることができません。


お誕生日のまめぐいは、縫製もせずに包んだだけだったので、
足も出せずに不自由だったのですが、

これはちゃんとパンツ型に作ったので
足さばきもよく、気にいってもらえる予定だったのですが・・・。

二度と着たくないそうです。

またも撃沈。










イチコ

Author:イチコ
リクガメを育てています。
初代「メロン」亡き後にやってきた「ユキオ」。
亀もドキドキ、人間もドキドキ。

かめおむつ・かめハーネスは
実用新案登録商品です

おむつ・ハーネスはオーダーメイドで
承っております。
お申込み方法は2012.4.5の記事を
ご覧ください
2013.5.14の記事
「おむつとハーネスについてのお知らせ」も あわせてお読み下さいませ
♪メロン♀2009年10月生(推定)
        甲長㎜  体重g
2010年05月  60   47
2010年06月  62   51
2010年07月  64   57
2010年08月  69   68
2010年09月  74   84
2010年10月  80   99 1歳
2010年11月  83  124
2010年12月  87  146
2011年01月  89  164
2011年02月  98  201
2011年03月 102  233
2011年04月 109  267
2011年05月 115  313
2011年06月 119  350
2011年07月 124  397
2011年08月 130  459
2011年09月 137  500
2011年10月 140  533 2歳
2011年11月 142  581
2011年12月 146  620
2012年01月 150  677
2012年02月 152  723
2012年03月 152  763
2012年04月 155  798
2012年05月 157  851
2012年06月 157  830
2012年07年 159  893
2012年08月 163  948
2012年09月 163  965
2012年10月 170  934 3歳
2012年11月 170  993
2012年12月 170 1034
2013年01月 170 1043
2013年02月 170 1031
2013年03月 173 1039
2013年04月 175 1020
2013年05月 175 1051 初産卵
2013年06月 175 1060
2013年07月 176 1057
2013年08月 176 1009
2013年09月 176 1060
2013年10月 176 1060 4歳
2013年11月 176 1074
2013年12月 176 1083
2014年01月 176 1083
2014年02月 176 1085
2014年03月 176 1079
2014年04月 176 1039
2014年05月 176 1011
2014年06月 176  950
2014年07月 176 1015 享年4年9か月

♪ユキオ♂ 2013年8月生(推定)
ドイツCB 2013年12月輸入 岡山で育つ
2014年02月  60   50 
2014年03月  68   73 
2014年04月  80  110 
2014年05月  85  130
2014年06月      163
2014年07月  96  200
2014年08月      222 1歳
2014年09月 105  260
2014年10月 111  298
2014年11月      335
2014年12月 124  391
2015年01月      414

2015年02月 140  436 養子に迎える
2015年03月 140  457
2015年04月 140  522
2015年05月 141  550
2015年06月 141  580
2015年07月 143  600
2015年08月 145  630 2歳
2015年09月 148  665
2015年10月 150  680
2015年11月 151  710
2015年12月 153  755
2016年01月 155  770
2016年02月 156  804
2016年03月 157  820
2016年05月 157  832
2016年07月 157  820
2016年08年 160  875 3歳
2016年11月 163  874
2017年04月 170  910